狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川の工務店・建築システム

工事中物件 420 静岡市葵区二番町H様・在来2階建て

  1. トップ
  2. 工事中物件
2022年08月04日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー7 内部工事・クロス工事

H様邸では、キッチンの取り付けの前に、キッチンパネルを設置しました。

常に火を使う場所で、汚れやすいキッチン周りは、

通常のクロスではなく、熱に強く耐火性が高いメンテナンスしやすい

キッチンパネルで囲います。

 

リクシルのシステムキッチン「シエラS」が搬入されました。

グレージュスタッコという人気の上品なカラーです✨

 

こちらは、1階のトップライト(天窓)部分。

 

こちらは、2階のトップライト❕

H様邸では、各フロアにトップライトを設けて、

外からの光をトップライトからも取り込みめる作りです🎵

 

2階の洋室には、大きなクローゼットが付きました。

落ち着きのある色味のクローゼット🎶

これからクロス工事に進み、どんなお部屋になるか楽しみです( *´艸`)

 

お家の中の工程はまだありますが、お家の外は足場が外れました!!

縦のラインが凛としたグレーの外観が、とてもスタイリッシュ✨

 

お家の中では、クロス工事の工程に入りました❕

クロスを貼る前に、「パテ処理」をしてボードの継ぎ目や釘やビスの凹凸を

なくしていきます。

 

「パテ処理」をしっかり施したので、クロスが端までキレイに仕上がりました(^^♪

クロスで、お部屋の印象がガラリと変わります❕

こちらは、2階の洋室のアクセントクロス👀

光の当たり具合によって幾何学模様が浮かび上がるモダンなクロスです✨

 

2階のトイレは、こんなに可愛いアクセントクロス(*^^*)

これから、設備が続々と運び込まれます。

お家の完成まで、あと少し!!待ち遠しいです(*^_^*)

 

 

 

石川

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年07月08日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー6 屋根工事・断熱工事・配線配管工事

 

H様邸では、屋根の工事中❕

一般的に屋根は、垂木(構造材)⇒野地板(屋根下地)⇒

⇒ルーフィングシート(防水シート)⇒屋根材となっていて

幾重にも重なって家を守っています❕

↓こちらが、ルーフィングシートです。下から上へと張り上げていきます。

 

 

その上から、屋根材をしっかりと固定していきます。

H様邸は、三角屋根と言われる屋根の形状で、切り妻(きりつま)屋根と言います。

艶消しブラックのシックな屋根が出来あがりました🎵

 

お家の中では、サッシの取り付け作業中❕

掃き出し窓の部分の外枠が取り付けられました。

きちんと取り付けができないと、建て付けが悪くなってしまうので

慎重に正確に作業していきます。

 

こちらは、構造金物が取り付けられました。

木材の接合部分などは、補強や脱落防止の為に

しっかりと金物で固定します。

壁で覆われてしまう前に、外部の検査を受けます。

 

1階から天井を見上げると…

グレー・青・ピンクの3種類の配管。

2階で使う水の通り道です。

青が水で、赤がお湯。 ちょっと太いグレーの管が排水になっています。

 

電気の配線も、束ねて天井を通して固定しておきます。

 

こちらは、ロフトになる部分です。

窓が、陽ざしを取り込み明るい空間になりそうです✨

 

外気に触れる壁面には、断熱材を充填しました🎵

サッシの周りまで、丁寧に隙間なく充填しました。

高気密高断熱の快適なお住まいにするためには、とても重要な工程です。

 

1階では、床材を張っています。

リクシルの床材で「クリエラスク」というカラーです。

温かみのあるカラーで、どんなお部屋が仕上がるのか楽しみです( *´艸`)

 

石川

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年05月27日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー5 上棟

朝から晴天に恵まれたH様上棟の日🎉

日差しも強く今日は、暑くなりそう🌞

水分補給をしっかりしながら、安全第一で進めます❗

 

まずは、1階部分から着々と設計図通りに柱を立てていきます。

左右のお隣さんも接近した現場ですので、より慎重に❗

 

手際よく柱同士を結合する梁(はり)を差し込みます。

息がぴったり合っていないと、すぐにバランスを崩してしまうので

チームワークも必須!

