狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川・神奈川・横浜・東京の工務店・建築システム

工事中物件 396 静岡市葵区瀬名H様・在来2階建て

  1. トップ
  2. 工事中物件
2022年01月22日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-15 クロス工事

家の中のボードを貼り終え、お部屋にはドアを取り付けました。

木工事完了。大工さんのお仕事が終わります。

キッチンの組み立ても完成し、次はクロス職人さんの出番。

 

クロスのパテ工事が進んできました。

プラスターボードの継ぎ目やビスの穴をパテ処理しています。

これを丁寧に塗り込む事で、ボードの表面が綺麗に仕上がります。

 

クロスを貼る出隅には、壁紙を貼る前にコーナービード。

これはボードの出隅の凸凹を修正するために角に取り付けます。

この上からクロスを貼ると、綺麗に仕上がりますし 衝撃にも強くなります。

 

クロスを貼ったら背面収納の組み立ても進めて、キッチン部分は完成です。

 

天井部分は成人男性でも手が届きませんから、幅広の足場台に乗ってパテ処理。

繰り返しパテを塗って、天井と壁の表面を平らに整えていきます。

 

ここ玄関入口は、木目柄のクロス。その横には、土間収納ができあがります。

折れ戸で緩やかに仕切ることで、玄関まわりはスッキリ♪

収納スペースにはハンガーパイプと棚を設けて、靴や傘など細々したものも整頓しやすい便利な空間となります。

 

ダイニングの収納スペースには、グリーンが映えるクロス。

白色クロスをメインにしたので、アクセントクロスが引き立つ素敵なお部屋になりました。

 

トイレの床は、ヘンリボーン柄のクッションフロア。

本物と間違えるくらいの木目柄ですが、塩ビ製なのでお手入れも簡単です。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年01月21日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-14 ガス配管工事・外壁防水工事

家の前では、ガス配管のちょうど工事中。

 

地面を掘削し、公道を通るガスの本管と接続しているところです。

水道もガスもそうですが、道路の下に配管が埋設してあるので、マイホーム工事のときにはそこから家の中へと引き込みます。

道路から出て、一旦敷地の中に入れば、そこはお施主様の敷地ですから敷地内の配管工事は自己負担となります。

 

本管からどこでも引き込めるわけではなく、取出管という場所から引き込むことになります。

そして、取出管から家の中へと取り込む距離が長くなればなるほど、工事は大がかりに。

ですから、取出管の場所の確認はとても大切と言えます。

 

外壁工事も完了に近づいてきました。

 

サイディング工事の仕上げは、コーキング作業。

シリコン製のコーキング材を使い、壁と壁のすき間を埋める工事です。

 

あらかじめ、使用量が決まっているので、ぴったりに施工していきます。

足りなくてもダメで、余ってもダメです!

最後は、ちゃんと施工しましたという印として、使用後の製品を写真で保存。

 

このコーキング材は外壁の色と同色でできているので、施工後はどこを埋めたかが分からなくなるくらい目立たない仕上がり!

雨といの色もぴったり同色で仕上げるので、自然な外観となります。

 

屋根の下には、屋根と同じ濃い色目の横樋を流して、こちらも自然な見た目となりました。

ようやく、外回りの工事が完了しましたので、足場を外す作業にかかります。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年12月16日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-13 造作工事・外壁工事

内装の下地、プラスターボードを貼る工事が始まりました。

このボードは石膏ボードともいいまして、素材は石膏。腕などを骨折した時に固定する白い紙粘土のような物。

防音性や耐火性があるので、壁の下地としては最適な素材です。

天井にも断熱材を入れてから、石膏ボードで覆います。

 

造作工事も進んでいます。

こちらは、1階に取り付ける壁面収納家具を製作中。

 

壁付の棚と天板をつくり、収納棚付きのワークスペースが完成予定。

表面にやすりをかけて、テーブル天板を滑らかに整えていきます。

 

しばらくの間、表面に傷が付かないように 養生をしておきますが、最後は壁にできる棚と一緒に塗装で仕上げます。

 

これから、壁付の棚をつくる工事がスタート。

どんな風にできあがっていくのか、工事の進んでいく様子が非常に楽しみな場所です♪

 

家の外では、外壁工事が始まりました。

ビルトインガレージには勝手口を設け、使い勝手も重視。

外への出入りも自由にできるガレージになります。

 

石目柄の外壁は、オレンジブラウンという優しい色合い。

ベランダ部分と貼り分けをすることで、全体の外観にアクセントを付けました。

こちらもどんな完成になるのか、足場が取れるのが楽しみです♪

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年12月10日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-12 木工事・ユニットバス工事

H様邸の工事が進んできました!

