狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川・神奈川・横浜・東京の工務店・建築システム

工事中物件 358 浜松市東区半田町S様・在来2階建て

  1. トップ
  2. 工事中物件
2022年06月06日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-9 屋根工事~中間検査

こちら、S様邸では、骨組みだった柱に耐力壁を取付けました❕

外壁の下地用耐力面材で、地震に強く、火にも強い( •̀ ω •́ )✧

頼もしい壁の下地です。

 

 

屋根の工事も進んでいます🎵

ルーフィングシートという防水シートを屋根の下地板の上に

隙間なく貼りました。

 

その上から、ガルバニウム鋼板を取付けていきます。

ガルバニウム鋼版…ってあまり聞きなれない素材ですが…

とても強く耐久性・耐震性に優れている素材で、

デザイン性も演出できるので、外観のイメージも想いのままに✨

S様邸は、つや消しブラックのシックでモダンな屋根が出来あがります❕

 

こちらは、サッシの取付け工事。

1階のシャッター付きのサッシと、キッチンの窓です❕

 

リビング・ダイニングにも明るい自然光が差し込むようにと2つの窓❕

サッシの取付けも完了すると、雨が降っても安心です🎵

 

2階のバルコニーでは、防水工事も完了した所。

FRP防水という方法で、自動車のバンパーやユニットバス浴槽などを作る素材で

しっかりと樹脂を流し込めば、雨にも風にも強いバルコニーの出来あがり🎶

 

 

配線工事も順調です❕

お家の中の配線工事は、こんなに線もいっぱい⊙﹏⊙∥

これを、1本1本仕分けして配置していきます。

 

構造補強用の金物セットも完了✨

中間検査の準備OK👌🏻

 

いよいよJIO(日本住宅保証検査機構)さんの中間検査✍

耐力壁位置や施工方法、補強金具のチェックを、

細部まで細かくチェックしていただき、無事合格🈴

次の工程へ進んでいきます⏩

石川

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年04月14日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-8 上棟

大安の本日、めでたく上棟を迎えましたS様邸。

青空の広がる晴天で、朝から気合💪も入ります!

 

柱、梁を組み立て、1階小屋組みができてきました。

 

次は上から構造用合板を貼って、丈夫な床組をつくります。

厚みのある合板を使っているので、水平方向の力が強く、地震や台風による歪みにも強くなります。いわゆる、剛床工法と呼ばれる方法。

 

昼頃には2階の梁組みへ。

大工さんが同じタイミングでカケヤを打つと、「カンカンカン」と小気味よい音が辺りに響き渡ります🎵

 

二人一組になり、大梁と小梁を補強金物でしっかり固定。

柱と梁が交わる部分は地震の揺れの衝撃が集まる場所ですから、二重三重の補強で備えます。

 

笑顔の素敵な女性スタッフも発見。みゆきレッカーさんです。

手慣れた様子でレッカーを操作し、大工さんにアナウンスする姿がカッコ良い!大活躍でした。

レッカーとヘルメットに印字された『M』の字が会社の目印♪

 

今日は、制震テープの施工まで進みました。柱と土台の周りに貼っている白いテープがそれ。

建物の揺れを最大80%吸収してくれる、地震対策には打ってつけの強力アイテム♪

末永く暮らしていく住まいですから、備えておくだけで安心できます。

 

夕方には本日の作業が無事に終了。梅雨ごろの完成&お引渡しを目指し、引き続き工事を進めて参ります。

棟上げの途中、S様ご家族が様子を見に来られました。

なかなか見ることのない工事車両に乗って、本日の記念撮影も。家づくりの素敵な思い出として、またひとつ加わりました✨

このたびは、おめでとうございます。スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年04月14日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-7 床断熱工事

床組みが終わり、断熱材を床下に埋めていきます。

 

そして、上から構造用合板を貼ると、丈夫な床組みの完成です!

 

床組みが完成すると、全面に養生シートを被せます。

ちょうど、水道屋さんが来ていて、床下の配管工事を進めました。

1階のキッチンやお風呂など水回り設備とつなぐ配管をつくり、給排水の通り道をつくってあげる作業。

ローラー付きの台車に乗って、水道屋さんが器用に工事していました。

 

これなら、雨が降っても濡れる心配もありません♪

 

数日後、足場をかけて、上棟材を搬入。

めでたく上棟の準備が整いました!

