狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

施工実績

  1. トップ
  2. 施工実績
2018年04月15日

狭小地24坪にビルトインガレージ付き重量鉄骨3階建て住宅

狭小地24坪に存在感のある重量鉄骨3階建て住宅。

車が濡れず、乗り降りも傘要らずのビルトインガレージと倉庫兼作業場も確保した。
住まいのスペースが必然的に2階になるが、日当たりは抜群。

外観は淡いホワイト系でまとめ、南側のベランダと玄関アプローチはダーク系で引き締まった外観。

玄関は2階に設置。

来客時、慌てて1階まで降り、玄関を開ける必要がない。
キッチン・ダイニング・リビング・トイレ・洗面・洗濯・お風呂・洗濯干しなどは全て2階にまとめ、家事動線は最短距離♪

3階の屋根はガルバリウム鋼板を葺いた。
この鉄骨の梁と C型鋼材自体で 緩い傾斜をつけてありますから
片流れ方式で裏側(西側外壁方向)へ雨を集めて樋を付けます。

工事中の様子はこちら

1階を駐車スペースと倉庫とした場合、極端に外壁が少ない間取りとなるので
今回のように鉄骨フレームで構造体を組み、強度を確保した。
奥にある仕事場の倉庫の出入口も繋がっており、物の出し入れが便利になった。

土足用階段を上がった突き当りには、玄関ドアと室内ホール。

2階のリビングを広くする為に出来る限りコンパクト設計。

階段ホールのデットスペース有効活用。
こんなにたくさんの棚が付きました!

2階のLDKは16帖。
対面キッチンで家事をこなしながら、家族のコミュニケーションの時間が増える。

壁側の長めのカウンターには日常的に使う沢山のものが置くことができる。

リビングから直接3階の3部屋に向かえます。
無駄な廊下や階段ホールを作らず、その分リビングを広く使うことができる。

就寝時間になったら3階へ…という暮らし方。

3階は主寝室8.2帖と子供部屋6帖×2室。合計3部屋ですが、
子供部屋はまだ仕切らずに12帖のまま広くしておき、将来仕切ることができるように、ドアだけ2カ所付けた。

ユニットバスのデザインはどんどん進化している。
鏡の前のカウンターにご注目。
カウンターが浴槽にも壁にも付いていない。

手が入るくらい、敢えて離す事で棚や壁のお掃除が楽になる。
四方どちらへもお湯が落ちるので 桶やシャンプーも流れ落ちない。

ホッカラリ床。
これはウレタンが厚く、膝を付いてもグリグリ痛くならない 柔らか床。
冷たくないし、水切れも早い。

これは梅雨時の洗濯干しのアイテム。
出っ張らない様、天井埋め込み式。

使う時だけパイプを降ろし、洗濯物を引っ掛ける。

キッチンはホワイトのカウンターと棚でコーディネートされ、すっきり収納できそうだ。

お引渡の記念撮影♪

見学会には御家族揃って、頻繁に足を運んで下さりありがとうございました!

2018年02月16日

17坪の狭小地に建つ存在感のあるビルトインガレージ付き3階建て住宅

土地17坪(56㎡)の狭小地に、建て坪10坪のS様邸。

西側にも道路がある角地のせいか、10坪×3階建ての狭小住宅とは思えない程 大きな住宅に見える。

1階はビルトインガレージ、生活空間を2階にまとめ、

道路からの目線を遮りプライバシー重視&日当たり抜群の暮らしが手に入った。

もちろんお風呂&洗濯機もあり、同じ階で干して取り込め家事動線に無駄が無い。

外壁はダーク系で3階の西面をホワイトで貼り分けし、バルコニーはアクセントで木目デザインを使う事で建物が少し優しい表情に変化した。

木目と言っても材料はアルミ製品なので、雨にも強く腐る心配がない。
玄関ドアも同じ色で統一した。

工事中の様子はこちら

1階にビルトインガレージを作り、御主人のお部屋も設け、
2階はLDKと水まわり設備をまとめ、生活スペースとした。
3階に奥様と娘さんのお部屋もゆったりと確保できた。
また2、3階にバルコニーがあり、文句の付けようがないマイホームが完成。