 

 

1階が出来あがると2階の床組みへ⏩

 

 

 

その後2階の柱を立て、梁を差し込み…と順調に作業が進みます。

クレーン車から、耐力壁も搬入されています。

作業の工程・使用する順番でタイミングよく運び込むことで、

作業が効率よくとってもスムーズ❕

 

H様邸は、屋根と2階の間にロフトができる予定♫

どんな隙間も無駄なく有意義に✨

 

ようやく一番上の屋根部分へ❕

野地板と呼ばれる屋根の下地板を貼っていきます。

 

野地板が貼れると、ルーフィングシート(防水シート)を上に重ねて貼ります。

屋根材の間から侵入してくる雨水を、野地板にしみこまないように

守る役目をしてくれます。

屋根の低いほうから、シートが重なる所もきっちり丁寧に重ねていきます。

 

こちらは、1階の屋根のトップライト(天窓)も設置完了♪

暗くなりがちな北側も、これで光が差し込む明るい空間へ🌟

 

骨組みが完成し、面で壁を支える耐力壁を設置して、

1日でH様邸のお家の形が出来あがりました🏚

9月ごろのお引渡しに向けて、引き続きプロの力を集結して進めて参ります💪

この度は、上棟おめでとうございます🎉

スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます🎊

石川

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年05月26日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー4 先行配管・土台据え

立ち上がりの基礎のコンクリート打設が終わり、型枠をはずし

きれいに基礎が完成しました。

土台でふさぐ前に、床下の配管工事をあらかじめ施工しておきます。

グレーの塩ビ管は排水専用で汚水(トイレ排水専用)と 雑排水(キッチンやお風呂、洗面、洗濯機)の2種類。

その他に、青が水・ ピンクがお湯。 設備の位置に合わせてセットしておきます。

 

玄関前のポーチと、中のたたき部分はコンクリートを打ち増しして高さ調整完了。

 

木材・合板など、土台の材料が搬入されました。

これから1階床面をつくる土台据え工事のスタートです。

 

木材を据える前に、黒いパッキンから。

以前は、床下換気口によって床下換気が行われてきました。コンクリート基礎のところに見られる四角い換気口のことです。

床下換気口はコンクリートに穴を開けるので、基礎の強度にも影響があります。

シロアリ対策という面でもよくありません。 ということで、ここ数十年では基礎パッキン工法が主流になっています。

 

土台の木材は、工場で加工され一本一本に番号が印字されています。

図面どおりに仮置きし、それぞれの土台がロックできるように♂♀のホゾを

しっかりはめ込みます。

そして、基礎から出ているアンカーと固定していきます。

 

縦と横、格子状に組まれました。

木材だけ浮いているような所には、金属製の鋼製束でしっかりと荷重を支えています。

 

根太の内側に断熱材を埋めて、床下断熱工事の完了!

断熱材には高性能グラスウールを使用しています。

しっかりと室内の空気を逃がすことなく、閉じ込めてくれます。

防湿性もありますから、結露も出にくく床下の通気性も一定に保つことが可能です。

 

合板を貼ると、床面の完成。足場を組んで、上棟の日を待ちます。

まだ梅雨にはいっていないので、雨の心配はなさそうです。

上棟には、何人もの大工さんが朝から駆けつけてくれるのでにぎやかな現場となります。

幅3.6mのH様邸が、大きく感じられると思います(^^♪

石原

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年05月25日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー3 基礎工事開始!

地鎮祭が終わり地盤調査の結果を受け、敷地の一角だけ改良工事を行いました。

土を掘り起こし固化剤を混ぜて転圧しましたので、しっかりした地盤に改良されました。

今日は、敷地全体に砕石を敷いて地表面をしっかりと付き固めるため

プレートランマーで叩いています。

基礎やさん、朝から元気いっぱいがんばって作業していただいています!

 

いよいよ基礎工事の始まりです。ベタ基礎を作る土台となる工程。

ベタ基礎は建物の真下を総掘りして、底にコンクリートを流し込んで造ります。

建物の荷重を広い面積で支えることで、地面に圧し掛かる圧力を 分散させることが耐震性能UPになるからです。

外周部分を掘り防湿シートを敷き、捨てコンを打ちました。

 

外周を型枠で囲み、配筋工事です。

鉄筋は加工されて搬入されますが、現場で一本一本手作業で組み立てていきます。

 