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年04月14日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-6 土台据え

基礎完成後、犬走りと呼ばれるコンクリート舗装した通路をつくっています。

ここにはLDKの掃き出し窓ができるので、洗濯金物を取付けて洗濯物を干す場所として活躍することになります。

 

玄関土間と玄関ポーチは下地となる部分ができ上がりましたので、家の中の工事ができる頃にタイルを貼って仕上げます。

 

土台据えのための建材が到着。

数日後に土台をセットするため、雨に濡れないように養生シートでしっかり雨除け対策をしました。

 

お天気にも恵まれて、さっそく土台据えがスタートです。

まずは仮置きをして、不足がないか納品チェック。

土台には穴は開いていないので、合わせて、アンカーボルト位置も確認します。

 

床下断熱材も届きました。

床組みができたら、このふかふかの断熱材を入れ込んで、床の気密性を確保します。

 

基礎の上には、必ず基礎パッキンを敷いてから土台を乗せます。

基礎の中の通気性も確保されますし、シロアリから土台を守ってくれるますから、非常に重要な役割を果たしています。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年04月14日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-5 基礎コン打設工事 

コンクリートの打設が始まりました。

ポンプ車で圧送させて、生コンを基礎へと流し込みます。

 

基礎へと流し込んだら、生コンは割れや亀裂ができないように専用の機械で締め固めます。

生コンの中に振動機差し込むと、セメントペーストが浮き上がり、ごつごつした表面から徐々に滑らかな表面になっていきました。

 

最後に表面をきれいに整えたら、作業完了。

コンクリートが固まってしまうため、手際よく短時間で終わらせるところが、さすが職人さんです!

 

コンクリートが固まると、さっそく次の準備が始まります。

今度は、立ち上がった配筋を囲むように型枠を組んで、布基礎づくりへ。

型枠の内側にコンクリートを流し込んでいきます。

 

生コン車が到着すると、すぐに打設がスタート。

立ち上がりの配筋が隠れる高さまで、生コンを流し込みます。

 

生コンを流し込むと、コンクリートの圧力で型枠がズレてしまうので、セパレーターや杭がしっかりと型枠を支えています。

コンクリートが固まると、ようやく全部の型枠が解体へ。

 

基礎が完成♪ 基礎の上には、アンカーボルトが立っているのが見えます。

アンカーボルトはコンクリートに埋め込んでありますから、これから土台と柱をつないでいくことで頑丈な躯体ができあがります!

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年03月08日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場ー4 基礎の鉄筋組み工事

地面に防湿シートをかけたら、周囲をコンクリートで覆います。

捨てコンという工程で、基礎の鉄筋組みをしやすくするための作業。

 

土の上だと位置も安定しませんから、捨てコンのおかげで、外周部の鉄筋が組みやすくなりました。

基礎の鉄筋は、カット・成形されたものが加工工場から届きますから、基礎屋さんは組立てることに集中でき、作業が効率的に進みます。

 

ということで、数日後には基礎が完成です!

 

完成後は、施工状況の確認。

鉄筋の本数や配置間隔が設計通りか、ものさしでチェック。

 

鎮め箱も工事の無事安全を見守ってくれています♪

 

続いて、型枠の組み立てまで完了。

JIOさんに来てもらい、配筋検査を受けます。

 

検査には複数のチェック項目があり、建築士の資格を持つ検査員さんにひとつずつ確認してもらいました。

「ちゃんと設計通りの施工ができてますよ!」という合格印(お墨付き)をいただくと、コンクリートの打設作業へと進みます。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年03月05日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場ー3 掘削工事

掘削工事がスタート。

基礎をつくるため、まずは土地を整える作業から始まります。

 

地面の下にコンクリート基礎をつくりますから、余分な土はトラックで搬出。

ショベルカーでザクザク掘り進めます。

 

基礎をつくる深さや場所は決められていますから、計測し、その都度確認しながら、設計通りの場所に既定の深さまで。

ですから、数十センチ単位の微調整は人の手で丁寧に掘り進めます。

 

掘削工事後は、専用の機械で転圧。

畑で野菜が育つようなフカフカの土では、上に建つ建物が不安定になりますから、砕石を敷いた上から何回も転圧をかけて、ガッチリ固くしておきました!

