狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

工事中物件 駿河区国吉田6丁目・鉄骨2階

  1. トップ
  2. 工事中物件
2017年12月14日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-23 垂直の精度にこだわる!

今回鉄骨の柱は4本で建築します。

その位置に柱脚ベースのアンカーのをセット。

写真で見ると鉄板のカバーが被せてある部分になります。

 

 

ベースパックと言って柱の根元を固定する金物。

 

柱の根元が傾いていたらどうなると思います?

基礎の部分でもしも5ミリの狂いがあれば、家の一番上では10cm以上も斜めっしまう事になります@o@;/

誤差を極限まで0にするために下げ振り(垂直を見る道具)を3個同時に吊るして

検査しています。➡  下げ振り

 

この鉄板の位置に柱が建ちます。

プレートはアンカーがブレない為の養生なので、鉄骨が建つ日に撤去。

2017年12月14日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-22 柱脚ベースプレートセット

捨てコンクリートに墨出し。

基礎の大きさや、柱の中心に正確な線を引く事です。

 

 

次に杭の頭に鉄筋を溶接します。

これから作る基礎は建物の重さを支えるので、その基礎本体が

しっかり杭に荷重を委ねるためには、杭に溶接した鉄筋と基礎がしっかり絡み合わせる事が大事です。

 

 

溶接完了。ここに基礎本体の鉄筋を組み上げます。

 

次に鉄筋の親分的な存在の太いアンカーが出現。

柱脚ベースと言いまして、鉄骨の柱をボルトで締め付ける骨格となります。

傾きが出ないように水平器を使いながらセットしていきます。

位置が確定したら、架台のアングルを固定。

2017年12月11日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-21 コンクリートの流し込み

杭の頭が4本見えています。

ここに正方形の基礎を造って、鉄骨の柱を建てるのですが 木造とは基礎の造り方が全然違います。

木造はベタ基礎といって、建物の建つ位置全てを掘ってコンクリートをベタ~っと

流し込んで造りますが、鉄骨の場合は独立基礎になります。

柱の真下に強烈な荷重が掛るので、そこを集中的に頑固な基礎を造るのです。

 

この写真はアップ過ぎてドコ部分の何なのか? 分からないですねー

ココの写真でした。

コンクリートミキサー車から、中身をポンプ車に入れ替えている作業。

ポンプ車はコンクリを流し込む所に ホースで圧送してピンポイントに送り込みます。

綺麗に完成♪

ところが、これはまだ基礎ではありません。

建物を支える基礎は、杭の上にこれから造るので まだ準備段階。

鉄筋を組む上で、土の上では高さや水平制度が狂うので 墨出しの線が引ける様に舗装したのです。

職人さん達は『捨てコン』とも呼んでます。

独立基礎同士を繋ぐ基礎も造ります。

これを地中梁と言いますが、大きな地震で柱や外壁が揺れた時に、地面の中で基礎がバラバラだと建物がねじれる様に変形してしまう。

それを防ぐ為には 柱の下にある独立基礎を繋げて一体化させる工事が必要です。

2017年12月11日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-20 基礎工事の掘削スタート

本格的に基礎工事が始まります。

今日は鉄骨の柱が建つ部分の真下に作る『独立基礎』の制作にあたり掘削。

 

 

かなりの残土が出ますので、ダンプに積み込んで処理場に運搬していきます。

 

深さ1.5m程まで掘り下げると、先日打ち込んだ鋼管杭の頭が出てきました。

この上に鉄筋を組んでいきます。

砕石工事。

基礎の底面部分は土ではなく砕石を敷き詰めて転圧していきます。

2017年12月11日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-19 敷地の四方に『さば土』埋設

今日はI様御家族の御要望で『さば土』を埋設します。

花崗岩が風化してできる土で学校グラウンド用、芝生の目土などに使われます。

真砂土(まさど)とも呼ばれていて水捌けが良く庭にも適しています。

 

愛知県新城産のさば土を4トンダンプで2台搬入しました。

 

敷地の四方をショベルカーで縦横1m程の穴を掘って、そこに埋設。

 

ある程度入ったところで押し固めながら納めていきます。

 

四方に埋設完了しました。

土地の角を、さば土で固める事でこの土地の神様に新しい建物を建てる御報告と

水捌けを促進させ建物を末永く守っていただく作業です。

これでいよいよ、基礎の鉄筋を組む作業に取り掛かります。

2017年12月06日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-18 鋼管スクリューパイル、14本打ち込み完了♪

写真見ると、作業員の方が杭を持っているように見えますが、違います。

そんな怪力の人はいません!

