狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

新着情報 現場日記

  1. トップ
  2. 新着情報
2017年04月24日

静岡市葵区安西  I 様邸新築現場 ー70 緊急事態の時には・・・それ、有かも?

玄関2つ。
「写真1」手前側がメイン玄関で その奥がお母さん用。
中のホールは扉1枚で行き来ができるので
サバの味噌煮が冷めない距離♪

何でサバかって?

スープとか 豚汁 グラタン・・・ 今までBLOGでも言ってますから
新しいコト書かないとね!
お母さん、味噌煮きっと美味しく作りそうだしね。

「写真2」駐車スペースもゆったり3台。
それぞれを 少し奥に停めれば 手前側にもう一台、横向きなら十分入ります。
2、3階のバルコニー広いです。 洗濯干したり エアコン室外機などもOK。

「写真3」3階のバルコニー! 気が付きました?

万が一の話なので 普通は考えなくてもいいんですけど~
書いたらマズイかな? でも生死の境の時の話だから
仮定としてなら良いかな?

3階のバルコニーのすぐ横 30cm隣にお隣様の屋上があります。
もしも3階で寝ていて 下が火事で逃げ場がなくなった時には
30cmチョコンとまたがせて頂ければ とりあえずは火や煙地獄から脱出できるなー
って思っただけです。 街中の密集地ならではのレアケースですけどね!

 

 

2017/04/24 makita

2017年04月24日

静岡市葵区安西  I 様邸新築現場 ー69 二世帯住宅59坪 6LDKです♪

1、2、3階 床面積の合計が197㎡(59.5坪)
ほぼほぼ2件分の大きさです。
御家族もお母さんと 御夫婦、子供さん達含めて6人家族なので
6LDK必要と言えば・・・ 確かにそうですね。
小屋裏収納庫や納戸もあるので 収納力も完璧です。

お母さんもまだまだお元気ですから
専用のキッチン・お風呂・洗面・トイレを設置した二世帯住宅です♪

昔と違って今はオール電化だから 慣れるまでは大変ですけど
火を使わない分だけ 火事や火傷の心配もないので安心ですね。
 

 

2017/04/24 makita

 
2017年04月24日

静岡市葵区安西  I 様邸新築現場 ー68  10年しか使っていないポスト?新品同然です♪

外構工事終了いたしました♪
駐車スペースの舗装はもちろん、玄関前までのアプローチ通路
アルミ製の門扉、インターホンや ポスト設置完了♪♪

そのポスト==== 前の家から持ってきたでしょ?
物は大切にするI様なのである  ^o^v

たかだか10年しか使ってないポストは新品も同然。
あと30年くらいは使いますよ!

だってI様

40年前のオモチャ→ https://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/40405231.html
47年前の雑誌→https://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/40523395.html
52年前に使っていた歩行補助器→ https://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/40404927.html
大切にしているんです!

「写真2」この通路には入口が3つあります。
最初は倉庫への出入り口。簡単な雨避けひさしを付けました。
最近のアルミひさし、メッチャ薄型 @o@;/
これで暴風雨の時に曲がったり舞い上がったりしないのだろうか?

「写真3」一流メーカーの製品なので・・・ 実は全然心配していないですけど(笑)

 

2017/04/24 makita

 
2017年04月23日

静岡市駿河区八幡5丁目 D邸 新築現場ー38 五十嵐のおかげで5万円浮きました♪♪

見学会は今月の末です。 告知用に看板建てました♪

最初掲示板買おうか? 大きすぎるし けっこう高い 移動も固定も大変(><)
ネットでいろいろ安いの探していたら フォトフレーム見つけました。
アクリルパネル製で、水が浸入しないように 下から差し込むタイプ。
良い買い物です。 経理の五十嵐が探してくれました。
もともと6万円だった予算が1万でおつりがきたので・・・
差額の5万円は 五十嵐さんへ~~~! ?えぇ==!? @o@;/ そういうもん?
ひつまぶしの御褒美で良いにして♪ →https://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/40808251.html

「写真2」ウッドデッキの制作が始まります。
まずは土台据え付け。
これも三角で・・・仕事たいへんそうなカタチ。。。

ウッドデッキ材は「写真3」既に建材屋さのテントの中で塗装して乾かしてあります。

2017年04月23日

静岡市駿河区八幡5丁目 D邸 新築現場ー37 会長! タイル屋さんに恨みとかあるの?

寝室とウォークインクローゼット!貼れてきました。
壁は白で建具はナチュラルウッド色。
ドアを固定する木枠は・・・ ホワイト!?

