狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

施工実績

  1. トップ
  2. 施工実績
2017年12月27日

1階はインナーガレージとデザインオフィス。『狭小の美学』を追求した3階建て住宅

【狭小の美学】にこだわり抜いたフォルムに圧倒

1階はインナーガレージとデザインオフィスのある3階建て住宅。
工事中の様子はコチラ

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。3階に向かう階段が一体となり吹抜け感がより増大された。

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。その奥には12畳の仕事場で広告デザインの工房である。

12畳の仕事場で広告デザインの工房である

狭い狭いと言うわりにキッチン・洗面・トイレ・洗濯・脱衣・洗濯干し場は全て2階にある。無駄な動線は皆無。

最上階には3室。主寝室と子供部屋2室。 まだ小さいので10年後に2つに仕切れるよう、ドアだけは2枚あるが、当分12畳のままで子供達が入浴後から寝るまでの第二リビングになりそうだ。

狭小地を数多く手がけている事と、打合せしている中で細かな注文も柔軟に対応して頂けると分かり、安心して任せることができました。住んでみての感想は要望が100%満たされた完成度で言うことなしです。自分のこだわりも全て形となり、毎日充実した生活を送っています。幅の狭い土地でも建築システムさんにお願いすれば広くて明るいマイホームが建築可能になりますのであきらめないで!!

2017年12月26日

見せる収納がインテリア。ブラックメタルのモダンヴィンテージ3階建て住宅

2階がLDK。こんなにシンプルで洗練されたくつろぎスペースが実現できた理由は、衣装は衣装部屋へ、使わない生活用品はロフト収納に詰め込めるからである。生活感を排除し、大好きな家具に囲まれた空間で暮らすスタイル。計画当初から思い描いていた暮しがそのままカタチとなった。

工事中の様子はコチラ

キッチンに黒い壁。この色を選択された時に一見「邪道では?」と喉まで出掛かった瞬間が今でも記憶にある。ところが、ステンレスのエッジが効いたシンク・冷蔵庫との相性を考えると・・・なるほど、ブラックに勝るコーディネートは見当たらない。

カラフルなカーペットのお部屋は姉妹のプレイルーム。こんなに楽しめるお部屋だと夜になってもなかなか眠れないのでは?大好きなキャラクターとウォールステッカーに囲まれ朝の目覚めもウキウキ気分。

浴室のドアが透明? 実は洗面、脱衣スペースに鍵をかけれれば、この空間は全て独り占め。通常自宅のお風呂では体感できるはずのない開放感が広がる入浴タイム。

驚きのシューズクローク。クロークと呼ぶのは間違えかもしれない。扉が無いのだ。ドアを開けると最初に目に飛び込んで来る、いわばインテリアの一部になった。毎日のお出掛けが楽しくなるシューズコレクションルームと呼びたい。

木造の家に鉄骨の階段。この意外性は不思議なくらいカッコイイ。段板の隙間から光が差し込む事で、空中散歩をしている錯覚すら覚えた感動が忘れられない。外壁・サッシ・階段の金属トリオが全てブラックに統一される事は、一体いつの時点で構想ができていたのだろうか?

ブラックメタリック色のガルバリウム鋼板。この無機質な冷ややかさとウッド調のポーチ・玄関ドアの組み合わせが絶妙なバランスの外観を醸 し出す。天候や時間帯で表情が変わる不思議な建物だ。キュービックスタイルの中はどうなっているのか、興味をそそられる。

大満足です。こだわりの鉄骨階段とスケルトン構造が実際に完成して暮らしてみると・・・無駄を削ぎ落としたエッジデザインも実現でき、毎日感動しながら暮らしています。床の色に合わせた家具選びや、キッチンに揃える冷蔵庫選びなど、完成してからの買い物が沢山ありましたが楽しかったです。

2017年12月18日

白壁が映える!無垢の温もりに包まれたキューブ型フォルムの事務所併用住宅

交通量の多い国道沿いに建つ、42坪の土地に、1階11.77坪、2階12.78坪、延床面積24.5坪の2階建て+屋根裏収納ロフトスペースを設けた事務所併用住宅。

真っ白なシンプルで美しいキューブ型デザインに個性的なシンボルツリーのトクサやもみじがアクセントになっている。

今回はデザインを意識し、窓は東にも北にも付けず、明るさは全て南側から採り込む設計。

塗り壁は『一の蔵』
日本酒みたいな名前ですが、通常練り込む骨材よりも
更に細かい0.3mm以下を注入し、キメ細やかな肌触りです。
粘りもあるので、ひび割れも起こりにくい塗り壁です。