決して「広い」とは言えない立地条件だが、

無駄を極限まで省いた設計をすることで、日当たりも良く、

14帖のLDKも確保し、

食品庫などの収納力も確保した3階建てビルトインガレージ付の家が

建つことを証明した。

リビングの脇に3畳の畳スペース。

畳の色、2色を交互に並べてあるように見えますが・・・違います。

全く同じ物を6枚、織目を90度方向転換して並べると、

光の反射で違う色に見えるだけ。
真上から撮ると同じ色だというのがわかる。

右側にそっと飾られたアンティークな柱は、以前のお住まいの柱。

子供の頃から何十年と暮らした思い出の詰まった家を解体する際に、

『柱を残して欲しい』とのご主人のご要望でした。

ご自身や子供さんの成長が刻まれたこの柱を眺めるたび、愛おしく思えるだろう。

3階のバルコニー。
これだけ広いとエアコンの室外機を置いたり、布団干しに役立つ。

ミニ書斎。
幅は90センチ程だが、パソコンやプリンターは十分置ける。

対面キッチンも木目調のデザインを選び、外観ともコーディネート。

お風呂場の壁は一面だけ木目調。

新居の広くて新しいお風呂に浸かるのが楽しみだ。

室内はシンプルなクロスで統一したが、

あえてトイレは遊び心を出し、柄物の爽やかなクロスを選んだ。

お引渡の記念撮影♪

2018年02月14日

27坪の狭小地に駐車場2台+家族が集う23帖のLDKがある3階建て住宅

27坪の敷地に駐車スペース2台。
建物は12.7坪とコンパクトに建てた狭小住宅だが
中に入って広さにびっくり。
2階の家族のメインスペースLDKの広さはなんと23帖!
両サイドは建物が隣接し、1階は暗くなってしまう。
そこで 普段一番長く居るキッチン・ダイニング・リビングを2階に。
もちろん洗面・洗濯・お風呂・トイレ・洗濯干場も2階。
家事動線も無駄がない。

書斎や納戸、倉庫は暗くてもOKなのでそれらを1階に。
寝室7帖と子供部屋5帖×2室は3階のため明るさも解放感抜群。

外壁はブラックメタリックのガルバリウム鋼板。
中に断熱材が巻き込んであり、夏の暑さと冬の寒さなど
熱伝導しにくいスパンサイディングという商品を選択した。

工事中の様子はこちら

玄関の脇には約6帖の土間収納スペース。

ここには趣味のサーフボードや自転車などを収納することができる。

階段室の手すりの金具部分は、

サッシ枠の色に合わせてブラックを選んだ。

床・壁・天井・・ドア・キッチン・収納扉など
全てホワイトで統一した。
とにかく室内が明るく、広く清潔感が感じられる。

ブラックで合わせた照明も個性的な印象。

キッチンの背中側の収納。
冷蔵庫は右奥に置き、その他の食器や電子レンジ類は全て収納の中へ。
普段は開けたまま家事をし、来客時はサーッと扉を締めるだけで
生活感は一瞬に隠せる工夫だ。

2階の南側のリビングの窓は3.6mの大開口。

軽自動車の長さは規格で3.4mが最大なのでそれより大きい。

 

3階は主寝室7.3帖+ウォークインクローゼット。
子供部屋は5帖が2室分の広さは確保したが、
当分の間は仕切らず10帖のまま4人家族の寝室にし、将来子供達が大きくなったら仕切る予定。

