狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

新着情報 現場日記

  1. トップ
  2. 新着情報
2017年11月20日

沼津市井出 M様邸 新築現場ー48 玄関タイルの目地、モルタル埋め

タイル工事!

玄関の中が終わったら、そのまま外のポーチの施工。

元々コンクリートで形を造ってあった部分に、モルタルを敷き詰めてタイルを貼っていきます。

しっかりと固まったところで・・・

タイルの継ぎ目にモルタルをギューギュー詰め込みます。

並べただけでは、隙間の溝が深くてゴミの溜まり場になるし

ホウキで履いてもなかなか取れなくなってしまうので、目地は全て埋めます。

決して仕上がった矢先に汚して遊んでるとかではないので御了承くださいm(_ _;)m

仕上るとこんな感じ。

タイルの目地だけでなく、立上りの框との隙間にも詰めて砂利が入らないように塞ぎます。

2017年11月18日

三島市谷田 Y様邸 新築現場ー46 雪止め金具の設置

外壁のモルタル左官工事、下塗りが終わりこれから中塗りにはいります。

 

表面はまだ荒くなっていますが、これから均一に仕上げていきます。

屋根に金具を取り付けました。 雪国でよく見かける、雪止め金具。

コレ静岡県の家でも必要?? っていうかもしれませんが、御殿場・富士宮方面ではけっこう付けてるお宅多いです。

雪止め金具は 軒の先端から50~90cmくらい内側に取り付けます。

雪は積もると、もの凄い重さになります。 外壁よりも外に跳ね出した屋根には

荷重を掛けたくないので 内側(構造躯体のある部分)で止めています。

それにしても・・・ 三島市でしょ? 必要?

実は昨年3月、ココは70cm積雪あったそうです。

毎年とはいいませんが最近異常気象でおかしな天候がおおいですから

「備えあれば憂いなし」という事で取り付けておきましょう。

この金具がないと、いきなり雪や氷の塊が頭上に落ちてくる危険があるので

家族だけじゃなく、通り掛かった方の安全も確保します。

昨年の3月14日 ホワイトデー。三島→箱根間は積雪70cm 巻き込まれました@o@;/

https://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_3/40256942.html

 

2017年11月18日

清水区銀座 S様邸新築現場 ー36 完成間近、残りの工事も着々と進行!

各部屋の照明器具、付きました。

キッチンの上には2つ!

1つはキッチンカウンターの手元灯。 もう1は背面のレンジや食器棚側を照らす照明 それぞれ用途に応じて点けました。

カタチは蛍光灯に見えるかもしれませんが、中身はLED照明です。

こちらは室内の空気を入れ替える換気扇。

第3種換気の方法で、外気を採り込む吸気口の対角に排気ファンを取り付けます。

 

カーテンレールもOK

御施主様、現場に来て下さるついでに少しずつ荷物を運び込んでくれてます。

今日は椅子2つ。現在埼玉県なので一気に運ぶのは大変。無理のない範囲で増やしていきます。

ちょうど書斎カウンターがあるので、とりあえずココに仮置き。

パソコンをやるのに最適な座り心地なのはどれか? 暮らしながら徐々に配置を決めて下さいね!

ガスの給湯器が付きました。 今人気の『エコジョーズ』。

従来型と比べ、『上手にECO』してくれるから・・・エコジョーズって名前なんだと思います(笑)

 

