狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、輸入住宅、二世帯住宅の新築も!静岡市・沼津市の工務店・建築システム

施工実績

  1. トップ
  2. 施工実績
2018年02月01日

20坪にビルトイン駐車スペース3台と特大バルコニー+屋上付鉄骨造狭小3階建て住宅

駅前の両隣がぴったり密接している20坪の狭小地に

ビルトインガレージに駐車スペース3台分と駐輪スペース、

広々したバルコニーと屋上も確保した重量鉄骨3階建てのH様邸。

17帖のリビングダイニングとバルコニーが同一空間になるよう
掃き出し窓の大きさも室内とほぼ同じ幅のものを設置した。

こうすることで合計26帖の開放感抜群の巨大空間が出現した。

通りに面しているためプライバシーを重視し、フェンスの高さは1.8m。
視線を気にせず開放的な空間で寛げる。

1階はビルトイン式の駐車スペースで、玄関はその奥まった所。
外壁がホワイト&薄いグレーの石目模様が爽やかな色で、明るく広さも感じる空間に仕上がった。

3LDK+書斎+納戸4.5帖+収納たっぷり+屋上活用・・・
更に駐車スペース3台と駐輪のスペースまで夢がすべて形になった。

玄関引戸も反面ガラス製で暗くなりがちな空間を少しでも明るくする工夫。

 

対面キッチンから子供たちの様子を気にしながら家事効率もUP。

バルコニーからの日差しが眩しいくらいだ。

リビングと一体感のある掃き出し窓から続くバルコニー。

9帖の広さでBBQも大勢のお友達を誘っても大丈夫。

子供部屋は将来仕切れるよう、ドアは2つ設置。

階段室は窓からの明かりが差し込み、ホワイトを基調にしたため

とても明るい。スケルトン階段で開放感も増した。

洗濯物が2階バルコニーだけでは足りない日には屋上が大活躍!

気持ちのいい見晴らしで子供達もハイテンション♪

大きなビニールプールも余裕で楽しめる。

街中のお隣と密接した20坪の狭小地でも、

3階建ての屋上の空間と見渡せる空は広々自分たちだけのもの。

1階部分はビルトインガレージ。
LDKやメインの水まわり設備は2階。

「間口の狭いコンパクトな狭小住宅?」と思いきや、
リビングから出られる特大バルコニー、屋上利用もでき、
ひろびろ~~♪ のびのび~~♪ 開放感抜群の3階建て住宅だ。

2018年02月01日

水廻りや玄関も親世帯と子世帯にそれぞれ設けた全館空調システム省エネ二世帯住宅

道路から見て、奥行きもドーンっとあり大きく風格があるI様邸。
しかも日当たり抜群でソ-ラーパネルの発電力も期待できる。

駐車スペースからすぐの玄関は若夫婦(2階)用の入口。
1階の御両親はブロック塀沿いに奥に進むと玄関が見えてくる。

御両親と若夫婦がずーっとお幸せに笑顔で暮らせる二世帯住宅が完成。

親世帯と子世帯それぞれに玄関やキッチン、お風呂、洗面、トイレ全て2カ所ずつ設けた。
太陽光発電システム搭載で、省エネを目指した。

延べ床面積188㎡(56.8坪)の大きなお宅だ。

ご両親様の玄関は落ち着いた木目調の引戸。

左右共に開閉でき、広々した玄関は出入りしやすい。

ご両親の玄関まで続く通路は、レンガブロックを敷き

お花やお野菜も楽しめるスペースも確保した。

重厚感ある門扉とフェンスは防犯面も安心だ。

2階のリビングは床を少し高くし畳コーナーも設けた。

全館空調システムのセントラルエアコンのおかげで、部屋だけでなく、廊下やトイレ、洗面所まで全て同じ温度で暮らせる。

機械本体は見える事なく天井裏に埋め込むビルトイン式空調だ。

この部屋は9帖。将来子供部屋と2つに区切れるよう入口は2カ所。

パナソニックのオーマイティフロアAのホワイトのフロア。

明るい床にすると部屋が広く感じられる。
ホコリなんかも、焦げ茶の部屋より目立たない。

トリムコーディネートの壁。
帯をまわすだけで部屋に貴賓が漂ってくる。

広めのトイレにして手洗いカウンターを設置した。

サンルーム。

夏場の洗濯物の出し入れ時、部屋に蚊が入って来ない。
春先の杉の花粉もシャットアウト。
もちろんお出掛け中の急な雨でも濡れずに安心で、冬場はポカポカ読書もOK。

2018年02月01日

ネコちゃんも幸せ♪5LDKと屋根裏収納+屋上+家事室+書斎のある二世帯住宅

白い外壁とシルバーのアルミサッシでシャープな雰囲気の二世帯住宅のW邸。
猫ちゃん4匹と仲良く暮らしています。
5LDK+納戸+お父さんの作業所とゆったりとした間取り。
屋根裏収納+2階には広いバルコニー。3階部分には屋上も確保した。

