狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

施工実績

  1. トップ
  2. 施工実績
2017年12月11日

間口4mに建つヴィンテージスタイル3階建て住宅

幅4m、奥行き10mの土地にブラックガルバリウムの外壁が重厚な存在感を漂わせる3階建て住宅が完成。

道路側からみると四角のBOX型のビルのような風格。
ところが実際は屋根があるのです。ちゃんと奥で勾配を付けた片流れ屋根。

サッシや電気メーター器カバーもブラックで統一♪

これらブラックを基調にしながらも、玄関ドアとバルコーニー内部を木目デザインのアクセントで一層モダンヴィンテージ感が溢れる外観となった。

工事中の様子はコチラ

 

 

床材は表面を塗装したパインの無垢材です。

シックなモダン調なこげ茶で仕上げました。

実は木造住宅でありながら、階段の軸は鉄骨を使用してハイブリッドデザインで開放感を演出。

 

 

『ウォークイン・シューズクローク』と命名しましょう♪
靴だけでなく、ベビーカーやキャンプ用品、カッパやヘルメットなど
なんでも収納できる大容量スペース。棚も可動式なので使いやすい。

 

 

階段を上がってくると、そこがLDKそのままリビングに!
3階の部屋に行く時は、キッチンの脇から上がります。

この暮らし方、【リビング階段】と呼びます。
子供さんが友達を連れてきても、直接部屋に行けない間取り。
お母さんのいるリビングが関所(笑)
また、階段横の壁で塞いでしまうと暗くなるので、
縦格子で落下防を製作。ここに透明ガラスを嵌め込みました。

 

 

LDKで遊ぶお子様達の様子を眺めながら家事ができる対面キッチンを設置。

広いバルコニーにでは家庭菜園なども楽しめそう♪

 

 

キッチンコンロの真ん前の壁には、レトロな雰囲気が感じられるタイルを貼りました。最近では「キッチンパネル」という目地が無く、油汚れがサッと拭ける白い化粧パネルが主流となっており、昔ながらのタイル貼りはあまり見かけなくなりました。
今回はお施主様こだわりのタイル柄は、麻の葉(あさのは)、矢絣 (やがすり)、七宝 (しっぽう)柄を交互に貼り合わせてあります。

 

 

 

リビングの一部を畳コーナーに!
床と揃えるのではなく、一段上がってます。

ちょっと腰を下ろして休んだり、お子様のお昼寝スペースにも重宝しそうです。
畳の下は引き出し収納を設けたことで、お子様のおもちゃをサッとしまうことができたり、座布団なども収納できます。

 

 

寝室の壁は木目を斜めに貼って 遊び心をカタチに♪

外からの目線を遮る意味で 窓の高さを天井に近付けました。

風を入れたい時にはチェーンを引っ張ると開きます。

3階の子供部屋、とりあえず10帖の広さで第二リビング的な使い方で生活できます。

ドアは2カ所設置してあるので、将来は間仕切って2室に別けられます。

お引渡の記念撮影♪

赤ちゃんも生まれて、賑やかな新居生活が始まりますね♪

2017年08月05日

建物間口1.8間(3.4m)狭い暗いを克服した住宅

敷地幅が3.7m。両隣の建物とギリギリとなる工事で、近隣の方々にも協力が必要な工事だった。
重量鉄骨ならではの空間ができ、ゆったり暮らせる間取りが実現した。

引き戸タイプの玄関で、出入りがスムーズ。ガラスも大きくてとっても明るい

間口幅の関係でギリギリではありましたがお施主様念願の対面キッチンが実現

玄関内の土間は広いので自転車3台とベビーカーまでと大収納

廊下の幅を40センチ程広めに造り、そこにズラッと収納が。カタログショッピングの収納を実現

階段は鉄骨です。手すりも格子にしたので閉鎖感がなく明るい

スタイリッシュなダイニングテーブルで記念写真

2017年08月05日

『狭小革命』18坪の土地に5LDKビルトインガレージ3台!

ライトアップすると高級感アップ!

工事中の様子はコチラ

ダイニングカウンターのアール部分は来客時に活躍しそう。2階は冷暖房の効率を考慮して階段と居室の境に透明な仕切りを設けている。

スペースをとるダイニングテーブルは置かず、キッチン前にカウンターを付けおうちカフェ風に。キッチンはシャープな質感をお手入れのしやすさで人気のステンレス製採用。

造作棚の中央にテレビを置き両側はインテリア小物を飾れるスペースに。ロールスクリーンで目隠しもできる。

雨に濡れずに家に入れる人気のインナーガレージは頑丈な門型フレームで補強するため地震にも安心だ。

小屋裏を活用した子供部屋はウォールステッカーで明るくポップな空間に。お絵描きできる黒板シートも設置した。

来客時に靴を履かずにドアを開けられるミニマムな玄関。靴箱はロールスクリーンで目隠しも可能だ。

わずか18坪の敷地に人気のインナーガレージで車2台分の駐車スペースと小屋裏を含めて5LDKの居室を確保。
キッチン前にカウンターを付けておうちカフェ風に。室内は予想を裏切る広さがありゆったりと暮らせそうだ。

