狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

工事中物件 葵区音羽町・2×4 ・3階

  1. トップ
  2. 工事中物件
2018年02月21日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-13 基礎の鉄筋、無駄使いしてないかい?

ベタ基礎の鉄筋組みが進んでいます。 まだ途中経過ですけど写真撮っておきましょう♪

なーんか鉄筋の量というか本数! ただ事ではないです。

5階建ての鉄筋コンクリートマンションでも建てる?ような勢い。

間違えてないか? 図面と照らし合わせて確認したくなるくらい頑固な基礎。

通常の木造2階建てだと20cm間隔で格子状に組みますが、

10cm間隔に狭めて配筋したので鉄筋の本数、いつもの2倍使っています。

音羽町が地盤が緩かった事もありますが、もう一つの要素としては

5m×6m程のコンパクト設計(30㎡で9坪)だからです。

狭い建て坪でありながら3階建てともなると、上の重さがピンポイントに近い状態で基礎と地盤に負担が集中。

砂浜でイスから飛び降りるとして、立った姿勢で足の裏から着地するのと お尻で着地するのとの面積の違いを想像してみてください。

当然足の裏で着地した方が面積が小さいから砂への衝撃や凹み具合が大きくなります。

それを想定しての基礎の深さや鉄筋の量、コンクリートの厚みとして表れてきます。

基礎だけでなく建物本体の構造なども間取りが決まった段階で緻密な構造計算をして

鉄筋の量や木材の太さ、本数も割り出されてきますから現場ごと違いがでます。

2018年02月19日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-12 ベタ基礎の型枠&鉄筋工事が始まります

鉄筋がトラックで運ばれて来ました。

金丸工業さん(基礎工事店)が注文して届きました。

私達、建築システムが注文してない事、バレてしまいましたねー。

ヤバイかな? 編集で消しておきましょうか?(笑)

実は基礎の中に組み込む鉄筋、太さ・長さ等の設計図は当社が書いて構造計算してますが

鉄筋そのものを鋼材屋さんに注文するのは基礎屋さんに任せてます。

何故か?

天気の様子で搬入時間を遅らせるとか、先に持ってきてもらいたい太さの連絡、

現場で足りなかったり、余り過ぎて倉庫に持ち帰るだとか・・・

職人さんが現場の状況に合わせてダイレクトに注文させているという事です。

水道工事の配管や 電気屋さんの電線も全て職人さん管理です。

鉄筋の固定は針金で一本一本結束させていきます。

一カ所固定する速さ3~4秒ですクルクル~~~って縛っています。

そんな事無理だ? 疑うだったらこの動画見て下さいよ→ 縛る動画

 

縛る動画って・・・  いかがわしそぉぉぉ~~

写真の黄色い型枠のベニヤの型枠が建物の外周部です。

2018年02月19日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-11 ランマの次は防湿シート工事

地盤を硬くするために、土の上に砕石を敷き詰めてからランマで突き固めます。

『ランマ』なのか『ランマー』と延ばすのか? 永遠のテーマです。

綴りはRammer ですから延ばしたくなるのですが、

ウィキペディアで調べると→ ランマ になってる。

高さの調整と締固めが完了した所で防水シートで覆います。

地盤の湿気やシロアリが上がって来ないようにシャットアウト!

このシートを抑え込むためにコンクリートを流し込みます。

このコンクリの事を『捨てコン』と言います。

実はシートが動かないように抑えるというよりも、これから基礎の位置を決める

『墨出し』を行いますが土には墨で線が書けないのでコンクリを敷きました。

ですから薄く必要な場所だけに 捨てるように使うコンクリだから『捨てコン』

捨てコンが固まったら、次は型枠と鉄筋組みの作業に取り掛かります。蒔田

2018年02月15日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-10 ベタ基礎工事が本格スタート♪

基礎の位置出しと高さが決まったので、いよいよ基礎工事。

要らない表面の土を削り取ってダンプで搬出。

地中から出てきました。

お宝? 財宝とかではありません。 先日の柱状改良工事の杭頭。

地盤強度を強くした25カ所、直径50cmのコンクリ柱の上にベタ基礎を造ります。

傷めない様、丁寧に掘り出して周囲の土も鋤取ります。

その周りに砕石(岩を砕いた硬い石)を敷き詰めて表面を固めます。

緩かった表層の土を砕石に入れ替えたところで、ランマーという転圧機で突き固めます。

重さは70~80キロで、ガソリンで動きますが、ジャンプします。

しっかり手で押さえてないとあっちこっちに暴れます。

80キロなら私がここでジャンプするのと同じ? ただ私は20回も飛んだら疲れてます。蒔田

2018年02月15日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-9 ショベルカーで作業開始!

ちょっとコンパクトなショベルカーを搬入して工事スタート。

何故…… 耕運機クラスの小型重機を入れたのか?

予算が無いから経費節減とか!? ではありませんから@o@;/

狭小敷地での建築の場合、これ以上大きな機械を入れたら

掘った残土をダンプに積み込みたくても、自分の腕が長すぎて後ろ向きに旋回できないのです(><;)

それとダンプカーが到着しても重機が大きければダンプが敷地に入る余地もなくなってしまうのです!

今日の掘削は基礎本体を造る作業では掘っていません。

その前段階、高さの基準線の座標とする『棒』を地中に打ち込みたい!