家族の部屋だけが新築では不公平!ちゃんとネコちゃんの部屋も新築。
専用出入り口が完備された換気扇付きの愛猫専用のトイレもオーダーメイド。
こんなに大切に扱われるネコちゃんって幸せですね。

中心部分をくり抜いた天井は、空間に広がりが増した。
シンク上のスポットライトで手元を照らし、作業性もプラスされた。
LDKの22帖の奥に畳の部屋も設けた。

存在感抜群!赤色のシステムキッチン!
キッチンは調理中の移動距離を最短にできるよう、
「コの字型」にして作業性重視の設計だ。

奥さん専用のワークスペース『サニタリールーム』はなんと5帖の広さ!
収納力もたっぷり。ミシン、アイロンに家計簿までこなせる空間。

御主人の書斎スペース。
ホワイトで統一したカウンターと本棚でスッキリ機能的。

窓の下のラインに合わせて帯を通し、下は白、上はアイボリー系の柄で
可愛くトリムコーディネート。
天井は、暗くなると星が輝く(蛍光塗料)クロスをチョイス。

ドーンと大きなクローゼットは布団も余裕でたっぷり収納できる。

休日は屋上でBBQ。
グルッっと四方が見渡せて気持ちがいい。

屋根裏の空間を利用した12帖の収納。
使わないけど捨てられない物って結構あるんですよね。

2018年01月01日

6人家族が広々住まう6LDKと駐車スペース3台!省エネ完全二世帯住宅

お母さんと 御夫婦、子供さん達含めて6人家族が広々暮らせるI様邸。

5室+LDK+1階DK+8帖+作業スペース+屋根裏14帖収納を確保した。

1、2、3階 床面積の合計が197㎡(59.5坪)
建物の幅5.46mちょうど3間。
奥行き12.74mちょうど7間。
3間×7間=21坪の建物。 総3階延べ床面積63坪の家。

駐車スペースもゆったり3台。
外壁はケーミューの親水シリーズのビンテージブリックⅡ
色はバッケンホワイト♪
優しいレンガ調デザインで高級感がある外壁。

道路側のバルコニー部分はちょっと濃い目のアドバンスカーキ色。

屋根には太陽光発電ソーラーパネルものせ、省エネに挑戦。

工事中の様子はこちら

玄関は2つ。
手前側がメイン玄関でその奥がお母さん用。
中のホールは扉1枚で行き来ができる。

玄関ポーチ。
実は5LDKと1LDKの完全二世帯住宅になっているので
玄関ドアは2つ。 ポーチは共用で1つ。
中ではホール同士が扉一枚で繋がっている。

スープが冷めない距離の二世帯同居型住宅である。

ドア正面はお客様用、その横のサブ玄関ホール。
シューズクロークやコートを掛けるスペースを確保。

扉がないクロークは探すのも出し入れも早くて便利。
これからは棚だけの時代に移行していくような気がする。

完全二世帯住宅という事で
キッチン・お風呂・洗面・トイレは全部2ヶ所づつ設置。
しかも事務所もあるのでキッチンとトイレは3ヶ所。

オール電化に慣れるまでは大変ですが、

火を使わない分、火事や火傷の心配もないので安心。

 

1坪タイプのユニットバス(ベルスタ仕様)
鏡のある一面だけは アクセントにダークブラウンの石目柄をセレクト。

広々とした和室。

畳7.5帖+板の間で8帖。

畳の上にテレビボードやタンス置くと跡が残り、
表面が焼け、 表替えする時に『家具の大移動』になる事まで考えると
一部分は板の間にし、そこに家電や鏡台置くのがベストだ。

南側の2、3階のバルコニー広いです。

洗濯用の物干し金具は竿がたくさん並ぶよう
上下2段方式で設置した。

ベランダに出る掃き出し窓2階LDKの大開口は3.6m。
真ん中に1本柱はありますが光も風もたっぷり採り込める。

トイレの床は南欧のプロバンス風装飾タイルのクッションフロア。
基本的に水が跳ねる、洗面脱衣室とトイレはCFシートという
ビニール系のクッションフロアで施工する。

木製品のフローリングを貼る事は可能だが、
濡れて変色したり、へたりやすくなり耐久性に不安が出るのだ。

完成祈念日の家族写真。
母屋からおばあちゃんも駆けつけて下さいました。
お兄ちゃんは志望校の合格発表を受けて新居から通学♪
これからの新生活、御家族皆様の御健康と御多幸を願っております。
完成おめでとうございます!

