狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

新着情報 アフターメンテ

  1. トップ
  2. 新着情報
2012年09月02日

×アフターメンテm(_ _)m61× 畳に・・・・・穴?  犯人はポンタ!

昨年の6月完成のEさん宅。
リビングの横に、畳6帖の通し間のある、広々リビングなのですが・・・・

畳の写真が写メで届きました@o@;/

この畳、ヘリ無し半畳で琉球風に仕上げた高い畳だっつーに(><)

犯人は?

愛犬ポンタ! キツイお仕置きされたみたいです。

来週修理します。完全に取り替えになるか?
芯材を補修して張り替えるだけで済むか?
写メを畳屋さんに転送したところです!

2012年08月13日

×アフターメンテm(_ _)m60× ココを踏むと、キュッ!キュ!と鳴る

リビングの床鳴りの修理です。
このリビングには一部畳コーナーを作ってありますが、
その畳の手前のところを踏むと音が出てしまいます。

原因は下の構造用合板とフローリングに隙間が出来ているのか?
畳寄せと合板が競っているのか?調査。

床を剥がして撤去するのは大掛かり過ぎるので
とりあえず今日は床鳴り止め専用の接着剤を使います。

フローリングの目地にドリルで小さな穴を空けて、
そこに注射針を差し込み 液体ボンドを注入します。
入れながら近くを踏み、競っている部分に満遍なく流れ込むように
馴染ませながらたっぷりと!!

これで音は出なくなりましたが 2、3日様子をみて下さい。
接着剤が乾燥して固まっても鳴らなくなれば成功です♪

2012年01月28日

×アフターメンテm(_ _)m59× ブロックが、小さ~~~~い!!

エアコンの室外機。
通常は、専用のプラスチック製の脚を敷くだけでOKなのですが
下に雑排水の升があるため、開けて点検も可能なように
もうひとつ、ブロックの台を付け足す工夫をしてくれたのは嬉しいです。ナイスアイディア♪
しかも玄関のすぐ横なので、ゴツイブロックより、小さい方がスッキリするだろうと
エアコン取り付け業者さんの好意で設置してくださったのですが・・・

プラスチック製の脚の下は平らではなく、空洞になっていたので
ブロックから外れて斜めってしまっています(><;)
こんな不安定では室外機が動いたり、配管にも負担が掛ってしまうので
「写真3」ちゃんとしたブロックに交換しました♪

良かれ! と思って工夫してくれた施工が・・・裏目に出てしまうケースもあるんですね~~。

2012年01月14日

×アフターメンテm(_ _)m58× 屋上のシート防水が膨れてきた~ @o@;/

「屋上の砂ぼこりを掃いて、水を蒔いていたら発見したんですよ~!」
と、大掃除をしていたお施主様から連絡が入りました。

原因は日光で屋上のコンクリートが温まった事で、内部に含まれていた空気が膨張。
防水のシートを押し上げるように膨らんできています。
工事中には十分乾燥させ、湿気も飛ばしてから防水シートを貼っておりますが
それでも稀にこの現象が起こることがあります。大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m

対応としましては、注射器で空気を吸い出す「写真1、2」
その後接着剤を流し込んで、べニアで押さえ その上に重しを乗せて丸一日置く。

「写真3」次の日、重しを外したところです。
これで修復完了です。。。が、もしまた発生したら御連絡下さい。

2012年01月06日

×アフターメンテm(_ _)m57× ウッドデッキの上のダウンライト・・・

1階のおばあちゃんの部屋の外にウッドデッキがありまして
そこを照らす 埋め込み型ダウンライト!
昨年9月の台風15号の際「カバーが吹き飛んでしまった!」との連絡あり「写真1と2」
電球などは大丈夫でしたが・・・飛ばされた部品を捜索!
内側を覆うキャップは、住宅の東側の畑に落ちていましたが、
透明な丸いプラスチックカバーがどうしても見当たらない(><)
薄くて軽くて小さいので、相当遠くまで飛ばされてしまったようです。

新品調達→取り付け完了♪

ライト本体はビスでしっかり固定されていますが、カバーは球の交換が簡単なように
中の針金型フックが突っ張って止まってる構造。

静岡を直撃したあの台風
瞬間最大風速50メートルを超えたともいわれた大型でしたから
風圧で押し上げられてフックが外れたんだと思いますm(_ _;)m

2011年12月23日

×アフターメンテm(_ _)m56× 屋根材が剥がれ落ちている(><;)