また、国道沿いで排ガスの汚れが気になる為、塗り壁の上から雨で汚れが流れるハイドロテクトを施工した。

工事中の様子はコチラ

玄関を入ると4帖の土間スペース。

そして、扉無しで15.6帖のリビングに繋がる。

ナチュラルな雰囲気のチークの無垢材の床と、清潔感あるホワイトの壁紙、アクセントで60インチの埋め込みテレビの壁や、コンセントのプレートなどはグレーを選択し統一感ある空間となった。

すじかいをあえて見せたところも、意匠のポイントになった。

対面キッチン。
お客様がいらしたら、ここで美味しいコーヒーを飲んでいただけるよう
本格的なCafeスタイルのカウンターも造りました。

背面カウンター・収納も落ち着きのあるグレーでシックにまとめました。

コンパクトな空間でもゆとりあるオープンな開放感が感じられる2階スペース。

外観からは想像できなかった大きな窓からは明るい日差しが差し込む。

2階の天井を屋根勾配沿いに高くし、11帖のロフト収納も確保できた。

ナチュラルテイストの空間にアイアンの手すりがアクセントとなり、空間を引き締めている。

洗面は壁に設置するタイプで、下は空いていて、宙に浮いた感じのデザイン。
深くて大きな引出しも大容量の収納が可能。

バスルームはスケルトンで開放感溢れ、シックな木目のパネルで、落ち着きを出した寛ぎ空間となった。

タモ無垢板のカウンター材に陶器製のグレーの洗面が際立っている。

水栓金物は黒を選び、シックな中にもデザイン性溢れる洗面スペースとなった。

玄関を入った4帖の土間スペースは、おもちゃを置いてキッズスペースにした。

大きめの600角の落ちついたグレーのタイルはイタリア製。

外からの視界は遮る機能もありながら、明かりも十分に入り、冬場は暖かい。

正面の壁には300角の雪白色のエコカラットを貼り、機能・デザイン性にも優れた空間となった。

目隠し塀にはステンレスの影も落ちる厚みのあるロゴを施工し、重厚感あるデザイン性も感じられる。

玄関口をこの塀で隠す事で、一層生活感を排除したシンプルな外観になった。

夜は照明が映え、ギャラリーの様な雰囲気。

やわらかな灯りがこぼれるはめ殺し窓は、足元の明かり取りの役割と外からの目線をずらすことを考え設計されている。

壁には消灰色のエコカラットを施工。

ステンレス製のリモコン・ペーパーホルダー・無垢材の床の空間はトイレとは思えない高級感あるシックな雰囲気となった。

 

2017年07月31日

旗竿敷地の悩み解消!1階はバレエスタジオの2階建て店舗併用住宅

素敵な外観のバレエスタジオ兼用住宅。スタジオ入口の外壁だけ優しいレンガ調にして気品を醸し出した。夕暮れ時、照明が輝くともうワンランクゴージャスで優雅な雰囲気に。
工事中の様子はコチラ

リビング天井は折り上げで天井を一部分高くし、変化がついてデザイン性もアップ。出入り口ドアが6カ所。右から「洗面&トイレ」・「食品庫」・ 「物入れ」・「階段ホール」・「子ども室」・「寝室」。 LDKを中心に移動が簡単に、生活動線が最短になるように設計した。

優雅で、指の先まで使って感情を表現する細やかさには見惚れてしまう。

リビングの大開口は一般の窓の倍で明るくて開放感抜群。大きなサッシの向こうにはカフェテラス調のバルコニーを設けた。対面キッチンで家事をしながらご主人や娘さんと会話ができる生活スタイル。

バレエスタジオは鏡張り。部屋の広さが4倍に広がって見える。『エアリアルヨガ』の器具を吊るす為、天井の工事はとても繊細。大きな梁を4本追加で設置。大きな荷重がかかる為、2階床面の構造躯体に負荷をかけない工夫をした。

洗面脱衣室は淡い紫色で可愛らしい空間。

リビングのダイニングテーブルもホワイトで統一した。

トイレや洗面の壁紙や照明も、思い切って個性を出し、自分色に染めた。

子どものお部屋はブルーの壁紙でコーディネート

購入した土地が旗竿形で道路から奥まっており幅の狭い道路という条件の悪い所でしたが、さすが狭小の匠。なんなく工事が進んでいきました。一生に一度の大きな買い物なので、業者選びやデザインにこだわりすぎて疲れました(笑)その中で全ての夢を盛り込んだマイホームが完成して大満足で暮らしております。

2017年07月31日

玄関ホールに10mの吹き抜け!スタイリッシュ重量鉄骨3階建て店舗併用住宅

重量鉄骨3階建て店舗併用住宅。

1階で理髪店を経営し、2階と3階で暮らす家が完成。シルバーのガルバリウム鋼板でアーチ型にデザインし、シャープでモダンな外観に仕上がった。玄関上に3階まで続く10mの吹き抜けは開放感抜群です。

