狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

新着情報 豆知識

  1. トップ
  2. 新着情報
2009年07月11日

■豆知識ー118■ 「奉献」と「祝上棟」

今日は近所の酒屋さんで日本酒を買ってきました。
地鎮祭や建前の日に現場に持って伺います♪

のし紙に「奉献(ほうけん)」と書かれた方は「地鎮祭」で使います。
起工式ともいいまして、土地の守護神に無事完成を祈願する祭りです。

「祝上棟は」そのままの意味で・・・上棟式(建前)の時に用意いたします。

最近の酒屋さんは、のし紙に文字がプリントされているのを巻くところが多いですが・・・
それはそれでキレイですし、問題は全然ないんですけど・・・

私個人的には手書きの方が「威勢が良い!」気がしているものですから
いつも優しいおばあちゃんが店番している酒屋さんに通っています♪(笑)

(株)建築システムの「ム」が納まりきらない日が多いのですが・・・

今日は奇跡的入ってました♪♪・・・・^^;v

「テ」の右横に「ム」が書いてあるのに当たったら・・・見て見ぬフリして下さいm(_ _;)m

写真2の「親分」ですか? 勝手に名付けてますが・・・
この迫力で睨まれたら・・・子分にしてもらいたくなりますよ~~

2009年07月07日

■豆知識ー117■ 防犯グッズいろいろ

マイホーム建築時には、防犯の事も十分考慮しながらプランニングしております。

特に泥棒対策としては、玄関の施錠をこじ開けられない安心機能のもの、
その上にダブルロック式として、サムターンも外部から回せない有効な商品があります。

その他、部屋の窓には 浸入防止の面格子を入れたり、シャッター雨戸の取り付け
ハンマーで叩いても割れないガラス(正確に言うとヒビは入りますが穴が開かない)など
外部からの浸入を防ぐための万全な商品がたくさん揃っています♪

「備えあれば憂い無し!」とは言いますが・・・

あまりにも過敏になり過ぎてしまい、建築費が予想以上にアップしてしまったら困ります。
中には、シャッター雨戸や面格子、外部のフェンス工事やセキュリティー会社との契約など
250万の費用を投じるお施主様もいらっしゃいました (@@;/

今日休みで、アースノーマットの液をホームセンターに買いに行った時・・・

安くて、なかなかの効果が出そうなグッズがありましたよ♪ ^^/

「写真1」窓ガラスに衝撃があったり、開放されたら大音量で警報がなる商品!
窓に貼るだけだし1,680円ですから1階の窓全部に付けてもお手頃価格ですョ!

効果の程はわかりませんけど・・・・(笑)
空き巣のプロが見れば、貼ってあるのを確認すれば浸入するのは遠慮しますよね?

「写真2」センサーライト! これは夜に、敷地内をウロウロしたらパッ!!と点くので
犯人だってビックリして逃げると思います! 玄関側だけじゃなく、建物の裏にも欲しいですね。(4000~5000円)

「写真3」ダ・・・・ダ・・・ダミーカメラ!? 
そう!ニセモノなんですが、 この商品の横には「本物の防犯カメラも売っていました♪♪

本物は、配線やテレビモニターも付いてますから3万円くらいしますが・・・
本物とまったく見分けがつかないダミーで2,000円なら安いのかな?(笑)

2009年07月05日

■豆知識ー116■ 照明コーディーネート

今日はお客様にパナソニックさんのショウルームにお越しいただいて
各部屋の照明器具の打ち合わせを行いました♪
      ↓
http://srdb.panasonic.jp/plsr/page/top/top.jsp?srcd=38

あとは実際の照明を確認することも大事ですし ダウンライト(天井埋め込み)や
ブラケッド(壁付け)、スポットライトや、ペンダントライト(吊るすタイプ)等々・・・
部屋のインテリアとしての照明選びも意識できますよ^^/

「写真3」の・・・・キッチン手元灯・・・・なんかシャンデリアっぽい・・・

金額調べたら!? 幾らだと思いますか?

48,300円!?  えっ・・・違いました! もう1つ「0」が付いていました (@@:)/

500個のクリスタルガラスの輝きに包まれて 夢のダイニングキッチンを想像しましたがー

金額を聞いた瞬間 「はっ・・・!!」っと現実に引き戻されてしまいました・・・

その他照明選びの時は「電球色」にするか?「昼白色(ちゅうはくしょく)か?
この辺りも決めていきましょうね → http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/11734215.html

2009年07月01日

■豆知識ー115■ ソーラーで余った電気は・・・

太陽光発電による売電(家庭内で使い切れずに余った電気を電力会社に売る金額)が
現在の2倍になる話・・・・「2010年を待たずして年内中に採用される??」
という報道がありましたが、実際のところをソーラーの会社に聞きましたら