眩しいパステルカラーのクロスの洗面脱衣。

暗くなりがちな場所も清々しい空間となった。

トイレのクロスはストライプ柄を選択した。

2階と3階の2カ所のトイレのクロスは色違いでコーディネート。

2018年02月02日

29坪の狭小地に屋上+ロフト付ビルトインガレージ4台確保した3階建て

29坪の土地に幅4.6mの3階建て住宅。
駐車スペースは4台確保。
男の子は間違いなく18才になれば免許を取得し、
来客の車も考慮し4台分確保できれば理想だ。

1階がビルトインガレージ4台分確保のため、
構造補強材の門型フレームを組んで建物強度を増す工法を施した。

勾配屋根を造り、ソーラーパネルを設置。半分は屋上として利用できる。

工事中の様子はこちら

外壁のサイディングの
製品は【ケーミュ―のキューブシュクレのハイドブラウン】

立地が好条件で建物の前も左右も隣接する障害物が無いため、

建物が大きく見え、日当たりも抜群である。

ビルトインガレージの奥が玄関のため暗くなりがちだが、

シューズクロークをホワイト系にした事で
重たく暗くならず開放感を演出できた。

 

シューズクロークの収納力。
靴の大きさにもよるが80~90足入る計算。
御家族4人で割り当て・・・一人20足収納可能で大容量!

2階LDKはとにかく広い!25帖!

リビングの壁は優しいブルー系を使用。
白一色でまとめた場合、明るさや広さは感じますが
二面に色を入れる事で奥行きや陰影が出て立体感を強調。
オシャレな空間に♪

リビングからバルコニーへ出る窓。
幅2.7mで開き方は3本の引き戸。
このうち2枚分が開放できるタイプで外と一体感が出る。

対面キッチンで家事も効率がいい。

換気扇のフードも薄型埋め込みタイプですっきり。

子供室からロフトに上がる階段を兼ねた収納BOX。

3階建て住宅の3階の子供部屋の・・・更にその上。
高さ的には4階の位置。

この隙間をデットスペースにしてしまうのはもったいない。

息子さん達の部屋はそれぞれ8帖程だが、

プラスその上に約3帖のロフト収納も確保できた。

天窓(トップライト)
北側の部屋で午後は日が入らない事が分かっていたので
天井をくり抜いて採光を確保した。

小屋のように見えるのは屋上に上がるための階段室(ペントハウス)

トップライト設置用の立ち上がり。
3階北側の洋間が暗くならない為の工夫。
ガラス面を 屋上の床の高さに合わせなかったのには理由が3つ。

瑕疵保険の保証で 雨漏り防止の防水立上げ高さに規定があり、
床の高さにガラスがあると、踏んで滑ったり割れたりで事故の元。
ガラス面を敢えて斜めにすることで、ガラスに雨が溜まらない理由だ。

模型も狭小住宅とは思えない存在感。

御家族のご要望を詰込んだお住まいの完成。

2018年02月01日

33坪の敷地に広々暮らす1階はビルトインガレージ駐車スペースの重量鉄骨3階建て住宅

敷地の幅は7.5m 奥行き14.8m 面積111㎡、 約33坪の土地。

1階は全部ビルトインガレージとした。
2、3階にゆったり3LDKで住まう設計。リビングはなんと20帖。

食品庫や納戸、クローゼットもたっぷりの重量鉄骨3階建てのN様邸。

外壁のサイディングKMEW(ケイミュー)エクセレージ ファンクレスタ。
汚れが目立たないよう、濃い石目の模様をチョイス。
表面のコーティングも「光セラ」という光触媒の仕上げが施された外壁だ。

