狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川・神奈川・横浜・東京の工務店・建築システム

工事中物件 364 静岡市駿河区中野新田・鉄骨2階建て

  1. トップ
  2. 工事中物件
2021年07月16日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-17 内装工事

 

打合せスペース。

クロス工事が進んで、造作棚の設置も進んでいます。

打合せスペースにはクロスや玄関タイルのサンプルを置いたり、水回り設備のカタログを置くので、たくさんの棚が必要なんです。

 

こちらは、打ち合わせスペースにあるテレビ台。

テレビ台の周りは、アクセントを付けて仕上げたいと思います♪

 

べニア板の上から貼ったのは、グレーのタイル材。

セメント素材から作られ、無機質な風合いを楽しめる内装建材『SOLID(ソリド)』です。

店舗内装でも使われる商材なので、アクセントで使えば、お洒落でスタイリッシュな空間へと仕上がります!

 

こちらは、オフィススペース。

天井と一部の壁はブルー系で仕上げました。

 

そして、倉庫としてロフトを使うため、ロフト階段を組み立てます。

 

ちょっとカジュアルすぎて、軽い雰囲気。

そこで、塗装して落ち着いた印象にしたいと思います。

 

建具枠、巾木の色と合わせて、全体に統一感が出てきました!

内装も完成間近です♪

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年06月26日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-16 フローリング・框・ロフト工事

フローリング工事が始まりました!

 

貼っているのは、アカシアの無垢材。

色合いや木の節目の変化を楽しめる、自然な風合いが特徴です。

 

貼ったら、床に傷が付かないように養生しています。

 

ロフトもできあがってきました♪

 

ロフトに入ると、板張り天井に仕上げるべく、下地の上から合板を貼っているところでした。

こちらも完成が楽しみです♪

 

大工の瀧口さん、引き続きフローリング工事中。

打合せスペースと玄関ホールに無垢のフロア材を貼るので、貼る場所の幅に合わせて、カットしています。

 

無垢材は木材をそのまま生かした加工をしているので、一枚と同じ柄がなく、置く場所によっても表情が変わります。

また、時間が経つと、木材に味わいが出てくるんです。そんな時間の変化も楽しめるところが、人気の秘密。

一般の床材よりお値段が高めになりますが、木の温もりが好きな方にはおススメです♪

 

無垢材を玄関ホールにも貼りました!

そして、框・巾木を取り付け、木材で固定中。

玄関前にはたくさんの木材が散らばっているように見えますが、接着剤が固まるまでは絶対に動かしたらNGです!🙅

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年06月14日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-15 天井下地工事

 

ハチマキを巻いて、本日も気合十分の大工さん。

天井工事が始まりました。

 

天井工事にあたって、鋼材のままでは天井材を貼れません。

プラスターボードを打ち付ける為の 木の下地が必要。

構造を支えている梁に 吊り木を取り付けてから、それに野縁受け・野縁を等間隔に流します。

 

今しか見れない一枚。

屋根裏です。

梁に取り付けられた吊り木が見え、家の外周部の内壁には断熱材が充填されている状態が確認できます。

 

換気のために窓を開けて工事をしているので、小屋裏に鳩さん発見!

居心地が良いらしく居ついてしまったのですが工事が進まないので、別の場所へお引越ししてもらいました👋

 

天井埋め込み型エアコンのセット完了♪

 

天井に断熱材を入れたら、プラスターボードでふさいでいきます。

 

こちらは、打ち合わせスペース。

天井と壁の下地ができて、部屋らしさが出てきました!

 

壁下地をつくり、各部屋の区切りができてきました。

洗面室になるところには、間仕切り壁と入口を造る下地を組み、建具枠の取付中です。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年05月25日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-14 外壁工事・PB工事

 

モダンな外観の完成イメージで、ただいま外壁工事中!

2階の外壁部分は、ほぼ出来あがっています。

大きな窓から入る採光によって、
2階の打合せスペースが明るい空間となるように設計しました。

 

1階の外壁工事がこれから始まります♪

 

外壁材はコモンブラックという色目で、
ガルバリウム鋼板という素材でできています。

表面は亜鉛とアルミの合金メッキ仕上げですから、
汚れにくく、水にも強い事から側面のメンテし難い部分にはオススメ。

また、ラインが縦になるように貼りることで、シャープな外観の印象になります♪

縦ラインは汚れが上から下へと流れやすいので、
ホコリなども付きにくいというメリットもあります!

 

2階では、内部工事が進んできました!