2018年01月01日

お父さんが営むサイクルショップ店舗併用の省エネ完全二世帯住宅

サイクルショップ店舗併用の二世帯住宅のU様邸。

1階は約20帖のスペースをお店にし、御夫婦と息子さんの部屋2LDK、
2階は3LDK。オール電化仕様でキッチン、洗面、お風呂、トイレを全部2つずつ設置の完全二世帯住宅の設計。

お客様用駐車場も広々確保し、店舗の自転車・バイクの展示スペースと

修理用の作業スペースも必要というご要望。

敷地に余裕あり、隣接建物も迫ってない立地条件ですが
すべて詰込むとまだまだ敷地に余裕が欲しいと思ってしまうくらいだ。

工事中の様子はこちら

玄関横の花壇はお施主様が大好きなミッキー柄に。

色とりどりのお花がお客様をお迎えする。

 

22帖の広いリビング。

カウンター部分のクロスだけ柄入りをセレクト。

リビングの片隅には畳スペース2帖も確保。
2帖は1.7m×1.7m。女性なら横になって昼寝できるスペースだ。

対面キッチンの窓際には大きなカウンターを設置。
パソコンやプリンターなどを置くスペースですが、高さをダイニングテーブルと揃え、

イスをクルッと後ろにターンすればパソコンに向かえる工夫だ。

リビングの床はジョイハードシリーズのチェリー柄。

畳スペースの横は、

ミッキーとミニーの可愛いデザイン入りのアクセントクロスを使用。

強烈な色が入っていないので、可愛い&落ち着きのある空間に仕上った。

バルコニーは長さ10m×幅1.8mで・・・8平方メートル!

畳数に換算すると11帖。とても広いのでバーベキューや、
将来子供さんのビニールプールやキャッチボールまでOK。

外壁は2種類の貼り分けでデザインした。

1階部分はクロット(チタンブラック)の濃いめのタイル調で重厚感を強調。
上部はホワイトで軽くしシンプルなデザイン。

階段室はミッキー柄がアクセントになっている。

お風呂は一面を爽やかな水色をチョイスし、気持ちのいい清々しい空間だ。

余談ですが・・・

店の前にあった古いポストも新しいポストに新調。

「新築の住宅の前に古いままだと申し訳ないかな?」と
思って下さったのだろうか? 沼津郵便局さんが新設してくれました。

真っ赤なポストはお店の目印にもなりそうですね。

2017年12月27日

1階はインナーガレージとデザインオフィス。『狭小の美学』を追求した3階建て住宅

【狭小の美学】にこだわり抜いたフォルムに圧倒

1階はインナーガレージとデザインオフィスのある3階建て住宅。
工事中の様子はコチラ

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。

驚いたのは2階LDKの広さと明るさ。 バルコニーの壁を高くした事で外からの視線は完全シャットアウトしながらも、空からはこれだけの陽が入る設計。3階に向かう階段が一体となり吹抜け感がより増大された。

1階の玄関ドアを開けるとインナーガレージ。趣味のバイクを眺めながらコーヒーが飲めるではないか。その奥には12畳の仕事場で広告デザインの工房である。

12畳の仕事場で広告デザインの工房である

狭い狭いと言うわりにキッチン・洗面・トイレ・洗濯・脱衣・洗濯干し場は全て2階にある。無駄な動線は皆無。

最上階には3室。主寝室と子供部屋2室。 まだ小さいので10年後に2つに仕切れるよう、ドアだけは2枚あるが、当分12畳のままで子供達が入浴後から寝るまでの第二リビングになりそうだ。

狭小地を数多く手がけている事と、打合せしている中で細かな注文も柔軟に対応して頂けると分かり、安心して任せることができました。住んでみての感想は要望が100%満たされた完成度で言うことなしです。自分のこだわりも全て形となり、毎日充実した生活を送っています。幅の狭い土地でも建築システムさんにお願いすれば広くて明るいマイホームが建築可能になりますのであきらめないで!!

