狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

施工実績

  1. トップ
  2. 施工実績
2017年07月31日

モダンビンテージにこだわったブラックメタルの3階建て

2階がLDK。こんなにシンプルで洗練されたくつろぎスペースが実現できた理由は、衣装は衣装部屋へ、使わない生活用品はロフト収納に詰め込めるからである。生活感を排除し、大好きな家具に囲まれた空間で暮らすスタイル。計画当初から思い描いていた暮しがそのままカタチとなった。

工事中の様子はコチラ

キッチンに黒い壁。この色を選択された時に一見「邪道では?」と喉まで出掛かった瞬間が今でも記憶にある。ところが、ステンレスのエッジが効いたシンク・冷蔵庫との相性を考えると・・・なるほど、ブラックに勝るコーディネートは見当たらない。

カラフルなカーペットのお部屋は姉妹のプレイルーム。こんなに楽しめるお部屋だと夜になってもなかなか眠れないのでは?大好きなキャラクターとウォールステッカーに囲まれ朝の目覚めもウキウキ気分。

浴室のドアが透明? 実は洗面、脱衣スペースに鍵をかけれれば、この空間は全て独り占め。通常自宅のお風呂では体感できるはずのない開放感が広がる入浴タイム。

驚きのシューズクローク。クロークと呼ぶのは間違えかもしれない。扉が無いのだ。ドアを開けると最初に目に飛び込んで来る、いわばインテリアの一部になった。毎日のお出掛けが楽しくなるシューズコレクションルームと呼びたい。

木造の家に鉄骨の階段。この意外性は不思議なくらいカッコイイ。段板の隙間から光が差し込む事で、空中散歩をしている錯覚すら覚えた感動が忘れられない。外壁・サッシ・階段の金属トリオが全てブラックに統一される事は、一体いつの時点で構想ができていたのだろうか?

ブラックメタリック色のガルバリウム鋼板。この無機質な冷ややかさとウッド調のポーチ・玄関ドアの組み合わせが絶妙なバランスの外観を醸 し出す。天候や時間帯で表情が変わる不思議な建物だ。キュービックスタイルの中はどうなっているのか、興味をそそられる。

大満足です。こだわりの鉄骨階段とスケルトン構造が実際に完成して暮らしてみると・・・無駄を削ぎ落としたエッジデザインも実現でき、毎日感動しながら暮らしています。床の色に合わせた家具選びや、キッチンに揃える冷蔵庫選びなど、完成してからの買い物が沢山ありましたが楽しかったです。

2017年07月31日

塗り壁の優しい風合いに囲まれたかわいい住まい

和のテイストが感じられる優しいベージュの塗装が落ち着いた雰囲気である。玄関ドアはお施主様こだわりのフルハイドドアだ。
工事中の様子はコチラ

スケルトン階段にしたことで空間の広がりが倍増。なんといっても各部屋まで土間になっているのが特徴。

玄関横のシュークローゼットと傘などの収納スペースは壁紙で遊び心を演出し、鏡も設置して狭い空間を有効に活用した。

ツートンカラーのクロスを選んだトイレは清潔感があり、アンティーク調のペーパーホルダーとタオルハンガー、鏡が主張しすぎず個性的だ。

足元の明かり窓と玄関横のビビットカラーのクロスがアクセントとなっている。

すっきり収納された玄関ホールにはセンスのいい植物や小物が置かれている。

日光をたっぷり取り込んだ明るいリビング。周りの建物の位置に合わせて窓の高さも調整した。入口のドアも全面ガラスで採光と空間演出の工夫した。

2017年07月31日

バレエ教室兼用住宅でヨーロピアンスタイルの暮らし

素敵な外観のバレエスタジオ兼用住宅。スタジオ入口の外壁だけ優しいレンガ調にして気品を醸し出した。夕暮れ時、照明が輝くともうワンランクゴージャスで優雅な雰囲気に。
工事中の様子はコチラ

リビング天井は折り上げで天井を一部分高くし、変化がついてデザイン性もアップ。出入り口ドアが6カ所。右から「洗面&トイレ」・「食品庫」・ 「物入れ」・「階段ホール」・「子ども室」・「寝室」。 LDKを中心に移動が簡単に、生活動線が最短になるように設計した。