玄関まわりも余裕があり、自転車も数台置ける。

スライディング引き戸はオートロック式。

鍵がない場合は暗証ボタンでも開閉できる。
郵便受けは左側の壁に埋め込んだ。

外に出ることなく中から取り出せる。

下駄箱。
普通は奥行き35cm前後が一般的な寸法。

ですが・・・今回はなんと14cm。

南と東の窓は、高い位置に設置。

その下にテレビや食器棚を置いても部屋は明るいまま。

通常ならキッチンの上に付ける吊り戸棚を今回は敢えて取りやめたことで

天井もスッキリ!LDKを広く見渡せる。

照明器具を埋め込みLEDライトにし、天井もスッキリ。

家具も最小限にし、広いLDKで寛ぐのが楽しみだ。

駐車場は建物の前に3台、建物下に4台。MAXで7台入るスペースがある。
出し入れスペースを考慮してもゆったり5台は余裕だ。

2018年02月01日

20坪にビルトイン駐車スペース3台と特大バルコニー+屋上付鉄骨造狭小3階建て住宅

駅前の両隣がぴったり密接している20坪の狭小地に

ビルトインガレージに駐車スペース3台分と駐輪スペース、

広々したバルコニーと屋上も確保した重量鉄骨3階建てのH様邸。

17帖のリビングダイニングとバルコニーが同一空間になるよう
掃き出し窓の大きさも室内とほぼ同じ幅のものを設置した。

こうすることで合計26帖の開放感抜群の巨大空間が出現した。

通りに面しているためプライバシーを重視し、フェンスの高さは1.8m。
視線を気にせず開放的な空間で寛げる。

1階はビルトイン式の駐車スペースで、玄関はその奥まった所。
外壁がホワイト&薄いグレーの石目模様が爽やかな色で、明るく広さも感じる空間に仕上がった。

3LDK+書斎+納戸4.5帖+収納たっぷり+屋上活用・・・
更に駐車スペース3台と駐輪のスペースまで夢がすべて形になった。

玄関引戸も反面ガラス製で暗くなりがちな空間を少しでも明るくする工夫。

 

対面キッチンから子供たちの様子を気にしながら家事効率もUP。

バルコニーからの日差しが眩しいくらいだ。

リビングと一体感のある掃き出し窓から続くバルコニー。

9帖の広さでBBQも大勢のお友達を誘っても大丈夫。

子供部屋は将来仕切れるよう、ドアは2つ設置。

階段室は窓からの明かりが差し込み、ホワイトを基調にしたため

とても明るい。スケルトン階段で開放感も増した。

洗濯物が2階バルコニーだけでは足りない日には屋上が大活躍!

気持ちのいい見晴らしで子供達もハイテンション♪

大きなビニールプールも余裕で楽しめる。

街中のお隣と密接した20坪の狭小地でも、

3階建ての屋上の空間と見渡せる空は広々自分たちだけのもの。

1階部分はビルトインガレージ。
LDKやメインの水まわり設備は2階。

「間口の狭いコンパクトな狭小住宅?」と思いきや、
リビングから出られる特大バルコニー、屋上利用もでき、
ひろびろ~~♪ のびのび~~♪ 開放感抜群の3階建て住宅だ。

2017年12月25日

狭小の匠技!26坪の細長い敷地に富士山が望める屋上のある3階建て狭小住宅

ご主人が絶対譲れなかったというシルバーのガルバリウムの外壁に、斬新なブルーのアクセントが目を引くお家。ビルトイン式を含めると合計3台車を置くことができる

狭小地26坪の細長い敷地に富士山が望める屋上のある3階建て狭小住宅

工事中の様子はこちら

屋上で星空を眺めながらビールを飲みたい!そんなご主人の夢が叶った。富士山や日本平が見渡せるどこまでも続く空は自分だけのもの。友人が集合したらBBQも楽しめる

家族の癒しの空間は、落ち着きのあるシックな色味の家具と建具で揃えられている。階段室にはエアコンの効きを保つために仕切る意味とスタイリッシュさを兼ねてフルハイトの建具を設けた

2階のバルコニーは陽の光をふんだんに採り込み、さらにプライベートな空間も確保。洗濯干しや子供のプールなど周囲の視線を気にすることなく安心して過ごすことが出来る

施主さんが用意したステンドグラスをどこに使うか悩んだ結果、階段室へ設置することに。やわらかな光が漏れ、かわいらしい雰囲気になった

当初家族3人の寝室として利用する設計だったが、将来兄弟ができた時には、真ん中で仕切って2部屋に早替わり。生まれたばかりの子どもの成長が楽しみになる

2017年12月15日

『狭小革命』18坪の土地に5LDKビルトインガレージ3台の3階建て狭小住宅

ライトアップすると高級感アップ!