建築システムが施工したY邸です。
平成7年でしたから・・・16年経過したお宅です。

屋根材の素材は「アスファルトルーフィング」で、海外から輸入して設置しました。
どんな材料か? と言いますと・・・
グラスファイバー(ガラス繊維)下地シートに、アスファルトを塗り込んで
その上に仕上げとして石の細かい粉末でコーティングした商品。
当時は輸入材料が人気があって、安価で 見た目も豪華だったのですが
やはり年月が経つと、硬化して剥がれ始めてしまうようですね。

今回落下したのは・・・今年9月の台風15号!
浜松に上陸して、最大風速50mの巨大台風でした@o@;/
お施主様が加入していた火災保険は台風被害も保証してくれるタイプで良かったー!

「写真2」は落下したアスファルトルーフィング。薄くて軽い材料です。

「写真3」は修理のために足場を組み始めた時。

まずは剥がれ落ちた屋根部分に、防水シートを貼り付けて補強。
あと、浮き上がったり 割れ始めている所は接着剤を充填してしっかりと貼り付ける。
今回は屋根を剥がすのではなく、補修した後 その上から新しい屋根材を葺いて仕上げます。
これは屋根カバー工法(重ね葺き)といい、費用も安く 二重貼りなので断熱性能も高まる。
古い屋根の撤去、処分がなければ工期も短縮できますね。
元々の屋根材が重くてゴツイ瓦だと重ね葺きはできません。

「写真5」ガルバリウム鋼板が現場に到着。 軽くて 雨に強い素材です。
芯は鉄板ですが、表面にアルミニウムと亜鉛の合金めっきが施された製品で
最近では外壁材としてもかなり使われている素材です。

Wikipedia

日本国内ではガルバと略称されることも多い。日本工業規格(JIS)では、
JIS G3321 (溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板)で規定されている。
地震が騒がれている静岡ですから、軽くてさびない鋼板は耐震性能的には有利な素材です。

いよいよ施工開始!
ルーフィングの補修カ所がしっかり乾いたのを確認してガルバ貼りスタートです。
御存知だとは思いますが、屋根は下から貼り始めます。

上から貼ったらダメです。だって水は高いとこから下へ流れるので、絶対に雨漏りします。
ですから下から上に向かって施工!!
もし、どっかで上から下に向かって貼っている職人さんがいたら 大声で「下から貼れ~!」
と怒鳴って下さい。 そんな現場は絶対ないですけど。。。。(笑)

材料一枚一枚には雨の進入を防ぐ「折り返し」加工がしてあるので
次に貼る、上の材料は「折り返し」を上から巻き込む様に 被せて貼り上げます。
横殴りの暴風雨の場合、雨は下から上に吹き上げてきますが、
「折り返し」が機能するので漏れません。

「写真9」トップライト(天窓)
これはもともと付いていた窓です。
トップライト周りは最も慎重に施工します。
先に板金で水切りを回してから屋根を被せています。

2011年12月02日

×アフターメンテm(_ _)m55× ドアの上って仕上げがされてない!@o@;/

先月完成! お引き渡しのお宅ですが、リビング入口のドアの上部・・・
仕上げられてなくて、集成木材の地肌がそのまんま。
天下のパナソニック製品のドアが!! @o@;/
他の大手メーカーの永大産業さんや大建工業さんも調べましたが、やっぱり同じ!

今回たまたま気が付いたのは「写真2」で、階段を下りる時の目線に飛び込んだからです。
すぐに塗装屋さんを呼んで同じホワイトで仕上げました♪

今まで・・・10年、いや!20年の記憶の中でこれ、クレームになった事一度もないです。
たぶん、身長が2m20センチくらいあれば見えるかもしれませんが
普通の人が普通に生活している中で見える部分じゃないですからね!
あと、たまたま今回ホワイトのドアだったので 尚更目に飛び込んできたのだと思います。

ドア全体が一般的な木目ドアでしたら、違和感がないんでしょうし!

皆さんも「こういう物なんだ!」と御承知おき下さい。
今回の様に階段横で見えてしまう場合は、しっかりと塗装仕上げしますから ^o^v

2011年10月11日

×アフターメンテm(_ _)m54× アラウーノの便座・・・塗装の剥がれ?