2017年12月26日

トップライトの柔らかな光の中で団欒できるリビングのある狭小住宅

全体的には白を基調にし、玄関周りに木目調のアクセントを加えシンプルな外観のH様邸。

19坪の狭小地に、駐車スペース2台と、1階2階ともに10坪の3LDK+6帖の屋根裏収納を確保した。

玄関、階段ホールはコンパクト設計。
幅4mの狭小住宅の場合、ホールや廊下は最小限にし、その分LDKや居室を広くすることができるのです。暮らす場所優先です。

工事中の様子はコチラ

トップライト(天窓)のあるリビング。
直射日光は無理ですが、空を向いているだけでかなりの明るさが確保できます。

壁に付けるよりも3倍の彩光が採り込めます。

バルコニーの床は『グレーチング式』

ベランダの床を完全に塞いでしまうと1階のリビングに光が射し込みにくくなるため、

アルミの棒を組み、隙間が空く床になるように作りました。

バルコニーに出ると、雨を避けるヒサシが付いてます。

これなら急な雨でも洗濯物大丈夫。

 

2階の天井から降りて来るハシゴ。
屋根裏収納に繋がっています。

このハシゴのメリットは・・・
階段を製作するより全然安い。
使う時だけ降ろすので、普段は天井に収納されてスッキリ。

小屋裏収納スペースは、季節で入れ替える荷物などの一時保管場所に使います。

キッチンは白とシルバーでシンプル。コンパクトですが収納力はたっぷりです。

特にシンクの下は引き出し式で使い勝手抜群。

キッチンの窓は建物の側面のため、泥棒対策にアルミ製の面格子をガッチリ取り付けました。

トイレの壁、一面はオシャレなアクセントデザインを取り入れました。

H様邸はどこもシンプルに統一されています。

ユニットバス。

これも木目で統一されて優しい雰囲気。

お風呂の窓も泥棒対策で高い位置に設置しました。

中から見ると1.6mですが、

外からは2m以上のかなりの高さに設置されてます。

目線やシルエットの心配もなく、プライバシーを確保しました。

2階南側の掃き出し窓。

隣接建物もそれほど高くないので、見晴らしも日当たりも抜群です。

2017年12月26日

無垢材の温もりと高気密高断熱仕様で1台のエアコンで全館空調の平屋の家

リビングからウッドデッキに出ると緑のじゅうたんが広がっている。この庭を眺めていると時が経つのも忘れてしまいそうだ。

高気密高断熱仕様で1台のエアコンで全館空調する年中快適な室内で暮らすの平屋の家。

工事中の様子はコチラ

真南に設計されたリビングの窓際はまるで旅館の広縁のようなたたずまい。内障子から柔らかな光が余暇の時間を包み込む。黒いタイルのスリットは全館空調システムの吹き上がり口となっている。

和の香り漂う優しい玄関ホール。すぐ横にリビングを併設した事で、狭さ・暗さとは無縁な空間が広がる。

床、天井共に無垢材を使用した事で落ち着いたやすらぎの空間に仕上がった。お気に入りのダイニングテーブルやチェストがしっくり収まる和の空間。障子を開けて眩しい緑の芝生の庭をご夫婦で楽しめる贅沢。

2階からLDKを見下ろすと、間仕切の無い大空間。家族の気配を感じながら安心して暮らす設計にこだわった。

床、天井共に無垢材を使用した事で落ち着いたやすらぎの空間に仕上がった。お気に入りのダイニングテーブルやチェストがしっくり収まる和の空間。障子を開けて眩しい緑の芝生の庭をご夫婦で楽しめる贅沢。

2階ロフトスペースはフレキシブルに利用でき、天窓からの心地よい光が差し込む。本棚には、奥さまが以前保育のお仕事をされていた時の絵本が並べられお孫さんが遊びにきた際には重宝するだろう。

爽やかなモザイクタイル張りの洗面。トップライトの光で一日中明るい脱衣・洗面室となった。

入口も窓も透明ガラスでスケルトン空間。浴室の定番『狭い、暗い、ジメジメ』を根底から覆す設計だ。

2017年12月26日

見せる収納がインテリア。ブラックメタルのモダンヴィンテージ3階建て住宅

2階がLDK。こんなにシンプルで洗練されたくつろぎスペースが実現できた理由は、衣装は衣装部屋へ、使わない生活用品はロフト収納に詰め込めるからである。生活感を排除し、大好きな家具に囲まれた空間で暮らすスタイル。計画当初から思い描いていた暮しがそのままカタチとなった。

工事中の様子はコチラ

キッチンに黒い壁。この色を選択された時に一見「邪道では?」と喉まで出掛かった瞬間が今でも記憶にある。ところが、ステンレスのエッジが効いたシンク・冷蔵庫との相性を考えると・・・なるほど、ブラックに勝るコーディネートは見当たらない。