各、電力会社との調整が済み次第 買取り価格を順次引き上げる事は間違いなさそうです!!
早ければ8月から?とも イヤ~!秋からでしょ? などなど~
いろいろな噂が流れ始めています。 これから新築を考えている方にとっては
屋根にソーラーパネルを乗せるか?乗せないか? 選択するにあたり
とても気になる報道です! 当然我が家にとっても一大事ですから、政府の頑張りに期待してます♪♪

「写真1」は昨日6月29日に引き落とされた電気料金8,699円です。

「写真2」は6月10に電力会社さんから振り込まれた売電料金8,923円。

今月はかろうじて差し引きがプラスになったじゃん?という月でしたが
中部電力さんが2倍の価格で買ってくだされば、9000円のプラスになる訳で・・・
早く実施してくださ~~い!! 家計に直結する事ですからm(_ _;)m

ちなみに太陽光発電を採用する前の生活では
電気代、ガス代、暖房の灯油代 年間190,194円。

ソーラーパネルでオール電化にしてからは年間38,759円。
(買った電気105,765円 売った電気67,006円 年間支出38,759円)
※年間131,435円の節約になりました。

売電価格が2倍になりますと・・・・
買った電気105,765円そのままで 売れた電気は134,012円になるので
年間支出が0になり、更に28,247円のプラスになる計算です。

と、いう事は 当初の節約金額131,435円と売電価格UP分67,006円が増えて
年間198,441円の節約になりますから、10年ちょっとで設備費用がペイできるかもしれません!

昨年の電気代
  ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_makita/21405619.html

2009年06月28日

■豆知識ー114■ 500万円の非課税枠

先週でしたか?「租税特別措置法の一部を改正する法律」が国会で成立しました。

これは、住宅取得のための資金を父母または祖父母からもらった場合・・・
500万円は贈与税を課せませんよ~~!! という特別措置なんです♪♪

加えて暦年課税の非課税枠である110万円の利用ができますから
500万円+110万円=610万円! ここまでであれば、贈与税はゼロ。

※平成21年1月1日から平成22年12月31日までの間に、20歳以上の者がその直系尊属(父母、祖父母など)から受ける住宅取得等のための金銭の贈与については、当該期間を通じて500万円まで贈与税を課さない。

    
そして・・・この特例は・・・
暦年課税又は相続時精算課税の従来の非課税枠にあわせて適用可能なんですよ~
相続時精算課税制度→http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

要するに「贈与税の軽減」の非課税枠500万円にプラスして「相続時精算課税制度」の
3,500万円までの非課税枠を控除することが可能ですから合計で4,000万円まで
贈与税を負担しなくても家を建てる事が可能になったんですよ~♪

※但し、精算課税制度の方は相続が発生した時には改めて税を精算する制度ですから注意して下さい。

2009年06月26日

豆知識ー112■ じゃぁ~こっちの紐は?

今度は天井から、何やら紐が・・・・・

お客様:「蛍光灯?? これ引っ張ると電気が点くのかしら??」

makita:「いまどきの家で、リビング照明が 紐引っ張ると点く蛍光灯なんて選びませんよ~(><)」

今のような梅雨の季節は、雨が多く ジメジメしてなかなか洗濯物が乾きません。
どうしても部屋の中で吊るす事が多くなりますが、カーテンレールには掛けたくない!!

そんな時の優れもの!
名付けて「ホシ姫サマ♪♪」干しと星を掛けたんだと思いますが・・・・
このネーミングは世界のパナソニックの製品ですから!(笑)
この紐を引っ張る事で、物干し竿が降りてきたり 上まで収納されたりします。
   ↓
http://panasonic.jp/sumai/shuno/hoshihime/

その他、ハンドル操作するタイプや、 脱着式の干すクリーンなる商品などもありますョ
   ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_makita/10811097.html

http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_makita/20362289.html

2009年06月26日

■豆知識ー111■ この紐・・・・何?

先日建て替えを御計画中のお客様を現場に案内した時に

「んんっ!?  この紐・・・・何?」不思議そうな顔でこっちを見てらっしゃいましたー。

写真1のガラスの外でユラ~ユラ~ 風で揺れてる紐!!

実はこの窓はシャッター雨戸付きの窓なんです。
シャッターを締める場合は窓を開けてから
高さ2mにあるシャッターの下の取っ手を引っ張らないと閉じられません。

身長が155くらいあれば なんとか背伸びして降ろせるとは思いますが
毎日の作業・・・お年寄りなど大変な方の場合は、この紐を引っ張ればOK♪♪

風が強いと、紐の先端のボッチがガラスに カッチン・・・カッチン・・・当たります(><;)
邪魔な場合はボッチにマグネットが入っていますから「写真2」のように
シャッターの裏にペタンと貼っ付けておいて下さいね^^/ 

「写真3」・・・シャッター雨戸付き窓を外から撮りました!!
シャッターを閉めた写真の方が良かったかな?とは思いましたが~~
また中に入って締めて来るのが、面倒だったからやめました。

このシャッター雨戸の特徴ですが・・・
1番には防犯です。内側からシャッターを下ろすと完全にロックが掛かりますから
外からバールなどでこじ開けようと試みても無理です!