今まではガスを熱に変換する効率80%でしたが 排気の熱も捨てずに再利用するので95%まで高効率型になりました。

その分、ガスの使用量は12%カット!。 もちろんCO2排出量も削減して地球温暖化の抑制 する給湯器なんです♪

2017年11月18日

静岡市清水区三保 H様邸新築現場-8 ベタ基礎の鉄筋を組んでいます

ベタ基礎の鉄筋組みが始まりました。

まずは外周に型枠を組んで 建物の位置出し&直角を確定させます。

『直角』←これ90度。 大事です。 91度でも89度でもOUT。歪んだ家になってしまいます。

息子が少年野球やってた頃、試合の日はお父さん達が ホーム→1塁→2塁→3塁のベースの位置をメジャーで測って決めるんですけど・・・

これがなかなか難しい。菱形になったり 台形になってしまうんです。

そーゆー時は私がしゃしゃり出て3:4:5(さしご)を伝授♪

これは 辺の長さ3m、4m、5mの三角形を地面で作ると3と4が交わる角が必ず90度になる測量法。

実際野球の場合には9m:12m:15mと大きくした方が正確。誤差が出にくいです。

と・・・言いつつも 工事現場では測量器が進化してますので3:4:5は使ってません(笑) 豆知識書いといて、実際は使ってない無駄話なのだ。。。

基礎のコーナー部分は大事です。

大型地震の激震の時は、建物の角に衝撃が集中して歪んだり 破壊が始まるので

鉄筋もしっかり重ねて二重に組んで頑丈にします。

次に耐圧ベース。

おぼん、でいうところの 一番下の部分。地面と接触する底面。ココにもクロスさせながら鉄筋を組んでいきます。

最初に【X軸方向】 建築の世界でもにも【X】や【Y】が頻繁に出て来ます。

中学の数学から【X】とか【Y】の記号って出てきましたよね?
自分、あの辺りっから勉強嫌いになりました(笑)
だいたいが意味不明のXとYに二乗したり三乗すること自体
身体が拒否反応起こしてましたから!

 

設計図を置いて見た時、上下に向かって書いてある線や材料、壁方向を【Y軸】と言い【X軸】はそれに直交して取り付ける部材の事。
今日はYが先で、その後からX方向の鉄筋を組んだ事になります。

このコンクリの破片。ゴミではありません。 これ基礎工事では重要。

みんな【サイコロ】って呼んでますが 本当はスペーサーっていうものです。

基礎は建物の荷重の全てを受け止める部分で強くなければなりません。

コンクリートの基礎の強度は、中の鉄筋がしっかり コンクリ厚の真ん中に入っているか?です。

地面に置いただけの鉄筋の上から コンクリートをダラダラ流しても意味がありません。

スペーサーを下に挟み込んで 鉄筋を浮かせる事でコンクリが上下にしっかり流れ込んで包み込んでこそ、耐震強度が高まります。

あ・・・思い出した! とっても嫌な記憶がよみがえってきました。

さっきのグランドで子供の野球のベースの位置出す時。。。

私が『さしご』で辺の長さ3m、4m、5mの三角形を地面で作ると3と4が交わる角が必ず90度になる測量法。

これをお父さん達みんなで巻尺で測っていたらねっ! 「√(ルート)を使った方が全然早いし正確だ!」という理系パパがいたんです。

『さしごで出すのは古代だと!? 今はルート」と異議を唱えられたのです。

要するにホームから1塁まで23m ホームから3塁も同じ23m。 なので√23を導き出せば簡単に1→3塁間の距離も出るし 必然的に直角二等辺三角形だから角度も90度に揃えられるというのである。。。

確かに! 完璧だ。 ぐ~の音も出ない@o@;/

でもね√23って・・・計算機誰か持ってる? 32.52m? 巻尺長さ50mの1個しかないから、23m→23m→32.5mを同時にはポイント落とせないんですよ~

だから(3:4:5)を 9m:12m:15mに流用して40m程の巻尺で大人3人でサクサクと直角出していたのです。

2017年11月17日

沼津市大岡 建築システム沼津営業所 新築現場ー57 最後の仕上げは『かんじき』履いて

こんな感じで流し込みます。

所々、木枠を組んで縁を切ってありますが、これはヒビ割れ防止です。

車、トラックの出入りの荷重や 大きな地震で揺れた時に

大きな面積を一度に流し込むよりも、途中で区切った方が遥かに割れる確率は軽減されるのです。

強度的には中に鉄筋が縦横入っていますから、耐圧に関しては問題ありません。

均等になるように、グランド整備で使うようなトンボで平らにしていきますが ここで大切な事は勾配!