吊し上げた時の反動で、重機に激突して破損しない様に 振れを抑える程度に・・・ しがみついているだけです。

 

 

杭の位置、最終確認。

基礎の施工図と狂いがないようにチェックしてから施工します。

杭の先端に歯が付いているので、ドリルの様に回しながら捻じ込むのですが、

ガリガリという地響きのような音と震動が足に伝わってきます。

 

オーガの杭打機で鋼管を回転させながら 下向きに圧を掛けていきます。

 

 

鈴木部長!

打設完了の【了】が【3】になっています。。。

 

 

杭の施工後は、ショベルカーで掘削して頭を出します。

そもそも杭は当初の予定より 30~70センチ程長い製品を用意して施工しましたから

基礎を造る高さの所で、バーナーで焼き切って切断します。

短過ぎて硬い地層まで届かないよりも、長い物を打ち込んで切る方が遥かに効率的で安心です。

 

 

切断完了! これから杭にフタをします。

2017年12月06日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-17 サンダーバード世代だったとは・・・@o@;/

現場監督から『今から杭打ちです』とスタッフ共通のLINEグループに写真届く。

それを見たウチの経理の女性(名前は伏せておきます)が……

「これって~~」

 

「サンダーバードで出て来たドリルの兵器みたい!@o@;/」と言うではないか!!

えっ? 五十嵐さんってサンダーバード世代なん?@o@;/    むしろそっちの方が驚き。

ごめんなさい。名前書いちゃってるし=== m(_ _;)m

 

 

鋼管スクリューパイルの打ち込みが始まります。

長さは4.3mを6本と 4.7mが8本の、合計14施工の予定♪

なのにっ! 実際は全部5mの杭が搬入されているんです。 間違えちゃったのだろうか?@o@;/

 

わざと長い杭を運び込んでいます。 設計上の構造計算では4.3~4.7mですが

実際に現場で施工してみて 軟弱地盤が予定よりも深くて長さが足りなかったら大事件!

そうならないように眺めの杭を用意して硬い支持地盤に確実に打ち込む作戦!

サンダーバードのジェットモグラ作戦とでも名付けましょうか?(笑)

 

 

まずはワイヤーを使ってオーガで持ち上げて建てます。

 

 

スクリューを下に向けてセットしたら、回転を与えて地中に捻じ込んでいきます。

先行の下穴などは一切空けずに、一発勝負!

2017年12月04日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-16 メダルじゃない? だったら円盤?

今日、杭工事が始まると聞いていたので……

カメラの充電満タンにして意気込んで向かったのですが、現場はシーンと静まり返ている。

黒い棒状の物が置いてあるだけでした。。。

 

 

私の心、ドンヨリですが 空も同じくドンヨリで 富士山も霞んでいます(笑)

 

えっ? 今日は鋼管スクリューパイルの搬入だけ?

施行は明日、明後日の予定になん?@o@;/

 

ホワイトボードには 杭工事4・5・6日と書いてあったので

それを早合点した私が悪い訳で、確かに「今日、打ち込み作業する」とは誰も言ってなかった。

 

太くて、肉厚な鉄骨パイル 全部で14本搬入されています。

長さは4.3mが6本。 4.7mが8本。

これは独立基礎の底盤の深さで微妙に長さを調整して製作してあります。

ただの円柱の管だと地中深くまでスムーズに入らないでの、先端に円状のスクリューが溶接されてます。

途中に切れ目と段差を付けてあるので、これを回すと地面を噛み砕いて入り込む仕組み。

 

近くに14個。 東京オリンピックのメダル?

 

に、しては大き過ぎです。 手のひらより大きい@o@;/

 

持ち上げようとしたらメチャメチャ重い。片手じゃ~ 手首折れそう……

陸上競技の円盤投げで投げるヤツだろうか?

 

これは鋼管杭のフタでした。 杭の打ち込みが終了したら その上に基礎を造りますが 湿気や水が管の中に入らない様に これを被せて溶接します。

その後、このフタに基礎の鉄筋を絡ませて溶接固定もできるのです。

2017年11月24日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-15 完成予想模型ができました♪

2017年10月17日

駿河区国吉田6丁目 Ⅰ様邸 新築現場-11 ジャンバー買ったぞ~記念の写真?

お天気はパラパラ雨降っていますが、
今日は大安・吉日! 地鎮祭を開催します。

大安だからなのでしょうか?
「写真1」こちらの分譲地専用の電柱、中部電力さんが建て下さってます。

「写真2」道路と敷地の高さを調べています。
駐車スペースへの乗り入れスロープの高低差チェック。

「写真3」防寒ジャンバー! 会社でおそろ買い。
雨も弾くし、パーカーも着いてるので カッパの役割も果たします。

今日の地鎮祭はスタッフ4名参加。
じゃぁ~ シャッターは誰が押しているか? 気になる?
もちろん・・・ 神主様(笑) お施主様がいらっしゃる前に撮らないと!
こんなふざけた記念写真撮るとこ 見られたくないですからね @o@;/

2017/10/17 makita

1 / 3123