 

壁にはプラスターボードを貼り、壁下地をつくっています。

 

こちらはOAフロアとなり、本社スタッフが集まり仕事をする空間となります。

天井の電気配線工事が終わったので、
天井下地を組んでいく準備を進めていきます。

 

このまま順調に進めば、6月下旬にクリーニングをして本社の引越しとなります♪

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年05月10日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-13 電気配線と軽天工事

 

天井を貼る前にやる事! それは電気配線。

各部屋の照明やエアコン、コンセント用の電気配線を天井伝いに各ポイントまで延ばしておきます。

 

会社となると、配線の数がとてもたくさん。

束になっています。

 

事務所で建築面積が広い分だけ、照明の取付やコンセント数も多くなります。

なので、分電盤も大きくなっています。

 

いよいよ内装工事が始まります。

店舗の場合は木材は使わず、軽量鉄骨(軽天:けいてん)で天井下地をつくりました。軽天屋さんが仕事します。

シルバーの材料で、正式な名称はLGS(エルジーエス)
Light Gauge Steel(ライトゲージスチール)といいます。

木材などに比べて工場製作や現場加工がしやすく、耐火性、湿気に優れているのが特徴。

鉄骨ですから燃えません。不燃材料でできているので、消防検査にも通りやすく、手間がかかりません。鉄ですから湿気にも強いです♪

 

断熱材を天井裏にいれていきます。

壁と天井を塞ぐ前にグラスウールを充填し、それからボードを貼ります。

 

1階なので、ケイカル板を貼って軒天下地をつくります。

ただ、天井が高過ぎました。天井高が2.5mもあります。

そんなときは、専用足場を設営。

 

 

これなら、どんどん進めていけます。

天井の施工面積が広くても、奥行きのある足場なので、可動域が広く作業効率もGOODです!

ちなみにここは、車が7台停まるビルトインガレージとなります♪

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年05月08日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-12 床下地工事

 

屋根葺きが完成。

ながーい屋根がきれいに出来あがりました!

 

屋根の下では、家の外周部を防水・透湿シートで囲み、外壁下地づくりが進行中。

 

外壁の下地づくりと部屋の内壁づくりも同時進行です。

間柱を組み、商談スペース・オフィススペース・給湯室などの空間づくりが始まりました。

 

こちらでは床づくり。

鉄骨のマンションやショップなどでは、床のコンクリートにそのままフローリング材を貼ってしまうやり方もあります。

 

 

実はそれって、幾つか問題があります。

①冬の冷たさがダイレクトに伝わってくる。
②床が硬くて 歩く時の衝撃が膝に伝わり疲れる。
③下の階に音が響く。
④給水管の配管経路が確保できない。

というように、ちょこちょこ不具合があるので、ウチの会社ではパーチクルボードを使います。

硬質ゴムの脚を立てて、木質系の熱圧成型ボードを敷き並べる方法。

 

床の上でジャンプすると、多少しなりや揺れが伝わりますが暮しを妨げる問題にはなりませんから、オススメ工法です♪

 

完成したパーチクルボードの上からは、構造用合板を貼り、フローリング材を貼ります。

床のコンクリートとパーチクルボードの間に空間がある分、冬でも足元が冷えにくい床になります♪

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年04月24日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-11 屋根工事

 

今日は、屋根工事の日。

屋根まで、資材を吊り上げています。

 

これから、ルーフィング材の上から、ガルバリウム鋼板の屋根を葺いていきます。

 

ローラーの付いた脚立を一定間隔で並べました。

 

そして、ローラーを使い、屋根材を転がすように載せていきます。

 

今回は特別にながーい屋根材で、1枚20m弱ほどあります。

 

通常は、工場であらかじめ屋根のサイズに合わせて成形された製品が現場に運ばれます。

ですが、今回は長すぎて、屋根まで製品を吊り上げることが困難な状態でした。

その場合は現場で最終成型が行われます。

機械を現場に据付け、ロール状に折り曲げられているガルバをその場で屋根材の形に成型することになります。

 

完成した屋根材は、複数体制で設置個所まで運んでいきます。

 

↓ガルバリウムの端部には、機械で羽根が作られました。

鋼板の繋ぎ目は山型になっているので、上から同じ形の山を被せ、合わせ目を工具で締め込み圧着させます。

これで最初に打ち込んだビスの穴が完全に内部に隠れて漏水の心配がなくなります。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年04月13日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-10 デッキコンクリートの打設工事

 

床面をつくるため、2階にコンクリートを流し込む工事が朝からスタート。

生コン車からポンプ車のホースで奥から順に施工していきます。

 

デッキプレートをいう床を支える鉄のプレートの上に、コンクリート流し込む工法は、街中のオフィスビル、マンションと同じ工法です。

ですから、このまま外壁を貼らなければ、2階建ての立体駐車場になります!