吹き抜けになっている3階フリースペース。指し色は鮮やかなレッド。カウンター棚をつけて家族がパソコンや勉強ができるくつろぎスペースになった。

2017年08月04日

必見! 狭小の匠技! 富士山の見える屋上のある家

ご主人が絶対譲れなかったというシルバーのガルバリウムの外壁に、斬新なブルーのアクセントが目を引くお家。ビルトイン式を含めると合計3台車を置くことができる
工事中の様子はこちら

屋上で星空を眺めながらビールを飲みたい!そんなご主人の夢が叶った。富士山や日本平が見渡せるどこまでも続く空は自分だけのもの。友人が集合したらBBQも楽しめる

家族の癒しの空間は、落ち着きのあるシックな色味の家具と建具で揃えられている。階段室にはエアコンの効きを保つために仕切る意味とスタイリッシュさを兼ねてフルハイトの建具を設けた

家族の癒しの空間は、落ち着きのあるシックな色味の家具と建具で揃えられている。階段室にはエアコンの効きを保つために仕切る意味とスタイリッシュさを兼ねてフルハイトの建具を設けた

2階のバルコニーは陽の光をふんだんに採り込み、さらにプライベートな空間も確保。洗濯干しや子供のプールなど周囲の視線を気にすることなく安心して過ごすことが出来る

施主さんが用意したステンドグラスをどこに使うか悩んだ結果、階段室へ設置することに。やわらかな光が漏れ、かわいらしい雰囲気になった

当初家族3人の寝室として利用する設計だったが、将来兄弟ができた時には、真ん中で仕切って2部屋に早替わり。生まれたばかりの子どもの成長が楽しみになる

2017年07月31日

南欧風の優しく機能性を重視した3階建住宅

一角にある3畳の畳コーナー。将来子どもの遊び場やお昼寝に大活躍する事間違いなし。

工事中の様子はコチラ

18畳のLDKは何処にいても日差しが注ぎ、風が通る空間は居心地の良いくつろぎスペースだ。

ソファと壁がリンクする。これもコーディネートの楽しさの一部である。

キッチン、換気扇フード、食器棚、冷蔵庫、清潔感のある白色で統一したため、より一層 開放感が広がった。

トイレの内装でもご夫婦のこだわりが発揮できている。逆にトイレだからこそ!?遊び心と冒険心で思い切った色使いも怖くない。

レンガ調の外壁で南欧風の優しいたたずまい。日当りの良いバルコニーを2階、3階とも配置し、機能性も重視した。

こだわりの多い私達の要望にも一緒になり考えて下さいました。気軽に相談できる関係が良かったです。何社か見て回りましたが、建築システムさんにお願いし、楽しんで家造りで来たので大満足です。

2017年07月31日

モダンビンテージにこだわったブラックメタルの3階建て

2階がLDK。こんなにシンプルで洗練されたくつろぎスペースが実現できた理由は、衣装は衣装部屋へ、使わない生活用品はロフト収納に詰め込めるからである。生活感を排除し、大好きな家具に囲まれた空間で暮らすスタイル。計画当初から思い描いていた暮しがそのままカタチとなった。

工事中の様子はコチラ

キッチンに黒い壁。この色を選択された時に一見「邪道では?」と喉まで出掛かった瞬間が今でも記憶にある。ところが、ステンレスのエッジが効いたシンク・冷蔵庫との相性を考えると・・・なるほど、ブラックに勝るコーディネートは見当たらない。

カラフルなカーペットのお部屋は姉妹のプレイルーム。こんなに楽しめるお部屋だと夜になってもなかなか眠れないのでは?大好きなキャラクターとウォールステッカーに囲まれ朝の目覚めもウキウキ気分。

浴室のドアが透明? 実は洗面、脱衣スペースに鍵をかけれれば、この空間は全て独り占め。通常自宅のお風呂では体感できるはずのない開放感が広がる入浴タイム。

驚きのシューズクローク。クロークと呼ぶのは間違えかもしれない。扉が無いのだ。ドアを開けると最初に目に飛び込んで来る、いわばインテリアの一部になった。毎日のお出掛けが楽しくなるシューズコレクションルームと呼びたい。

木造の家に鉄骨の階段。この意外性は不思議なくらいカッコイイ。段板の隙間から光が差し込む事で、空中散歩をしている錯覚すら覚えた感動が忘れられない。外壁・サッシ・階段の金属トリオが全てブラックに統一される事は、一体いつの時点で構想ができていたのだろうか?