発売以来、爆発的な人気のアラウーノ(パナソニック製品)
流す度に、専用の2液性泡洗剤でキレイに洗ってくれる優れモノ♪
しかも冬、冷たい便座も 人がトイレに入った瞬間にセンサーが感知して温めてくれるので
冷ゃ!っと感も無く、節電商品です。
以前記事にしました→ http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_2/31433404.html

昨日、これを設置したお客様から「便座がどんどん変色している」と聞き、見に行ってきました。
完成してちょうど3年経ちますが、2年目くらいから徐々に色が剥がれ出してシルバーになってきてる。

メーカーに聞きましたら、人を感知してパッ!っと便座の温め機能が働く。
このスタート地点が、ちょうど激しく変色している部分だそうです。
便座全体を暖め始める、中央部分で ここの温度が他よりも高くなる分
表面の樹脂塗料がひび割れて 剥がれてしまい、芯の金属素材が剥き出しに
なってしまったのではないでしょうか? との事。

どんな対応をしてくれるのか・・・連絡待ちです。

昔ながらの樹脂便座だったら、10年20年と使っていれば
最初白だったとしても、経年変化でどんどん色が黄ばんできたり
ひび割れが始まって、交換時期がくるのは納得できる事なんですが・・・・
新築して2年目から金属膜が露出するってのはちょっとショックですよね。
メンテナンス部から、もし「トイレは保証期間1年ですから取り替えは有料です!」なんて冷たく言われたら怒るよ~~~(><)

10月17日、本日パナソニックさんが便座の取り替え&ノズルの交換までして下さいました。
お客様からも大喜びで電話が入りました。 さすが世界のPanasonicさんです。
今後もし同じ症状が発生した時も相談に乗って下さるそうで安心しました♪
2011年09月29日

×アフターメンテm(_ _)m53× 台風被害、目隠しフェンスが舞う(><)

先週の台風15号が静岡が上陸して、すごい風が吹き荒れました。
御前崎市は最大瞬間風速45.1mを観測したんですって@o@;/

建築システムのお客様でもアンテナ、カーポート、フェンスなどの破損がありました。
今日はソーラーパネルの点検を行いました「写真1」

 

3階バルコニーの目隠しフェンスが舞ってしまって、その残骸が見当たらないので・・・「写真2」
もしかして舞い上がってソーラーパネルに激突??
すごく心配になって高所作業車で屋根に登って点検しました。

結果は問題ナシ!フェンスはありませんでしたし、パネルにも傷は無し♪
とりあえず目隠しフェンスの修理に取り掛かりますm(_ _)m

2011年06月30日

×アフターメンテm(_ _)m52× エアコンの排水が変な所から漏る?@o@;/

昨日は6月の観測史上、最高気温だった地域もあったそうで
今年の夏も暑くなりそうですねー(><;)
今日は北海道と青森を除く45都府県で30℃越えの真夏日!
うち12都道府県は35℃越えの猛暑日@o@;/

こんなに暑いとエアコンかけないと仕事になりませんよ。。。
お客さんと打ち合わせの時、酸っぱニガイ汗をプンプンさせる訳にもいかないし。。。
えぇぇ~? すでに臭ってましたか? ゴメンナサイm(_ _)m それ加齢臭じゃなくて?(笑)

あ!本題です。今日はお客様から
「エアコンからの水がホースからじゃなくて、配管のカバーや壁から流れ出てる」との連絡。
電気屋さんより私の方が早く到着したので、カバーを外してみたら・・・「写真3」
ホースの接続部分が外れて、そこから流れ出しているじゃ~ないですか= @o@;/

しっかり「パチンッ!」と、はまらない同士を繋いであるんだから・・・外れて当然。。。
すぐに新しいホースに取り替えてOKとなりました。

実はお客様から電話があった時に・・・実は私そのエアコンの記憶が無くて・・・
「そのエアコンって建築システムで設置しましたっけ??」って心の中で思いました。
だけど「妊娠しちゃったみたい!」って女性から言われた時に
「それって本当に俺の子??」って質問するのと同等な 大それた質問ですよね?(笑)

それで切り出せなくて修理手配したのですが・・・ やっぱり家電販売店が取り付けたエアコンでした。
電気屋さんが「うち達の仕事のやり方と全然違う」という発言から調べてもらって判明しました♪