これはスッキリ感を出す工夫のひとつ。

人によっては 木質の建具なんだから 枠も木目で揃えるべき!
と、頑固な方もいると思いますが 最近は人と違う発想やデザイン増えてますから
その御家族の感性を大事にしていきましょう。 この家は大長会長のセンス♪

最近自動車は白なのに サイドミラーだけ赤かったり・・・ してますもんね。
決して組立てラインの工場で 白が品切れで 誤魔化しで赤付けたんじゃないと思う(笑)

床のタイル。。。
大長会長、これはヒドイです。 タイル屋さんが可哀想すぎ。
だって切断加工の枚数多いし、半端も出るし 第一施工難度が高いです。
タイル屋さんに恨みとかあるん?(笑)

でも・・・ 仕上がるとセンスいいですよね♪

「写真3」裏(北側)からの外観も一枚GET。

2017年04月23日

静岡市駿河区八幡5丁目 D邸 新築現場ー36 写真だときれいな女性に見えますよねー

壁のクロス工事。
「写真1」この機械に通して糊をつけて貼っていきます。
今回のこだわりはビニールではなく、和紙クロス!

ビニールだと水や汚れに確かに強いですが・・・吸湿効果はありません。
和紙は紙の特徴を活かして湿気を吸ったり吐いたり調質します。
一昔前は和紙は「汚れが付きやすく シワにもなるし 日焼けも早い」
評判が悪かった時代ありましたが、今は・・・改善されてきています。

「写真2」天井からスタート♪ シワや空気を抜くために 丁寧にヘラで均しています。
作業は女性?  私も最初そう思ったのですが イケメン男性です♪

「写真3」吹き抜け天井でロフトと繋がっていますから
高所作業でたいへんなカ所があります。
作業は女性?  違います。 ふつう~に おっさんです(笑)

2017年04月20日

藤枝市大洲 Y様邸 鉄骨2階建て住宅 新築現場ー23 それぞれが【骨】と【筋肉】の役割

柱脚固定ベースのアンカーと地中梁の鉄筋を絡めます。
次に主筋の周りをあばら筋で囲うように固定。

この鉄筋は型枠をセットしてコンクリートを流し込むと
地中に見えてくるのは 最上部の六角ボルトのみとなります。
その他は埋め戻し土をいれて 全て見えなくなります。

本当はこのままガラス梁にして、構造見学できるように・・・展示したい(笑)

「写真2」鉄筋の外側には、白くて丸いプラスチックの輪っかが等間隔にセット。
スペーサーという物で、型枠と鉄筋が近づき過ぎないよう スペースを確保。
どういう事かというと、人の身体に例えると 鉄筋は骨で、コンクリートは筋肉。
腕や太ももの骨は筋肉が回りを包んで保護しています。 その包む厚みを調整するもの。

「写真3」配筋検査。
基礎の構造図面と照らし合わせ、鉄筋の太さ・本数・間隔を全てチェックしていただき
写真を残して頂くことで 日本住宅保証検査機構さんの保証が受けられます♪
 

 

2017/04/18 makita

 
2017年04月20日

藤枝市大洲 Y様邸 鉄骨2階建て住宅 新築現場ー22  ドローンで撮影するしかない。。。

独立基礎、地中梁の鉄筋組み工事。
独立基礎というのは、柱の建つ根元部分。支柱の土台の役目と考えて下さい。

地中梁は独立基礎同士を 地面の中で繋ぐコンクリート製の梁。
大地震で揺れた時、それぞれの柱の根元が連結されている事で耐震強度が高まります。
柱は南北方向2本×東西方向4本ですから 合計8本。
これをなぞると・・・ ちょうど漢字の【目】のカタチになる訳です。

建物が大き過ぎて全景が撮れません・・・ ドローンで撮影しようかな ^o^v 持ってないけど。

耐震等級は最高レベルの【3】で設計されています♪

 

2017/04/18 makita

2017年04月20日

新通1丁目 T様邸 新築現場ー17 アクリアユーボード、ピンレス

「写真1」土台を据える時は 基礎のアンカーに差し込んで
カットスクリューで締め込みます。
全てプレカットで部材ごと長さは工場でカットされています。
柱が建つ部分には臍(ほぞ)の穴も加工済み。

「写真2」断熱材
アクリアユーボード、ピンレス。
通常Z型のピンで固定する事が多いですが この商品はピンレスで
不織布を広げて土台にタッカーで打付けて 落下やしなりを防止。
隙間が無いので床下からの空気、熱をシャットアウトできますね。
詳しい製品情報・施工方法

http://www.catalabo.org/iportal/cv.do?c=29117970000&pg=6&v=CATALABO&d=link

「写真3」床下の断熱材を全て敷き詰めたところで
床の構造用合板を覆って打付けていきます。

2017年04月20日

新通1丁目 T様邸 新築現場ー16 ドジョウを・・・処理して 食べる?@o@;/

「写真1」基礎が完成したあと、
土台や床をセットする前に 先に給排水、給湯配管を行います。

「写真2」次、土台が座ったところで、シロアリ防除&防腐材の液体を噴霧。
木部だけでなく、土壌(どじょう)も一緒に処理します。
川にいる魚じゃないです。基礎の周りの地面の土!

「写真3」ブーム付きのユニック車で続々と材料が搬入されてきました。