狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

工事中物件 清水区船越南・在来2階

  1. トップ
  2. 工事中物件
2018年04月19日

静岡市清水区船越南 Y様邸新築現場-2 深さ2.5m、柱状改良工事

先日の地盤調査の結果から基礎の下の地盤を補強する

工事が必要という判定が出ました。

調査ポイントも1カ所だけでなく、5~6カ所行って

全てのデーターを解析して この土地の傾向を判定します。

調査は先が尖った鉄管を挿入(100kの荷重)していきますが

深さ

25cmまでは【ゆっくり】

50cmまで【ストン】

その先75cm~2.25mまでは【じんわり】

2.5mからは【ジャリジャリ】

3.25mから下へは【ガリガリ】

これは見た目の感じを表現とした、報告書に載っています。

実際はスクリューの回転数で強度が算出されますから

雰囲気だけで測定している訳ではないので御安心下さいm(_ _;)m

補強工事は柱状改良という工法を採用します。

粘土質の緩い2.5mまでの地層にオーガーという機械で穴を空け

そこへセメントミルク(固化材)を注入して攪拌(かくはん)

直径は50cm、深さ2.5mを27本打ち込んで 建物の荷重を

硬い地盤へと直接伝える手法をとります。 蒔田

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報  松澤ファンクラブ

2018年04月16日

静岡市清水区船越南 Y様邸新築現場-1 地盤調査を行っています

来月着工のY様のお宅。

土地の売買契約が済んだところで、地盤調査開始です。

事前に建物の建つ位置に白いビニール紐で囲っておきました。

これを目印に建物の四方&ド真ん中、 合計5カ所調査します。

スウェーデン式サウンディング調査です。

先の尖った鉄管を油圧シリンダーで回転させて貫入。
重さ100Kgの負荷を掛けながら回し、25cm地中に沈むまでに
何回半回転したか?
その値が地盤強度の数値となって表されます。

その場で解析され、デジタル表示で値が数値化されます。

さすが鈴木監督、リアルタイムのモニターを撮影してくれました♪

 

照かって・・・ 全然読めない。

レシート式に出て来る方が鮮明でした。

地表から深さ25cm間隔で地盤の強度が表示されて出てきます。 蒔田

※限られた敷地を徹底攻略する、狭小住宅専門(株)建築システムのおすすめ情報

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報  松澤ファンクラブ