工事中の様子はコチラ

ダイニングカウンターのアール部分は来客時に活躍しそう。2階は冷暖房の効率を考慮して階段と居室の境に透明な仕切りを設けている。

スペースをとるダイニングテーブルは置かず、キッチン前にカウンターを付けおうちカフェ風に。キッチンはシャープな質感をお手入れのしやすさで人気のステンレス製採用。

造作棚の中央にテレビを置き両側はインテリア小物を飾れるスペースに。ロールスクリーンで目隠しもできる。

雨に濡れずに家に入れる人気のインナーガレージは頑丈な門型フレームで補強するため地震にも安心だ。

小屋裏を活用した子供部屋はウォールステッカーで明るくポップな空間に。お絵描きできる黒板シートも設置した。

来客時に靴を履かずにドアを開けられるミニマムな玄関。靴箱はロールスクリーンで目隠しも可能だ。

わずか18坪の敷地に人気のインナーガレージで車2台分の駐車スペースと小屋裏を含めて5LDKの居室を確保。
キッチン前にカウンターを付けておうちカフェ風に。室内は予想を裏切る広さがありゆったりと暮らせそうだ。

吹き抜けになっている3階フリースペース。指し色は鮮やかなレッド。カウンター棚をつけて家族がパソコンや勉強ができるくつろぎスペースになった。

2017年12月14日

26坪の土地にビルトインガレージ3台+4LDK+地下収納+屋上を実現した狭小住宅

子どもの学区内に安い土地を見つけたことで新築に踏み切ったMさんご家族。15年間で150棟もの狭小3階建て住宅を手がけてきた『建築システム』に依頼し、わずか26坪の土地でのマイホームづくりをスタートした。間取りはなんと駐車スペース3台+4LDK。1階をビルトイン式ガレージにするため、骨組みを重量鉄骨構造にすることで耐震強度を兼ね備えた広い空間造りを可能とした。外観デザインは、バルコニーがアクセントとなり、どっしりとした安定感漂う風格。風と光を採り込める様、窓の配置にもこだわった。さらに、土地の予算を抑えられたことで、8畳の地下収納と屋上庭園をプラス。26坪に要望とアイデアをたっぷりと詰め込んだ、ご家族大満足の1棟が完成した。

23畳のリビング。耐震性能を重視した鉄骨造は大空間が作れる利点。テレビを壁に埋め込んで部屋をスッキリ広く見せると共に掃除もラクに

すっきりと広いダイニングキッチンの一角に、 子どもの勉強にも使えるパソコンコーナーを設けた

スケルトンの開放的な階段は、まさに空中散歩している気分。鉄骨の梁を見せるデザインで強さを表現すると共に、大型の窓から光を採り込む

リビング階段。圧迫感のないアクリルパネルを可動式にする事で冷暖房の効率アップに貢献

暗くなりがちな玄関ホールはスリット型のガラスブロックで明るさを確保。段差も少なくスムーズな出入りが実現

洗面室の奥が、浴室・脱衣・洗濯・アイロンなどの家事スペース。年ごろの娘さんの入浴時はアコーディオンカーテンで仕切ることもでき、プライバシーを確保

2017年12月10日

クリスマスプレゼントは玄関キー。ビルトインガレージのある3階建て住宅

一角にある3畳の畳コーナー。将来子どもの遊び場やお昼寝に大活躍する事間違いなし。

工事中の様子はコチラ

18畳のLDKは何処にいても日差しが注ぎ、風が通る空間は居心地の良いくつろぎスペースだ。

ソファと壁がリンクする。これもコーディネートの楽しさの一部である。

キッチン、換気扇フード、食器棚、冷蔵庫、清潔感のある白色で統一したため、より一層 開放感が広がった。

トイレの内装でもご夫婦のこだわりが発揮できている。逆にトイレだからこそ!?遊び心と冒険心で思い切った色使いも怖くない。

レンガ調の外壁で南欧風の優しいたたずまい。日当りの良いバルコニーを2階、3階とも配置し、機能性も重視した。

ビルトインガレージのある3階建て住宅。

こだわりの多い私達の要望にも一緒になり考えて下さいました。気軽に相談できる関係が良かったです。何社か見て回りましたが、建築システムさんにお願いし、楽しんで家造りで来たので大満足です。