狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川の工務店・建築システム

工事中物件

  1. トップ
  2. 工事中物件
  3. 駿河区八幡1丁目 K様邸 新築現場ー44  【現実的】?・・・それとも【視覚のゆとり】?
2016年08月06日

駿河区八幡1丁目 K様邸 新築現場ー44  【現実的】?・・・それとも【視覚のゆとり】?

外構工事、
駐車場の舗装コンクリートが固まりました。
歩道から玄関まで 通路が13mもあるので
普通車で2台、 軽自動車なら3台も駐車できるスペースです。
タイヤが通るところはコンクリにして その他は砂利を敷く工夫にしてみました♪

「写真2」玄関ドア開けた時の ホールの写真。 皆さん玄関収納庫は
「出来る限りたくさん確保したい! デッドスペースがあれば靴を入れたい」と
口を揃えておっしゃいますが・・・
あえての無駄なスペース作ってみました。
私達が提案した吊り戸の靴箱、却下となったのです@o@;/

もしココ(白いライン)に靴箱を設置すれば24足は余分に入ります。
ところが、玄関ホールが その瞬間にただの廊下にしか見えなくなります。

それよりも絵を飾ったり、可愛い置き物を置いて出迎える方が
遥かに心地良い毎日が送れると察して下さったのだと思います♪
【現実的】な収納力だけに目を向けないで 【視覚のゆとり】も大切だと気付かされました。

・・・ 本当のところは・・・?

実際右隣の建物が御実家ですから
「普段使わない靴や小物はそっちに運んでおけば良い」
っていう【現実的】な企みがあっての決断だったんですけどね(笑)