必ず傾斜を付けるのです。

駐車場3台分の程の面積ですが、ココに落ちた雨は全て道路の側溝方向に流れていく様 緩い傾斜を付けるのです。

真っ平らにしたら?駐車場に雨が溜まってしまいますからね。。。

今日はガードマンさんに来て頂いて、交通整理をお願いしています。

最後の仕上げは左官屋さん!

固まる前に最後の作業、丁寧に表面を擦ってきれいに仕上げてくれてます。

『かんじき』を履いています。

忍者が水面を走るアレ・・・・  とは違いますぜ~!

だって底がアミアミになってますから、水の上ではNG。

表面を傷つけたり、凹まさないように面積の広いカンジキが最適♪

もちろん仕上げた上は歩かない様、バックしながら施工。

2017年11月17日

沼津市大岡 建築システム沼津営業所 新築現場ー56 駐車場のコンクリートの施工

駐車場のコンクリートの施工の様子です。

写真UPし忘れて・・・ 今日気が付きましたm(_ _;)m

 

お隣さまの駐車場を貸していただいて工事をさせて頂いてます。

コンクリートを流し込むのに、敷地内に工事車両入れたら施工できません(><)

全面道路はあるけれど、国道で通行が激し過ぎて断念したのです(><)

御協力いただきましてありがとうございます。

ミキサー車からコンクリを、一度 ポンプ車にい移してホースで流し込む作戦。

高く上げる事で勢いよく、シャバシャバ勢い良く流し込めます。

と・・・ いいつつも まだ出て来ない。

ポンプ車は、ローリー式の油圧加圧ポンプが付いているので

その圧力でコンクリを圧送します。(あっそう)

2017年11月16日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-2 工事請負契約を結び、いよいよ本設計!

本日工事請負契約を交わし、いよいよマイホーム計画が始動します!

静岡市の方なら誰でも御存知の音羽町、新静岡セノバから真っ直ぐ一本道。

街中で便利なところです。 近くには清水公園もあるので子供さんの遊び場もありますね。

今回の土地は幅6.2m×奥行き8mの15坪。

ここに3階建てを建築。

駐車スペースは1台で 1階に寝室、2階にLDKと水まわり、3階に子供部屋2室の3LDKのマイホーム計画です。

外観のデザインや色はこれから打合せして決めますので パース図は暫定的。

契約書に署名、捺印中!

みんなに注目されてると緊張してスムーズに書けないとの事で

私は席を立って後ろからシャッター押してます♪

地盤調査を先行して行ったのですが、地盤が軟弱でした。

地表面から2m程が弱く、柱状改良工事が必要という判定。

直径50cm、深さ2mで25本! セメントミルク固化材を注入して

基礎の下の地盤強度を強くする工事を行います。

2017年11月16日

静岡市清水区三保 H様邸新築現場-7 「BM」→「遣り方」→「水糸」

基礎工事がスタート。

先日の地鎮祭の時に 建物の位置の最終確認を行い白いロープを張っておきました。

四方に木組みをします。これをやり方と呼びます。

やり方とは、漢字で書くと【遣り方】
私、工業高校の建築科に入った時に 教科書の一番最初に出てきました。
入学式の次の日、1ページ目でしたからこれ【だけ】は記憶にあります。。。その他は記憶にない(笑)

この木枠を建物の四つ角に組んで、ナイロン製の糸を水平に張ります。
基礎を造る時、やみくもに掘ったら 深すぎても浅すぎても困るわけで・・・
底面の高さを隈なくチェックしながら掘り進める 基準となる大事な作業。
杭の名前は【水杭】 杭同士を繋ぐ板の事を【水貫】といいます。

【BM±0】という印。

これから建築する上で 高さの基準は全てココからスタートします。 BMはベンチマークの略です。

基準点なので動く物・・・例えばプランターとか置いてあるブロックは絶対NG!