それが目的です。

外周に木枠を組んだら、黄色いナイロン製の糸を建物張って、高さの基準線を出します。

この木枠の事を『水杭』と『水貫』と言い、水平に張った糸を『水糸』と呼びます。
なんで水・水・水言うか? 今なら測量機械が発達していますから、直角や水平を現場で簡単に出せますが
大昔は建物の周りに溝を掘ってグルッと水を入れたそうです。
水は必ず水平になるので、それを基準に基礎や柱の高さを合わせた名残と言われてます。蒔田

2018年02月07日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-8 固化剤注入!

ホースでスクリューに固化材を流し込みながら掘り進めます。

直径50センチの柱状にくり抜き、セメントを混ぜて攪拌!(かくはん)

簡単に言うと地中に深さ2mのコンクリートの柱を作る感覚。

何回か抜き差ししながらまんべんなく地盤を固く改良していきます。

改良土のサンプル採取。

固まったら、筒から取り出して強度検査を行います。

破壊機にかけて圧し潰す試験で、規定の強度に達している事を確認する為です。

太さ(直径)50cm、深さ2mまで全部で25本打ち込みました。

それぞれに地表からの高さを色分けしてあります。

基礎の形状や深さに合わせて、地表から10~35cmの高低差を付けます。

蒔田

2018年02月07日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-7 地盤改良工事が始まります♪

S様邸新築現場-7 地盤改良工事が始まります♪

・・・・↑

『♪』の意味が分からない とか 要らないんじゃない? とよく御指摘がありますが

「さぁ~! 今から始まるよー 頑張ろうぜ」感を伝えたいだけなんです。

だから目を瞑って下さい。

地盤を固める固化材が袋に入って運ばれてきました。

これを、トラックに積んだプラントに入れて、水で練り込みます。

この重機はオーガーと言って、柱状改良工事を行います。

柱状とは『軟弱地盤の中に柱の形で強度を強くする工法』

直径50cmの太さで、深さ2mまで25本地盤を固めます。

このスクリューで地面を円形に削りながら掘り進まめる・・・【歯】です。

スクリューの先端に、黒いゴムのキャップ。

これ、手で引っ張ると開きます。

先程練ったセメントの固化材をホースでスクリューと繋いで

先端から噴き出させる噴射口です。蒔田

2018年02月05日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-6  着工の合図、地鎮祭を催行いたしました♪

朝10時より地鎮祭という事で、9時過ぎから準備です。

寒い時期ではありますが、風がないので日向にいれば大丈夫♪

祭壇にお供えして、パイプ椅子の準備も万端です。

着工前の敷地の写真。このカメラアングルに御注目下さい。

完成したら同じ位置から建物を撮りますが、私のイメージとしては

このくらい(白い線)が建物の輪郭になると思います。

 

イメージと言っても、テケトーな線ではありません。根拠あります。

何を隠そう【建築一筋35年】の私が経験と英知の結集で思い描いた憶測です。

 

結局憶測かえっ? @o@;/

地鎮祭が始まりました。

穿ち初めの儀(うがちぞめ)
鍬(くわ)で砂山を崩して 地業の始まりを 地の神様に報告するのはお施主様の役割です。

パパに引き続き、りん君も挑戦しましょう!

一人だとまだ恥ずかしいので、ママが助っ人やってくれました。

今日はマイホーム新築着工のおめでたい式典ですから

御主人の御両親も駆け付けて見守ってくださいました。

寒い中ありがとうございますm(_ _;)m

工事の安全と御家族の御多幸を祈念して乾杯♪ 蒔田

2018年01月11日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-5 りん君に妹ができました♪

Sさまのお宅、今年はおめでた続きの年になりますね。

新居の新築計画中に、お二人目のお子さん誕生♪ おめでとうございます ^o^/

1月7日の早朝、病院に着いてから2時間半のスピード出産で安産だったそうです。

 

お兄ちゃんが優しく抱っこしています!

もうりん君ママに甘えてられないですね、

これからは「お兄ちゃんなんだから~!」って言われると思うよ!(笑)

 

 

この書類、 今週提出します。 出産届けではないです。

これは建築確認申請書に添付する構造計算書。

めちゃ厚いです。 上から撮っても分からない?

設計の和田が厚みを公開!

紙がダラ~ンって広がってるので、これは誇大表現ですよね。

手元で束ねてる辺りがホントの量です。

2017年12月05日

静岡市葵区音羽町 S様邸新築現場-4  敷地15坪に3LDK+駐車スペース

新居が完成しました♪

正確に言うと・・・新居の完成予想模型の完成でしたm(_ _;)m

建物正面の幅は5.2mですから、右側に玄関 左側をビルトインガレージとすることができました。

3階建てですから凄く大きな建物になります!

凄く大きいと書きましたが・・・ 実は敷地50㎡(15坪)

土地だけ見た時は 駐車スペースを確保しながら3LDKで暮らせるのだろうか?と

心配になるかもしれませんが、実際は大丈夫です。

 

メインの生活を2階にします。

キッチン→ダイニング→リビング→お風呂→洗面、洗濯室→バルコニーで干す→トイレまであるので

家事動線は超最短で効率よく時短生活が可能になるのです。

もちろん寝る時は1階に寝室、3階に子供部屋2つ。 ウォークインINクローゼットも2カ所完備してあります♪