優雅で、指の先まで使って感情を表現する細やかさには見惚れてしまう。

リビングの大開口は一般の窓の倍で明るくて開放感抜群。大きなサッシの向こうにはカフェテラス調のバルコニーを設けた。対面キッチンで家事をしながらご主人や娘さんと会話ができる生活スタイル。

バレエスタジオは鏡張り。部屋の広さが4倍に広がって見える。『エアリアルヨガ』の器具を吊るす為、天井の工事はとても繊細。大きな梁を4本追加で設置。大きな荷重がかかる為、2階床面の構造躯体に負荷をかけない工夫をした。

洗面脱衣室は淡い紫色で可愛らしい空間。

リビングのダイニングテーブルもホワイトで統一した。

トイレや洗面の壁紙や照明も、思い切って個性を出し、自分色に染めた。

子どものお部屋はブルーの壁紙でコーディネート

購入した土地が旗竿形で道路から奥まっており幅の狭い道路という条件の悪い所でしたが、さすが狭小の匠。なんなく工事が進んでいきました。一生に一度の大きな買い物なので、業者選びやデザインにこだわりすぎて疲れました(笑)その中で全ての夢を盛り込んだマイホームが完成して大満足で暮らしております。

2017年07月31日

22坪の敷地に要望をすべて詰め込んだ二世帯住宅

22坪の狭小地に夢の詰まった二世帯住宅。狭小の匠技の見せ所満載。ビルトイン式ガレージで雨の日も車の乗り降りに傘いらず。狭小地にも車2台の駐車スペースを確保。
工事中の様子はコチラ

二世帯のため、玄関ドアも2つ設置。真っ赤なポストが目をひく。都市型シンプルデザイン

20帖のLDKに入るとまず目に飛び込んでくる赤い照明はお施主様こだわりのものを設置。階段室入口の壁をアーチ型にして柔らかいイメージの空間を演出。踏板をダークブラウンにしたことで、白を基調としたフロアにアクセントをプラス

階段室には、ステンドグラスを埋め込んでアクセントに。塗壁調の壁面がプロバンスの雰囲気を醸し出している

リビングに小上がりの畳スペース3.5帖。休日の午後、座布団を枕にゴロゴロするスペースがあると寛げると好評

寝室に屋根裏収納庫を設け、普段めったに使わないものはたっぷり収納しておける

3階の子供部屋はとても明るく開放的。テスト勉強もはかどる

すっきりシンプルな浴室洗面脱衣所には可愛らしい照明を選んだ。壁付け扇風機でお風呂上がりのジメジメや火照りもすっきり

システムさんにお願いする前からインターネットでHPを拝見し、色々な家のアイデアや間取りを研究していました。正直22坪で車2台あって二世帯で暮らせるのか?半信半疑でした。工事が進み、現実のものになった時は感動でした。これからは新築当初のまま長く住まえる様にお掃除片付けを頑張ろうと思います。

2017年07月31日

機能性と無垢の温もりを兼ね備えた2世帯住宅

外壁は優しい色合いのアイボリーと、腰高から下を重厚感ある石目調。
玄関ポーチは暖色のテラコッタ調のタイルを貼り、玄関ドアも木目調で南欧風テイストをプラス
工事中の様子はこちら↓

防臭、除湿できるエコカラットは、ブロックレンガ調の模様でLDKのアクセントとなった

トイレのクロスも腰高から下を木目調にして雰囲気を演出

M様邸のクロスは各部屋ミッキーを使用。よーく見ないとわからないくらいさりげない柄が面白い

浴室はモノトーンでシックな雰囲気。一日の疲れをゆっくり湯船に浸かって癒せる空間だ

ロフト収納は子どもたちの遊び場にもなり、収納力もたっぷり確保できた

設計の段階でお施主さんに渡ししている模型。家族の夢がカタチになった

2017年07月31日

狭小の美学を徹底的に追求したアート作品

【狭小の美学】にこだわり抜いたフォルムに圧倒
工事中の様子はコチラ

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。3階に向かう階段が一体となり吹抜け感がより増大された。

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。その奥には12畳の仕事場で広告デザインの工房である。

12畳の仕事場で広告デザインの工房である

狭い狭いと言うわりにキッチン・洗面・トイレ・洗濯・脱衣・洗濯干し場は全て2階にある。無駄な動線は皆無。

最上階には3室。主寝室と子供部屋2室。 まだ小さいので10年後に2つに仕切れるよう、ドアだけは2枚あるが、当分12畳のままで子供達が入浴後から寝るまでの第二リビングになりそうだ。

狭小地を数多く手がけている事と、打合せしている中で細かな注文も柔軟に対応して頂けると分かり、安心して任せることができました。住んでみての感想は要望が100%満たされた完成度で言うことなしです。自分のこだわりも全て形となり、毎日充実した生活を送っています。幅の狭い土地でも建築システムさんにお願いすれば広くて明るいマイホームが建築可能になりますのであきらめないで!!