途中で動かされちゃうと 基礎の底面や平均地盤高さ、床の高さ(FL:フロアライン)の算出が不可能になる訳です。

今回は敷地と道路の境にある境界線プレートに貼らせてもらいました。

境界の【⇩】動かす人はいませんからね♪

砕石の搬入。 黒い【土】のように見えますが 実は細かく砕いた【岩】

基礎の下にこれを敷き詰める事で表面が締め固まり強度が増します。

防湿シートで覆います。

基本この辺りは砂地ですから、それ程湿気の心配はないのですが

地面からの湿気やシロアリが上がってこないようにシートでシャットアウト!

その周りに捨てコンという、コンクリートで固めます。

捨てコンは 基礎のコンクリではなくこれから鉄筋を組むための舗装の役割を果たします。

捨コンの上にピンッ! と張った黄色いナイロン紐見えますか?

水糸で(みずいと)です。

このラインが外壁の芯(中心)になるので鉄筋やボルトをセットする時の測点。

高さも全て水平になっていますから左右上下の基準となります。

2017年11月15日

登呂5丁目 M様邸 新築現場 ー44 キッチンの設置&リビングの扉取り付け

この前は階段、組立て中でしたが今日は設置完了してて助かりました。

ハシゴを登るのが大変なんです・・・ お腹が邪魔したり カメラ入ったケースの紐を咥えたり。

そういう時に話しかけられても イーワ ハエハ フワヘへへ フイ(今カメラ咥えてて無理)

手すりも着いて安全な階段になりました♪

2階のリビング。キッチンカウンター側を撮影。

キッチン小さい感じですか? これ以上幅広タイプにしたら 洗面脱衣方面に行く通路が狭くなるので、これが限界なんです!

 

がっ!

実はL型キッチンになっています。

まな板と水を使う時はみんなのいるリビング方向見ながら作業して

IHコンロ使う時は左側向いて料理。そんな工夫で生活していただきます。

 

I型キッチンだと横移動が長いですけど、L型だと横向けばコンロ!

もしかしたら動線距離ゼロで便利かも?

階段はあるけれど、階段ホールや廊下はありません。省スペース設計なんです。

但しエアコンの冷暖房が逃げない用ように 引き戸はあります。 閉めておけば省エネ効果も有り♪

 

扉の色、ブルーです。めっちゃ存在感あります。

ガラスが大きいので 夜リビング電気点いていれば階段も明るくてらされますしね。

2017年11月15日

登呂5丁目 M様邸 新築現場 ー43 仮設足場が取れました♪

今日足場が取れて、建物の全貌が明らかになりました♪

1階の木目と、上のグリーンが調和して可愛くて清々しいトーンに仕上りました。

面白いのは、日当たりによって雰囲気が全然変わる事!

午前中は日影なので全体的に濃い外観に見えますが

午後2時過ぎて陽が当ると優しい木目&モスグリーンに見えます。

次回明るい時に撮ってきますよ~

右側側面、 お隣さんとの隙間・・・ギリです。

さすが隙間職人の技♪

左側側面、 こちらも境界線ギリギリの工事でした。

さすが隙間職人の技♪

 

それでも境界線から外壁までの間、20センチ位離れています。

時々、境界線上に外壁を貼って欲しいとおっしゃる方がいらっしゃいますが

実は外壁よりも更に外に出っ張る物が幾つかあるのです。

サッシの窓枠や、基礎の上の水切り、換気扇のフードやシャッター雨戸のBOX、一番上の屋根のケラバや軒などあるので それらも含めて敷地内に納めます。

2階バルコニー。

壁のグリーンが部屋からも見えるので・・・

植木を置かなくても緑豊富な? 住宅に仕上りそう♪

手すりや雨樋、ベランダ手すりも設置完了。

建材類は白で統一したのでスッキリ外観になりました。