 

家の中では、天井の骨組みをつくる工事が進んでいます。

天井は、野縁受けを取り付けてから、野縁を45cm感覚で取り付けました。
その内側には電気配線や配管を収納。
それにより、お部屋はすっきりとした空間となります。

 

大きな浴槽に、光沢のある化粧パネルが到着!

 

 

 

 

そう、お風呂の組み立てです。

ユニットバスは壁・天井・床・浴槽 パーツ毎で運び込まれて、現場で組み立てます。

 

たくさんの水を使いますから、お風呂だけは床組に木材は使いません。

水にも強い鋼材を使用し、その上に組み立てます。

 

 

完成してしまうと、工場で出来上がってるBOXを運んで来て、ココにセットした様に見えます。

が、実は施工班が二人で一日かけて組み立てていたのでした!

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年12月10日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-11 床工事・外壁工事

フローリング工事が始まりました。

大工の繁本さんが一枚一枚丁寧に貼ってくれています。

H様邸の床は、クリエペールという優しい色合いの木目柄がメインです。

 

床材はボンドとステープルの二重留めの施工方法。

どちらか片方だけですと、板が反り易く床鳴りの原因になります。

 

そして、クリエホワイトをアクセントとして一部使用しました。

照明などが少ないクローゼットは暗くなりがちですから、そんな場所に使用してみるのもひとつのアイデア。

床が白いほうが、より空間が明るく感じられます♪

 

施工完了したらすぐに養生を貼ってしまいますので・・・

御施主さまがお休みの日に覗きに来ても、床の雰囲気分からないんですよねー
ということで、ハウスクリーニングまで、しばしお待ちください。

 

外壁の下地として貼っているのは、タイベックシート。

この商品は『高密度ポリエチレン不織布』と言う素材で、0.5~10ミクロンのポリエチレンの極細長繊維をランダムに積層し、熱と圧力だけで結合させています。

米国 デュポン社が開発したこの独自の構造により、優れた透湿・防水性能を有し
抜群の強度と耐久性能を保持することができる高性能なシートなんです。

H様邸には出窓を設置しますので、その周りも隙間なく覆いました。

 

玄関横にちょこんと付いた縦長の窓。

玄関前の空気の入れ替えもしてくれますが、窓の少ない玄関前は暗くなりがちなので、採光の役割も果たしてくれる一石二鳥な窓。

たぶん、付けといて良かった!って後から思える窓になると思います♪

 

これから外壁材を貼る工事が始まるので、基礎との取り合い部分には『水切り金物』を取付けました。

壁内への雨水の侵入を防止してくれる役物です。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年11月25日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-10 外壁下地工事・電気打合せ・断熱工事

外壁の下地工事が進行中です。

家の周りは、タイベックハウスラップで覆いました。

このシートは万一外壁の内側に水がまわっても、シャットアウトする防水紙。ただの紙ではなくて透湿性能もあります。

ですから、木材を結露や浸水による木材の腐食から守ってくれます。

 

家の内部では、木材に貼った制震テープを貼る工事が始まりました。

両面テープのような見た目ですが、地震の揺れを吸収するダンパーの役割を果たします!

地震の揺れを最大で80%低減させる効果もありますから、大地震の備えとしても力強いアイテム♪

この制震テープで家をぐるぐる巻きにしていきます。

 

そんな工事のなか、お施主様に現地まで来ていただき、電気打合せを行いました。

コンセントの最終確認や照明スイッチ・電話・アンテナ・テレビ・エアコン・給湯リモコンなど、電気関係の配線をする前の最終確認です。

スイッチの高さやコンセントの位置などもメジャーで計りながら、一緒に決めていきます。

ジャストの位置にコンセントがあれば、もう延長コードを使う必要な無くなります♪

 

電気屋さんは、打ち合わせで決められた内容をもとに一つ一つ電気配線を組みます。

大まかな電気配線を天井の上に通しつつ、各ポイントとなる柱に電気配線を下ろしていきます。

 

大工の瀧口さんは、断熱工事の際中。

断熱材の幅と柱、間仕切りの幅と全く同じになるように、ぴったりと充填していきます。

 

使用している断熱材は、高性能グラスウール『アクリア』です。

袋に入れて膨らまないようにして、現場まで納品されました。

一旦袋を開けてしまえば、ふわっふわ♪

細かな繊維に空気を抱き込んで、温かいものは暖かく、冷たい空気は涼しく室内を保ってくれます。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年11月25日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-9 屋根工事・ベランダ工事

雲一つない良い天気。

天気が後押しもあって、外回りの工事は非常にはかどります♪

 

屋根工事。

防水工事後は、水切り金物でケラバを固定します。

雨水を防いで、屋根材内部への浸水を防ぐための大事な作業。

家を長持ちさせるため、丁寧な板金工事を常に心掛け、雨水の侵入をガードに努めています!