カラフルなカーペットのお部屋は姉妹のプレイルーム。こんなに楽しめるお部屋だと夜になってもなかなか眠れないのでは?大好きなキャラクターとウォールステッカーに囲まれ朝の目覚めもウキウキ気分。

浴室のドアが透明? 実は洗面、脱衣スペースに鍵をかけれれば、この空間は全て独り占め。通常自宅のお風呂では体感できるはずのない開放感が広がる入浴タイム。

驚きのシューズクローク。クロークと呼ぶのは間違えかもしれない。扉が無いのだ。ドアを開けると最初に目に飛び込んで来る、いわばインテリアの一部になった。毎日のお出掛けが楽しくなるシューズコレクションルームと呼びたい。

木造の家に鉄骨の階段。この意外性は不思議なくらいカッコイイ。段板の隙間から光が差し込む事で、空中散歩をしている錯覚すら覚えた感動が忘れられない。外壁・サッシ・階段の金属トリオが全てブラックに統一される事は、一体いつの時点で構想ができていたのだろうか?

ブラックメタリック色のガルバリウム鋼板。この無機質な冷ややかさとウッド調のポーチ・玄関ドアの組み合わせが絶妙なバランスの外観を醸 し出す。天候や時間帯で表情が変わる不思議な建物だ。キュービックスタイルの中はどうなっているのか、興味をそそられる。

大満足です。こだわりの鉄骨階段とスケルトン構造が実際に完成して暮らしてみると・・・無駄を削ぎ落としたエッジデザインも実現でき、毎日感動しながら暮らしています。床の色に合わせた家具選びや、キッチンに揃える冷蔵庫選びなど、完成してからの買い物が沢山ありましたが楽しかったです。

2017年12月26日

三島市を一望できる豊かな大自然の中で四季を感じながら暮らす大工さんの家

三島市が一望できる自然豊かな立地条件に完成したY様邸。
外壁は、アイカの『ジョリパットアルファ』新色のブラックで仕上げた。
 サッシや樋などすべてブラックで統一した。
木々の緑の中にブラックが映え、迫力と存在感を醸し出している。
工事中の様子はコチラ

無色のクリア塗装で仕上げた無垢材の床は、ナチュラルな木目の風合いと色味が楽しめ、居心地の良い空間になった。
高気密高断熱仕様で、冬でもポッカポカ!
テレビを置く部分の壁は、シックなクロスをアクセントにしたことで、目の疲れも和らげる。

対面キッチンのカウンターは手早く済ませたい朝食時に重宝。

キッチンはガスコンロ。お米もガスで炊く生活と決めてらっしゃいました。

これからはお母さんも最新設備での生活で、家事では楽をし、

趣味のカメラとPCの時間増やしてください♪

客間の和室。
最近は見かけなくなった、昔ながらのじゅらくの塗り壁仕上げ。
細かい藁(わら)も練り込んであり、和のテイストが醸し出されている。
塗り壁は、夏場は湿気を吸い、乾燥する冬は吐き出す調湿効果があるのが特徴。
建具も透明なアクリル製を選び、リビングから和室への明るさを遮らない。

木々の緑に囲まれ、小鳥達の鳴き声で目を覚まし、

窓を開ければ清々しい空気で深呼吸。なんて贅沢な空間。

バルコニーに、お布団もそのまま手軽に干すことができる。

土地が広いので、自動車は置き放題なんて羨ましい。
街の灯りが点く夕暮れは夜景がとても綺麗なんでしょうね。

人気上昇中の玄関引き戸。

風が強い日の開け閉めがスムーズなんです。
ドアだと煽られて持って行かれそうな時ありますよね。
荷物で両手塞がっている時も、ヒジで押せば開くのが便利。
半分をガラスにしてあるので、玄関の中もとても明るくなりました。

玄関ポーチの横にスロープも設置し、将来介護などで車椅子を使う時は便利です。 備えあれば患いなし。

料理はガス、お湯はエコキュート。

お風呂や洗面で使うお湯は、省エネ重視のエコキュート生活に。

大きな窓には防犯対策で格子も設置して安心。

屋根裏収納庫。
広さはなんと14帖!
今回の屋根の形状は片流れですから、一番高い所で1.4mあります。
季節の冷暖房器具や洋服、思い出の品など、たくさん収納できるスペース。

Y様とお母様とお引渡の記念撮影。

ご自身が大工さんのY様が自ら施工し、思い入れもたっぷりです。

親孝行な息子様でお母様は幸せです。