2017年07月31日

ビルトインガレージのある住みやすさにこだわった家

高気密高断熱にこだわったご夫婦で暮らす住宅。ビルトインガレージには電動シャッターを設け、家の中から駐車場に入る通路も作り快適に出入りできる。1階南側ウッドデッキは日当り抜群。
工事中の様子はコチラ

玄関ホールと階段室を一体化させた吹き抜けスペースは8畳間くらいの広さに

幅がゆったり広めの玄関スペース。高さを落としたカウンタータイプの靴箱を設置して圧迫感のない空間に

高気密高断熱にこだわったあたたかみのあるリビングは、ご夫婦でくつろげる空間

1階南側ウッドデッキは日当り抜群で雨の日は濡れずに洗濯干しに活躍

ダイニングキッチンは背面収納も設計段階から作り付けでセッティング。食器棚やレンジの使いやすさも考えて配置

2017年07月31日

台形敷地を徹底攻略!表情豊かな空間デザイン

台形敷地にビルトイン駐車スペース3台分確保した3階建住宅。雨の日でも車の乗り降りで濡れる事がない。踏面だけのスケルトン式の階段により階段室の明かりを暗くなりがちな廊下に差込ませる工夫がされている。

リビング脇に畳コーナーをもうけ、琉球畳を使用してカジュアルな雰囲気になった。

階段室の明かりを暗くなりがちな廊下に差し込ませるよう工夫。可愛らしいインテリアを飾って楽しめる。

踏面だけのスケルトン式の階段は慣れないと少し怖いとお施主さん。今は昇り降りを楽しんでいる。

3階サブリビングは間接照明を巧みにあやつって高級感あるお部屋になった。

スケルトンの浴室が目を引く。脱衣室には岩盤浴をするスペースも作り、天窓があるので脱衣室は冬でも明るく暖かい。

ウォークインクローゼットの内部は3方向上下2段で収納が可能に。ファッション好きのお兄ちゃんこだわりの空間。

2017年07月31日

27坪にビルトインガレージ付3階建て6LDK

夜の外観はまた違った印象になった。
工事中の様子はコチラ

3階のLDKは20帖。ねこちゃんがキッチンでいたずらしないように3本引き戸でシャットアウトできる工夫が施されている

2台分のビルトインガレージになっているため玄関ドアは引き戸に。雨に濡れずに乗り降りが可能に。これなら車にぶつかることもなく強風に煽られて怪我する心配もない

明るくカワイイ色のキッチン天板。シンクも人工大理石でお掃除も簡単で、2階のご両親が使用している

高い所から降りてきてそろそろご飯をおねだりする時間

27坪の狭小敷地で3世帯5人家族がそれぞれの部屋を確保する事ができた。車2台分のビルトインガレージを必要とする為、玄関のドアは引き戸を採用し、使いやすさを優先する設計となっている。

2017年07月31日

スタイリッシュな外観の理髪店『ハンズ』さん

1階で理髪店を経営し、2階と3階で暮らす家が完成。シルバーのガルバリウム鋼板でアーチ型にデザインし、シャープでモダンな外観に仕上がった。玄関上に3階まで続く10mの吹き抜けは開放感抜群です。

工事中の様子はコチラ

北側のキッチンにはトップライトを2つ設けたため、十分に明るく暮らせ照明いらず。

3階から見下ろした吹き抜けは圧巻です。3階にいても子供達が帰ってきた気配に気づけるというのも嬉しい。

店舗内の様子。カット台3つとマッサージチェアも配置しました。
正方形の窓をたくさん配置する事で店内が明るくなりました。お客様が眩しくならない工夫もされている。

白色を基調にして清潔感開放感明るさを最大限に発揮した。

子供部屋12畳は2本引き戸で簡単に仕切ることができます。妹が寂しがったときはお兄ちゃんが手をつないで寝ている。