 

次は、屋根材の設置。

H様邸の下には、トラックで長ーい屋根材が届きましたので、これを上まで運んで、屋根材の取付け作業に入ります。

 

家の中では、まぐさ、窓台を組み立て、サッシを取付ける枠が完成。

これから、サッシの取付けへと入ります。

 

ベランダでは、防水処理をするための下地づくり。

防水方法は自動車のバンパーやユニットバス浴槽などでも使われる素材、FRP(繊維強化プラスチック)を使っての施工です。

 何層も重ねて下地をつくってから、繰り返し樹脂塗料を塗り込むと、防水工事が完成。

耐久性と防水性能の高い床面ができあがります。

 

 

こちらは、FRPでの防水処理が中盤まで完了したところ。

仕上げ塗装をして、底面は完成。
あとは、ベランダの腰壁に外壁材を貼って、手すりを取り付けて仕上げます。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年11月11日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-8 上棟

大安の本日、瀬名にて上棟を迎えました!

下の写真を見てもお分かりの通り、H様邸は目の前に電線が通っているため、上棟用資材が運び入れにくい場所です。

ということは、狭小専門店の職人たちの腕が鳴る現場!

クレーン車を巧みに操作して、手際よく荷受けが進んでいきます。

 

今回、現場は2台体制。

トラックに付いた小型クレーンが建材を道路で荷下ろしし、道路から現場までは大型クレーンで土台の上まで運びます。

電線を避けながら、リレーのバトン渡しのように、2台のクレーンが器用に連携し、搬入作業が行われました!

 

あっという間に柱が建ち、梁が組まれ、2階の床組みへと作業は進んでいきます。

 

工事は極めて順調に進み、お昼休憩へ。

お弁当に箸がない!ということで、つくったのは自家製の箸。

午後の作業が待っていますから、大工さんがパパっと現場の端材でつくりました。

 

持った感じの太さも、先端の細さもちょうど良く、いい感じ♪

マイホームのような大きな建物から、小さな小物まで、木でつくるものなら、何でも器用にこなしてしまう大工さん達なのでした。

そんな職人さんたちが集まっていますから、マイホームに合ったオーダーメイド家具の製作もお手の物。

気になる家具があれば、是非お気軽にお声がけください!

 

エネルギーを充電したら、張り切って続きの作業へ。

ようやく、屋根の小屋組みをつくる工事へとたどり着きました。

 

一枚一枚野地板を貼ると、屋根下地ができあがります。

このあと、雨が降っても大丈夫なように、ルーフィング材を貼り、防水工事まで進めました。

 

冬に近くなり、暗くなるのが早くなりましたが、夕方には工事が完了。

春先のお引渡しに向け、全力で工事を進めて参ります!

このたびは、上棟おめでとうございます。

スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年11月06日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-7 土台敷き・床断熱工事

いよいよ上棟に向けての準備。土台敷きを迎えました。

プレカット工場で全て長さやほぞの加工は済ませてあるので、

ここからの作業ははかどります。

 

セット場所はあらかじめ決められていますので、土台に印字された記号を見ながら、基礎の上に乗せる土台を準備します。

↓『り*8』・・・番付と呼ばれる記号です。

 

基礎の上には、必ず黒色の基礎パッキンを挟んで、土台をセット。

基礎パッキンには、基礎の中の通気性を良くしたり、シロアリから土台を守ってくれるため、長持ちする家づくりには必須アイテムです!

 

土台がセットできたら、次は大引き。

鋼製束でしっかりと固定したら、格子状に組み立てていきます。

 

床組み完成です♪

 

床下地の合板を貼る前に、断熱材を充填しました。

隙間なくピッタリとカネライトフォームで密閉します。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年11月06日

🏠静岡市葵区瀬名 H様邸 新築工事-6 基礎完成 

コンクリートの打設が始まりました!

 

コンクリートポンプ車の長いアームを器用に操作しながら、奥の型枠から打設していきます。

 

リモコン付きのベルトを腰に巻いて、ホースから出る生コンの量を調節しながら、型枠ピッタリに流し込みます。

 

コンクリートにジャンカができないようにバイブレーターで振動を与えて、隙間ができないように丁寧に作業を進めます。

 

表面を平らに整えたら、仕上げ工程へ。

最後に基礎レベラーで、天端を水平に仕上げます。

 

コンクリートが固まったら、基礎が完成です!

基礎ができたら、型枠をセットして、次は玄関ポーチづくり。

 

玄関ポーチの型枠にもコンクリートを打設しました。

コンクリートが固まったら、こちらも型枠を外します。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報