 

水平位置や高さを測り、建物の基準となる位置出しの最中。

この場所がこのままコンクリート基礎と地面との境目となるので、慎重に進めています。

 

基準となる位置を出すやり方工事が終わるころ、鎮め箱が登場。

神主さんから受け取り、大切に今まで保管していましたが、旅立つときを迎えました♪

きれいに均した土地の中央に置き、これからはマイホームを見守っていただきます。

 

地面の上に防湿シートをかぶせて、一面シートでフタをします。

地面の湿気が建物の中に入るのを防いだり、シロアリが上るのを防ぐためのもの。

長く快適に暮らせる住まいとなるように、鎮め箱と共に覆いました。

 

これにて、鎮め箱の埋納完了。

末永く、地の神様がこの土地をお守くださるよう、しかとお祈りいたしました!

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年02月21日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場ー2 地鎮祭

大安の本日、東区半田町にて地鎮祭。いつものごとく、神主さんが祭壇の準備をしてくれました。

がっ!

なんと、祭壇のお供えには可愛らしいサイズの筍が登場。

初物の筍が早くも春の訪れを感じさせます♪

 

地鎮祭の始まりは、身のお清めから。

参加者全員が水で手を洗い、神主さんからもらう半紙で手を拭きます。

 

神主さんが神様をお呼びして、儀式が始まりました。

お天気にも恵まれ、太陽が眩しいくらいの陽気でしたが、途中、風花が舞うことも。

なかなか静岡では雪を見ることは少ないので、「地鎮祭の日は風花が舞ってたね。」なんて思い出話ができる記念の日となったのではないでしょうか!

 

式は順調に進んで、四隅に立ち、敷地の四方を清める儀式が続きます。

神主さんと一緒にお米・塩を撒き、お土地を清めました。

 

地鎮の儀では、工事担当者・お施主様が砂山を崩し、地の神様に工事の着工をお知らせします。

 

そして、祭壇にお供えしていた『鎮め箱』は、神主さんが砂山の上へ仮埋しました。

神事のあと、この『鎮め箱』は大切に保管され、家の中心に埋納することとなります。

きっと、地の神様が住まいを末永くお守りくださることと思います♪

 

玉串をお供えし、参加者全員が二礼二拍一礼。

工事の無事安全とお施主様ご家族のご発展を祈念しました。

S様邸の敷地は農地だったこともあり、宅地に変更する手続きに少なからず時間が必要とされました。

ですが、その間に間取りや外観、内装などをじっくりと検討できたおかげで、より良い選択ができているのではと思われます。

 

梅雨の時期を完成目標にようやく工事がスタート。長らくお待たせいたしました!

このたびは、おめでとうございます。

スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年01月14日

🏠浜松市東区半田町 S様邸 新築現場-1 地盤調査 

浜松医科大学の近く、東区半田町にマイホームが建てるS様。

敷地の広さは42坪で、ここに複数台 駐車可能なスペースと二階建ての住まいが夏ごろに完成します。

 

こちらのお土地はもともと農地だったため、家を建てることができませんでした。

宅地に用途変更してからでないと、マイホームを建てる計画に許可が出ないからです。

そこで、農地を宅地へと転用する時間を利用し、打ち合わせにじっくりと時間をかけながら、ようやく着工へと進み始めました。

 

今日は、地盤の強度を調べる地盤調査の日。

敷地の各ポイントに杭を打ち、地面下のデータを収集していきます。

 

杭を130cmほど沈めたところで、ガリガリと音を立てているもよう。瓦礫交じりの層に当たりました。

そののち、固い層に入ると、この場所の調査は終了。残ったポイントの調査を進めます。

後日、詳細な報告書をもらい、地盤改良が必要かを社内で協議していきます。

 

これから出来あがるマイホームの外壁は黒と、シックな外観の住まい。

ただいま、水回り設備や壁クロスなどを検討中です。

少しずつ、S様の理想とする住まいが形づくられてきました♪

 

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報