ブラックメタリック色のガルバリウム鋼板。この無機質な冷ややかさとウッド調のポーチ・玄関ドアの組み合わせが絶妙なバランスの外観を醸 し出す。天候や時間帯で表情が変わる不思議な建物だ。キュービックスタイルの中はどうなっているのか、興味をそそられる。

大満足です。こだわりの鉄骨階段とスケルトン構造が実際に完成して暮らしてみると・・・無駄を削ぎ落としたエッジデザインも実現でき、毎日感動しながら暮らしています。床の色に合わせた家具選びや、キッチンに揃える冷蔵庫選びなど、完成してからの買い物が沢山ありましたが楽しかったです。

2017年07月31日

22坪の敷地に要望をすべて詰め込んだ二世帯住宅

22坪の狭小地に夢の詰まった二世帯住宅。狭小の匠技の見せ所満載。ビルトイン式ガレージで雨の日も車の乗り降りに傘いらず。狭小地にも車2台の駐車スペースを確保。
工事中の様子はコチラ

二世帯のため、玄関ドアも2つ設置。真っ赤なポストが目をひく。都市型シンプルデザイン

20帖のLDKに入るとまず目に飛び込んでくる赤い照明はお施主様こだわりのものを設置。階段室入口の壁をアーチ型にして柔らかいイメージの空間を演出。踏板をダークブラウンにしたことで、白を基調としたフロアにアクセントをプラス

階段室には、ステンドグラスを埋め込んでアクセントに。塗壁調の壁面がプロバンスの雰囲気を醸し出している

リビングに小上がりの畳スペース3.5帖。休日の午後、座布団を枕にゴロゴロするスペースがあると寛げると好評

寝室に屋根裏収納庫を設け、普段めったに使わないものはたっぷり収納しておける

3階の子供部屋はとても明るく開放的。テスト勉強もはかどる

すっきりシンプルな浴室洗面脱衣所には可愛らしい照明を選んだ。壁付け扇風機でお風呂上がりのジメジメや火照りもすっきり

システムさんにお願いする前からインターネットでHPを拝見し、色々な家のアイデアや間取りを研究していました。正直22坪で車2台あって二世帯で暮らせるのか?半信半疑でした。工事が進み、現実のものになった時は感動でした。これからは新築当初のまま長く住まえる様にお掃除片付けを頑張ろうと思います。

2017年07月31日

機能性と無垢の温もりを兼ね備えた2世帯住宅

外壁は優しい色合いのアイボリーと、腰高から下を重厚感ある石目調。
玄関ポーチは暖色のテラコッタ調のタイルを貼り、玄関ドアも木目調で南欧風テイストをプラス
工事中の様子はこちら↓

防臭、除湿できるエコカラットは、ブロックレンガ調の模様でLDKのアクセントとなった

トイレのクロスも腰高から下を木目調にして雰囲気を演出

M様邸のクロスは各部屋ミッキーを使用。よーく見ないとわからないくらいさりげない柄が面白い

浴室はモノトーンでシックな雰囲気。一日の疲れをゆっくり湯船に浸かって癒せる空間だ

ロフト収納は子どもたちの遊び場にもなり、収納力もたっぷり確保できた

設計の段階でお施主さんに渡ししている模型。家族の夢がカタチになった

2017年07月31日

狭小の美学を徹底的に追求したアート作品

【狭小の美学】にこだわり抜いたフォルムに圧倒
工事中の様子はコチラ

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。3階に向かう階段が一体となり吹抜け感がより増大された。

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。その奥には12畳の仕事場で広告デザインの工房である。

12畳の仕事場で広告デザインの工房である

狭い狭いと言うわりにキッチン・洗面・トイレ・洗濯・脱衣・洗濯干し場は全て2階にある。無駄な動線は皆無。

最上階には3室。主寝室と子供部屋2室。 まだ小さいので10年後に2つに仕切れるよう、ドアだけは2枚あるが、当分12畳のままで子供達が入浴後から寝るまでの第二リビングになりそうだ。

狭小地を数多く手がけている事と、打合せしている中で細かな注文も柔軟に対応して頂けると分かり、安心して任せることができました。住んでみての感想は要望が100%満たされた完成度で言うことなしです。自分のこだわりも全て形となり、毎日充実した生活を送っています。幅の狭い土地でも建築システムさんにお願いすれば広くて明るいマイホームが建築可能になりますのであきらめないで!!

2017年07月31日

27坪にビルトインガレージ付3階建て6LDK

夜の外観はまた違った印象になった。
工事中の様子はコチラ

3階のLDKは20帖。ねこちゃんがキッチンでいたずらしないように3本引き戸でシャットアウトできる工夫が施されている

2台分のビルトインガレージになっているため玄関ドアは引き戸に。雨に濡れずに乗り降りが可能に。これなら車にぶつかることもなく強風に煽られて怪我する心配もない

明るくカワイイ色のキッチン天板。シンクも人工大理石でお掃除も簡単で、2階のご両親が使用している

高い所から降りてきてそろそろご飯をおねだりする時間

27坪の狭小敷地で3世帯5人家族がそれぞれの部屋を確保する事ができた。車2台分のビルトインガレージを必要とする為、玄関のドアは引き戸を採用し、使いやすさを優先する設計となっている。

1 / 3123