狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

工事中物件 長泉町下土狩・在来2階・ロフト

  1. トップ
  2. 工事中物件
2017年12月14日

長泉町下土狩 M様邸 新築現場 ー5 建物の位置出し作業

望月監督、颯爽と登場。

ウサインボルトのような黄色いシューズ履き、腰にはキビダン・・・間違い!

道具入れを腰からぶらさげて気合満々。

 

今日は建物の建つ位置を敷地に出します。

白いビニール紐で壁芯(外壁の中心線)を明記します。

 

あっ! 防寒着脱いだ  @o@;/   本気モードに突入した合図。

建物の角に五寸釘を打って、それに紐を巻き付けます。

位置出し完了。

外周が外壁の中心線です。 手前の四角いスペースは玄関ポーチの位置。

駐車スペースにトラック入れてみました。 ここには普通車と軽を並べる予定です。

お施主様ご家族には、一度現地で出し入れの広さの確認して頂ければと思います。

駐車する時は、前面道路の幅によっても違いが出ます。

駐車場の奥行チェック。

トラックをいれても道路にはみ出してないので大丈夫そうです。

後ろのブロックにぶつからないように、完成したら車止めのコンクリを据え付けたいですね。

2017年12月11日

長泉町下土狩 M様邸 新築現場 ー4 古い水道管破裂させてm(_ _;)m

スクリューポインター。

まさしく『やり投げ』の棒の様で、先端が鋭いです。

やりって漢字書けます? 辞書調べると『槍』

『槍』:刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。

 

 

これを機械にセットして 沈んでいく毎、上部に鉄管を継ぎ足しながら回していきます

貫入試験スタート♪

 

 

建物南東の角の調査を始めましたら・・・

地中からボコボコと水が噴き出してきました。

湧水ではありません。既存住宅のある時に使用されていた水道管を傷めてしまいました。

解体後は更地になっており配管図も無かった事もあり接触してしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

確率的に宝くじが当たるくらい珍しいかもしれません。(※下3ケタ1万円の1/1000位)

道路脇に止水便がありましたので、固く締めてすぐに止まりました。

実はこの水道管自体が古いので 新築にあたっては道路の本管から引き込み直す指導が水道部から出ており、

破裂した管は切断する予定の物でしたので大事に至りませんでした。

 

 

心配していた地盤強度の速報がメールで届きました。

硬いです。

通常は深さ5~7m位まで貫入してデーターが獲れますが、

今回2m程で測定不可能となりました。

2m→2.19mまでの19cm進むのに スクリューを868回も半回転させてます。

 

今回設計上の計算では地盤強度20Kn/㎡以上は欲しい案件。

(※20Kn/㎡とは1m×1mの地面で2000Kg(2t)は耐えられる地耐力)

結果を観ると地表面から73・49・39・120・120という結果ですから

標準のベタ基礎で大丈夫と判定が出ました。

2017年12月11日

長泉町下土狩 M様邸 新築現場 ー3 地盤調査開始!

地盤調査を行います。

ワンボックスから小型の耕運機のような機械を降ろしています。

見た目は耕運機でも地面を耕す訳ではないです。

 

 

試験方法はスウェーデン式サウンディングです。

写真の棒(スクリューポインター)を油圧シリンダーで回転しながら貫入して計測。

重さ100Kgの負荷を掛けながら回し、25cm地中に沈むまでに 何回回転したか? を測定します。

一昔前の手動(重りを乗せて手で回す)ですと、「たまたま大きめの石に当たると数値に誤差が出る」て事もありましたが、今は誤差は殆どありません。

 

 

通常建物の四隅と、中心部分の合計5ヵ所を調査する事で

極端に軟弱なカ所が存在してないか? 平均的地盤強度は?等を調べます。

2017年12月08日

長泉町下土狩 M様邸 新築現場 ー2 TOTOさんで水まわり設備確認

工事着工の前に準備しておくことの一つ、水まわり設備決め!

今日はTOTOさん沼津ショールームで実物を見て頂いてます。

『キッチン』と一言でいっても10項目以上決める事あります。

家具みたいに展示している物を『コレ!」っていうのではなく、オプション含め注文してから作ります。

例えばキッチン全体の長さとか天板の高さ・素材・色・蛇口・浄水器・コンロのメーカー・換気扇・食器洗い機・キャビネットの色・キッチンパネル等々……

最初に「決める事10以上ある」と書いてしまったので、本当にそんなにあるか? 心配になっています。

次にお風呂。

これは「百聞は一見にしかず」ではなく「百見は一浸かにしかず」

お風呂の事は100回聞くよりも 100回見るよりも 実際に浸かった方が分かるよ♪  ってことわざです。

 

御主人は背中が曲線になってて湯量たっぷり浴槽を試してます。

壁がシックで高級感ありますね。

 

 

こちら、奥さんのタイプは浴槽が角型です。

中の壁も白を基調にした明るい、清潔感のある雰囲気♪

 

 

トイレの御説明。

「今のトイレは縁に溝が無いので 汚れが付きにくいし ブラッシングも簡単・・・」って

アドバイザーさんが言いながら 実際に縁を触るんですよ~~~。

確かに展示品で誰も使ってないから触っても大丈夫なんでしょうが

私はどうしても抵抗あるんです。。。 頭の切り替えができなくて・・・

分かっちゃ~いるけど 素手で触るの勇気がいります(笑)

お風呂の色決め。

浴槽の形や色、壁と床など 実際と同じ素材のミニチュアで決めていきます。

完成です!

これで決定ではないです。 とりあえず今日の時点で候補を決めておいて

最終的には注文する前に最終打合せを行います♪

2017年11月29日

長泉町下土狩 M様邸 新築現場 ー1 工事スタートは2月上旬となります♪ 

完成したばかりの沼津営業所で、新しい御契約をいただきました。

着工は年明け2月スタート♪

敷地は24坪で細長い形ですが、東と北側の二方向道路。

西側の樹木が繁ってる所は公園ですから三方向視界が広がります。

まだ間取りの修正があるので最終決定ではないですが、外観イメージ案が出来てきました。

これから窓や外壁の色などを決めていきます。

公園側の境に水路。 結構深いです。

深さが2m以上の高低差がある場所に建築を行う場合には

対処しなければならない法令があるのでチェックが必要→  がけ条例

今回は2mは無かったので大きな問題にはなりませんでした。

逆に…… 上空! 今回の建築にあたり、東電さんやNTTさんの線が干渉しそうで

そちらの対処を現在打合せしております。