 

コンクリート打設は複数体制で行う作業なのですが、ホース持ってる人が一番大変。このホースめちゃめちゃ重いですよ。

普通の人だと5分でギブアップですが、今日は一日中この態勢やっています。

どうしてもホース降ろしたくなったら、腰に付けたリモコンBOXのOFFボタンを押すと、コンクリートが一旦停止します。

 

鉄骨階段の踏板部分にも同じようにコンクリートを打設。

打設後は表面をトンボで丁寧に整えます。

 

コンクリートが固まりましたので、どんどん作業を進めていきたいと思います!

壁をつくったり、床をつくったりといった工程に入ります。

 

建材が運び込まれて、山積みになりました♪

左の板は、床下地を作るパーティクルボード。

右の建材は、外壁の下地をつくる間柱・胴縁となります。

 

大工さんが現場で、建材をカット。

プレカット製品が納品されるので、細かな微調整を加えて、組み立てていきます。

 

 

プレカットって聞いた事ありますか?家の話をしていると、よく出てくる言葉です。

「プレカットなんでしょ?」とか「プレカットが間に合わない」とか・・・

プレカット協会もあるんですよ(笑)

http://www.precut-kyokai.com/home/index.shtml

木造建築は元来ノコギリやノミを使って、継ぎ手(接合部)を加工してきましたが、コンピューター化が進み、加工CADデーターをCAMに転送すれば、自動で木材を加工できるようになりました。

スピード、精度、生産性が向上し、職人さんの手間も省けるので、一石四鳥ぐらいの効果があります♪

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年04月03日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-9 配管工事

 

鉄骨の骨組みが組めた所で、仮設足場&養生ネット張りを終えました。

 

屋根の骨組みまで完成です♪

 

2階では、床を造る準備。

コンクリートを流し込むためにデッキプレート(鉄板)を敷きならべます。

 

2階のデッキプレート(床下地)に鉄筋を格子状に組みます。

コンクリートの中に芯を作ることで強度が増して、ひび割れを防ぐことができます。

下の網状の鉄筋をデッキプレートの上に敷いていきます。

 

今のうちに水道や排水の管を通す穴を空けて、配管工事もやっておきます。

後からコンクリートに穴を空けるのは大変ですし、鉄筋を切断しなくて済みますから!

 

赤は温水、青は冷水、灰色は排水用の配管です。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2021年03月23日

🏠静岡市駿河区中野新田 建築システムオフィス 新築現場-8 上棟

 

記念となる一本目が吊り上がりました♪

快晴の中、いよいよ上棟スタートです。

 

1本目が上がると、今日組み立てる予定の梁や柱が次々と到着。

 

今日はあと2回ほどトラックが到着して、鋼材の搬入を行う予定です。

 

荷下ろし後、さっそく組立ての準備に入ります。

あらかじめ、ボルトを準備しておいて、上では機械で締めるだけにしておく作戦。

こうすれば、上で取付の際にネジが下に落ちてしまうことを防げます。

 

柱が立ち梁を組んだら、柱同士を繋ぐ小梁の接続です。

 

2人体制で、梁を受け取ります。

ボルトで締める際には「トルシア型 ハイテンションボルト」という特殊なボルトを使用。

 

「トルシア」とは、「トルク(回転力)」によって「シャー(切断)」するという意味合い。

締め付ける力(トルク)が強くなればなるほど、圧力でボルト部分は微妙に伸びが生じてしまいます。そして、伸びる限界を超えたトルク圧で締め付けると、ボルトが細くなったり、ネジ山が潰れてしまいます。

そこで開発された、このトルシアボルトは締め付けが十分になされた時点で、それ以上ネジに負担を掛けたり、伸びが生じない様に締め付け圧が最適な状態になると先端部の頭(ボッチ)がねじ切れて、締め付けが自動的に完了した事が分かる絶妙なボルトなのです。

 

そのボルトが箱に入った状態で、レッカーで上に揚げられました。

 

レッカーの運転手さんによる絶妙な操作のおかげで、ボルトの入った段ボールは落ちることなく、大梁と一緒にがっちり受け取られました。

これぞ職人技。

 

屋根まで一日で完成♪

明日も小梁を組んだり階段を取付けたりと、上棟は続きます。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報