話・・・少し飛びますが!
実はホームエレベーターを設置したお宅は、故障時に中からコンタクトセンターに
緊急専用回線で連絡が取れるようにサポートされています。
救助に向かうのですが・・・もし家族が不在の場合は1階の窓を割って入ります。

「どの窓を割って入って良いか?」完成した時に登録をするのですが・・・

防犯面格子やシャッター雨戸など防犯対策をしっかりしてある場合は困った顔されますよ~笑

シャッター雨戸は金額高いですから、金属カッターで壊して入る場合は・・・・・

できるだけ安い窓、安い面格子設置の窓を登録しておいて下さいね!!

面格子とは→http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_makita/23285493.html

2009年06月24日

■豆知識ー110■ 家をアルミホイル巻き!?

「タイベック」という商品は外壁材の内側に貼る商品としてずっと使われていました。
これは「透湿防水シート」と言って雨の水はシャットアウトしながら
建物内部の湿気は外に排出する、とても優れた商品なんです。(写真1の白いシート)

同じメーカーから「タイベックシルバー」という商品が発売されていまして(写真1の銀色シート)
これは「防水」「透湿」に加えて「遮熱」効果も加わった商品です!

カットサンプルをストーブに近づけて、その裏側に手をかざすと遮熱の意味がわかりますよ♪

アルミの性質は赤外線を反射しますので、これを建物の屋根と外壁をスッポリ覆えば・・・
過酷な夏の太陽の輻射熱を遮断するという訳です。

「断熱」するのではなく、「遮熱(熱を反射)」する商品がある事も覚えておいて下さいね!!

タイベックシルバーHP
   ↓
http://www.gfield.co.jp/product/kenchiku_3.html

2009年06月16日

■豆知識ー109■ メラミン化粧板

「写真1」の色見本帳がメラミン化粧板のサンプルです。

メラミンというのは家具やドアなどの木製品の表面に貼る仕上げ材で
これ自体の厚みは0.9mmや1.2mmですごく薄い化粧板です。
オーダーで造るブティックの陳列棚やレジカウンターなどによく使われています。

マイホーム造りの中で「この隙間どうしよう?」「市販の棚だとピッタリ入らない・・・」
こんな時に、天井の高さや隙間の奥行きに応じて 思い通りの寸法の家具が作れます。

色や柄も何百種類もありますから、部屋の床やドアに合わせて作れます♪
   ↓

アイカのメラミンHP http://www.aica.co.jp/01items/veneer/directory.php?mode=Ctg02&ctg01=1

「写真2」は本棚を壁一面に造り付けた部屋です!
現場施工ではなく、設計図に合わせて 家具工場で造ってくるので
運び込みの事を考えて4つに分けて製作、取り付けした例です。
壁と天井に直に打ち付けてありますから、転倒の心配がないですよ。
地震で・・・・本は・・・・落ちてきそうですけどねー(><)
扉を付けると、本を探すのが大変になりそうですから一長一短なんです。

「写真3」は階段下の家事室の作業カウンターや食品庫です!!
金額的にですか?? ニトリなどの既製品と比べたら・・・オーダー製品ですから高いですm(_ _;)m

2009年06月16日

■豆知識ー108■ 最近の「床の間」

「床の間」の歴史は古く・・・700年以上も前の鎌倉時代にさかのぼると言われてます。

お城や地位の高い邸宅の客間に 掛け軸や絵画、陶器を展示する「座敷飾り」だったみたいです。

明治時代からは一般家庭の客間に造られるようになりはじめ・・・かれこれ130年!!
今現在も和室の象徴として「南向き」もしくは「東向き」に設置しておりますが・・・

平成になってからは、造るお宅は急速に減少してきてますね!

以前書いたのですが、理由は「床の間が減った」のではなく「和室が減った」からです!
  ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/k_sys_1/24496972.html

通常、床の間を設置する場合は「写真1」のカタログから選びます。
大きさが決まったら 次は、床柱、床框の木の種類!・・・そして地袋(下に収納)を造る?・・・等々

主におじいちゃん(施主様のお父さん)のこだわりで決める事が多いですね。
最近は「写真2」の一番シンプルなのが良く出ています♪♪
床柱は白木の絞り丸太で、床框は欅(けやき)でスッキリさせながらも風格有りです^^/

「写真3」・・・・床の間に「モダン仕様??」
   「床の間をモダンにするな~!!」って怒るおじいちゃんもいるかも?(笑)

壁を思いきっり目立つ色にしたり・・・「床柱」や「床框(畳よりも一段高くするカマチ)」は無し!
昔の「座敷飾り」、「床の間」は現代では「ディスプレースペース」へと進化しています!

最近では畳の客間が減って、その代わりにリビングに畳コーナーが増えてますから
雛人形、五月人形はもちろん・・・お花や模型を飾って楽む空間にいかがですか♪