狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

新着情報 現場日記

  1. トップ
  2. 新着情報
2017年04月05日

新通2丁目 I 様邸 新築現場ー26 雨漏れ対策の施工は三工程! 記事をクリップする

「写真1」ガルバリウム鋼板(外壁材)が到着。
長さはなんと7.5m @o@;/
1階から2階の屋根まで1枚モノで貼る為に工場で寸法合わせて製作してきました。

「写真2」窓の下。
サッシ枠の周りは透湿防水シートの上に 防水テープで四方向 完全防水してありますが、
さらに板金の水切りを打付けて 三重の雨対策。

「写真3」ガルバリウムは、コンプレッサーのガンで打付けていきます。

 

2017/04/04 makita

 
2017年04月05日

新通2丁目 I 様邸 新築現場ー25 舞台裏のハリボテ状態

舞台セット、そのものの話。
『ハリボテ』といいまして 看板風の骨組にボードを貼って
風景や建物の絵を描く 大道具さんが作るヤツ。

「写真2」を見ると まさしくその状態に似ていると思いませんか?
倒れないように つっかえ棒で固定してあるところまでそっくり。

「写真3」ボードは不燃のタイガーボード。
これは準防火地域で1時間の耐火認定をとった外装下地を貼る必要があります。
 

 

2017/04/04 makita

2017年04月05日

新通2丁目 I 様邸 新築現場ー24 左右の躯体工事、順調です♪

「写真1」左右の壁組み。
構造補強金物でガッチリ水平力を保ちながら、
不燃材のタイガーボードと防水紙、サッシの取り付けへと作業が進んでいます。

天気予報を気にしながらではありますが、
想定内の苦労を乗り越えつつも 工程通り順調です。

外壁のガルバリウム鋼板が貼れたら、いよいよ本格的な建て方がスタートします。

 

2017/04/04 makita

 
2017年04月05日

清水区由比 M様邸 新築現場ー50 今日はソーラーパネルを設置します。

屋根屋さんではありません。
今日はソーラーパネル設置の業者さん。

15年、20年前って ソーラーパネルが普及する前でしたから
専門の職人さんって方々はいなくて。。。
外壁屋さんや、瓦屋さんに頼み込んでメーカーの設置講習会受けに
行ってもらって技術を磨いてもらった時期でした。

磨いてもらっても・・・ 30棟に1棟っくらいしか設置する家がなくて
半年以上出番がなく「次のソーラーの工事いったいいつよ?」
虐められた時代もあったのですが、今は逆。

本業の瓦工事業廃業して ソーラー一本で生計立ててたり
2ヵ月先まで仕事パンパンで 引き受けてもらえなかったりしてます・・・(笑)

「写真2」パネルの架台(レール)を通す金具の設置。
既築の家に後から乗せるより、新築時の方が 屋根下地にピンポイントで打ち込めるので
強度的にも雨漏り対策にも安心施工になります。

「写真3」何より足場があるので荷揚げも簡単。
電動リフトで屋根まで上げます♪

2017/04/05 makita

2017年04月05日

清水区由比 M様邸 新築現場ー49 内装工事、とっても順調です。

『順調です』って現場日記に書く時は、とっても順調。
書いてない時・・・?  工程が遅れ気味で困ってる?

確かに施工班の段取りが上手くかみ合わなかったり~
雨が多い時期、完成予定日が厳しくなったり・・・チョイチョイありますが、
『順調です♪』って書いてない=『遅れてる』ってイコールではないので
深読みしないで下さい!!  確かに困ってる事あるけどぉぉぉ==(笑)

壁と天井への断熱材充填の後
「写真2」のようにプラスターボードを貼っていきます。
プラスターは石膏でできた不燃材。

部屋のドアや クローゼット部分には 予め枠を取り付けて繰り抜いて置きます。

「写真3」バルコニーの床、FRP防水。
雨水は傾斜に沿って溝に落ちて、 そこからドレンの穴へ向かいます。
穴の先には縦樋を接続して 雨水排水→下水道へと流れます。