工事中の様子はコチラ

北側のキッチンにはトップライトを2つ設けたため、十分に明るく暮らせ照明いらず。

3階から見下ろした吹き抜けは圧巻です。3階にいても子供達が帰ってきた気配に気づけるというのも嬉しい。

店舗内の様子。カット台3つとマッサージチェアも配置しました。
正方形の窓をたくさん配置する事で店内が明るくなりました。お客様が眩しくならない工夫もされている。

白色を基調にして清潔感開放感明るさを最大限に発揮した。

子供部屋12畳は2本引き戸で簡単に仕切ることができます。妹が寂しがったときはお兄ちゃんが手をつないで寝ている。

2017年07月31日

街中の狭小地に最上階で暮らす重量鉄骨3階建て店舗併用テナント収入住宅

重量鉄骨3階建て店舗併用テナント収入住宅。

最上階を住居スペースとし、1、2階をテナントとして貸し出す事に。年齢的な事や将来も見据えて、1階に玄関を作り、Oさんの住居スペースである3階までのエレベーターも設置した。

工事中の様子はコチラ

色合いが高級感のある階段室入口

暗くなりがちな階段室には四角い小窓を設けてインテリアも飾り明るい空間

ホームエレベーターを設置し、三階でも楽々生活♪

真っ白な家具で統一して、さらに光の輝く爽やかな部屋に

四角い窓とツートンカラーがアクセント

2017年07月31日

30坪の狭小地に美容院と見晴らし抜群の屋上のある店舗併用3階建て二世帯住宅

30坪の土地にP2台、1階にはお母さんが経営する美容院も完備した3階建て店舗併用住宅。外観はガルバリウム鋼材採用でシャープな仕上がり

工事中の様子はコチラ

お店の出入り口は住宅の玄関と間違わないようにスッキリシンプルなものを選択

住宅の玄関ホールと階段はホワイトとダーク色のモノトーンな落ち着いた雰囲気

1.25坪タイプのお風呂は子供さん達と一緒に浸かっても広々!ご主人が絶対に譲れないとこだわった空間

お母様が長年営んできた『パーマハウス・ライト』さん。お祝いの花に囲まれながらお仕事

2017年07月31日

狭小角地の30坪に1階は美容室!プライバシー重視の3階建て二世帯店舗併用住

30坪の狭小角地の敷地に駐車スペース2台を確保し、1階はご主人が経営する美容室の店舗スペース、2階にご両親の居住スペース、3階部分は若夫婦のご家族のスペースを確保した。

工事中の様子はコチラ

30坪の敷地に駐車スペース2台を確保し、1階はご主人が経営する美容室の店舗スペース、2階にご両親の居住スペース、3階部分は若夫婦のご家族のスペースを確保

美容院の内装もシックで統一されていますので、とても落ち着ける空間

階段の踏板は『イぺ』という無垢の木を使用。優しさと風合いが出た。鉄骨階段独特の「カンッカンッカンッ」という足音がしないのも使いやすい

CUT ROOM NOJIMA。内外装ともにシックにまとまった

2017年07月31日

街中11坪の狭小敷地にテナントビル!重量鉄骨で建てた8坪の店舗併用住宅

駅まで歩いて2分の最高の立地条件。1階はテナント貸しで収入住宅。防火指定の材料や準耐火構造など一般住宅とは違う仕様であるうえに、狭小地というともあり、左隣のお宅と10cmしか離れていないので街中特有のペンシル工法を採用。淡いグレー系の外壁に両サイドだけアクセントで濃くする事で外観を引き締める効果を演出した。

工事中の様子はコチラ

屋上には水道とガスも完備し、バーベキューなどができる様にプラスアルファの提案も盛り込んだ。駅の南口のこの場所は、ビル群に囲まれてはいても、真上を見上げた青空はどこまでも自分の物だ。

1階の玄関を入るとすぐに階段。ホールと階段が狭くならない様シューズBOXは厚さ16cmで扉を手前に開く差し込みタイプを提案した。

ロフトつきLDK。ロフトは高さは1.4mなので立って歩く事はできませんが、子供さんの基地的遊び場にしたり、大人のベットルームと使用すれば、下のLDKがより広く有効に使えることとなる。

ロフトの広さは約7帖確保できた。収納力も抜群である。部屋の窓は大開口。街中のビル群に囲まれているので、少しでも明るさと開放感を得る工夫を施した。

着工前に模型が完成。狭小の匠が土地3.6mの幅の中で3.3mの建築に挑戦。鉄骨フレームで組む事で大開口設置や天井高さ4mも実現でき、狭小地を最大限に攻略した。