2017/04/05 makita

2017年04月05日

清水区由比 M様邸 新築現場ー48 絶滅危惧種を撮影するのと比べたら・・・

フローリング貼れてますよ♪
通常貼ったらすぐに養生マットを敷いてしまうので
工事中貼った床の写真撮れるのは滅多にないです。スクープです(笑)

絶滅危惧種の昆虫を撮影するのと比べたら・・・
それ程貴重ではないけれど、普段工事中はお施主様は進み具合が分からないので
貼れたばかりの床の色目が撮れると喜んで頂けると思っただけです。。。

「写真3」洗面の床に穴空けてます。
洗濯機や洗面ユニットの給排水配管用のコア抜きをやっています。

2017/04/05 makita

2017年04月02日

新通1丁目 T様邸 新築現場ー14 『バスガス爆発』級の何問発見?

基礎工事、絶対に3人いないと成立しない。

ホースから出るコンクリートをコントロールする人。

あ。 新しい早口言葉発見@o@;/
『コンクリートをコントロール!』これを3回連続で言ってみて下さい。
『バスガス爆発』級に難しいかもよ?

あ。普通に言える。
『コン』が続くだけで舌はもつれません(笑)

話、元に戻しますが
あと二人は、
隅々まで震動掛けてジャンカを防止する人と
均一な高さに均す人。 合計3人のコンビネーションが必要です。
コンクリはすぐに硬化するので 誰一人欠けても工事できなくなるのです@o@;/

2017年04月02日

新通1丁目 T様邸 新築現場ー13 いよいよコンクリートを流し込みます!

先日鉄筋の検査が合格となりました。
その時の【証拠写真】っと言ったら何ですが、
コンクリートを流し込んでしまったら二度と見られなくなる部分、
いろんな角度から メジャーを当てて撮影しておきます。

設計図に基づいた耐震強度で 実際に施工されている事を証明する
大切な写真となるわけです。

「写真3」コンクリートが到着。
圧送のホースのすぐ近くで バイブレーション(長い棒)
鉄筋の下、裏側の隅々まで流れ込むよう震動を与えています。

基礎の中に空洞ができてしまうと強度不足になるので慎重に施工していきます。

2017年04月01日

藤枝市大洲 Y様邸 鉄骨2階建て住宅 新築現場ー18 深さ2.5mじゃ、埋蔵金は出てこない。。。

徳川埋蔵金を探している訳ではありません。

今日の作業は『ラップル』比較的緩い地層の土を全て掻き出し
硬い支持層まで掘り進めて、そこにコンクリートを流し込みます。
簡単に言うと、ゆるい土をコンクリートに置き替える作業。

深さ、なんと2.5m!
身長170の人より さらに80センチ深い。
「写真2」ハシゴで降りて 地層確認と縦横の寸法チェック。

ハシゴを戻さないで皆帰ったら・・・ たぶん金丸さん出られないと思います@o@;/

そんな冗談言ってないで、地崩れ起きたら生死に関わるので早く上がって来て!!

 

2017/03/29 makita

2017年04月01日

藤枝市大洲 Y様邸 鉄骨2階建て住宅 新築現場ー17 小さすぎない? 敢えてのミニ?

建物の位置出し完了!
今日から基礎の掘削開始です。
今回は、重量鉄骨ラーメン構造と言いまして 独立基礎工法となります。
一般的な木造の場合は全体的に掘ってべったり(ベタ基礎)コンクリを入れますが
独立基礎は鉄骨の柱の真下をスポット的に掘ります。

建物全体の荷重が集中する(今回8カ所)部分、深さ2.5mも掘り下げますので
どんだけデッカイショベルカーが来るのかと楽しみにしてましたが・・・

「写真2」ちっちゃい。。。 心細い。。。

「写真3」コンクリートを流し込む部分だけを 掘りたい!
他の地層を痛めないよう ピンポイントで正確に掘りたい!
敢えてのミニ重機♪

 

2017/03/29 makita