鉄筋の繋ぎ目は、番線でしっかりと固定されています。

鉄筋の長さ・本数・間隔などが設計図に沿って施工されているか、

コンクリートが流れ込む厚みは設計通りかなどを社内で厳しくチェック。

その後第三者機関の配筋検査を受け、合格すると次の工程へ進んでいきます。

 

合格をもらえましたので、コンクリート打設工事にはいりました。

ミキサー車、ポンプ車が仲良く到着。

ご近所さまや歩行者に迷惑がかからないように気をつけながら、作業を行っています。

 

ポンプ車から送られてくるコンクリートのホースをしっかりコントロールしながら、

奥の方から流していきます。

鉄筋の下までしっかりコンクリートがいきわたるように、

空気の層や気泡ができないように振動を与えるバーを入れて掻き回してジャンカ防止の作業も平行。

 

コンクリートは、セメントと砂利・水を混ぜ合わせたら時間が経つと どんどん固まり始めるので、

4人体制で手早く作業を完了させました。

 

ベースのコンクリートが固まりました。これから立ち上がりの部分をつくっていきます。

このときに、土台や躯体の柱と緊結するためのアンカーも設置しておきます。

布基礎の型枠を組み終わると、コンクリートの打設に進んでいきます。

石原

2022年05月16日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築工事ー2 地鎮祭

神主さんが早くから駆け付けてくださり、会場の準備をしてくださいました!

大安で縁起の良い本日、H様邸の地鎮祭を迎えます。

おめでたい『鯛』や新鮮なパイナップルなど色鮮やかなお供えが祭壇で賑わっています♪

 

テントとブルーシートで会場をつくり、その上に祭壇や盛砂を用意しましたから、雨の心配なく祭事にご参加いただけるようになっています。

 

参加者のお祓いをしたあとは、神主さんの警蹕(けいひつ)により、神様を神籬(ひもろぎ)へとお招きします。

警蹕(けいひつ)とは、天皇の出入、貴人の通行、神事などの際、先払いが掛け声を掛けて、人々をいましめたこと。その声。と言われています。

神主の杉山さんの「おお」というその声は、いつも美声で評判。

きっと、神様も喜んでお土地に舞い降りて下さっていると思います♪

 

神様をマイホームの地へお招きし、土地を祓い清めたあとは、地鎮の儀。

お施主様自らが砂山を崩し、神様に工事の始まりをお知らせしました。

 

続いて、玉串奉奠。

参加者ひとりひとりが玉串をお供えして、工事の無事安全を祈ります。

 

H様邸のマイホームは、外観にも内装にもこだわった素敵なお住まい。

隣家に囲まれ室内が暗くなりがちなため、1階には下屋をつくり、天窓を取付けます。

横から採光が取れないなら、上から採光を採り入れる作戦というわけです!

 

天窓のおかげで、お部屋は明るく素敵な空間に。仏壇を置くので、仏さまも居心地良く感じていただけるのではないでしょうか。

また、外壁材にはグラングレーの金属サイディングを使用し、外観もシャープで素敵な仕上がりとなります♪

 

新居のお引渡しは、夏の終わりごろ。今から完成がとっても楽しみです!

本日はおめとうございます。

スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2022年05月16日

🏠静岡市葵区二番町 H様邸 新築現場ー1 ご契約~解体工事

大安の本日、建替えの契約をいただきました。

H様ご夫妻とお母様が一緒に暮らす二世帯住宅の完成は、夏ごろの予定。

マイホームの広さは、なんと12坪。

狭小住宅専門店ですから、二世帯住宅といえど狭小地でもOKなんです!

 

20坪の敷地には、マイホームと車2台分の駐車スペース。そのうち、12坪を建物に使った、コンパクトな二世帯住宅です。

一緒に暮らすお母様が暮らしやすいようにお部屋と水回り設備はできる限り、1階に集約させました。

そして、2階は主にご夫妻の居室。

1階・2階のフロアで活動空間を分けることにより、お互いのペースを乱すことなく、生活することが可能になります。

このたびは、ご契約おめでとうございます!

 

H様邸の解体工事が始まりました。

外周部に足場を組み、飛散防止シートを張って解体スタートです!

 

まずは2階部分から・・

解体したものは種類別に分別します。

廃材を処分場に運ぶにあたっては、瓦・金属・石膏・木材・コンクリなど仕分けて、

スタンバイしているダンプに積み込みます。

 

解体する前に、この家を長い間守ってきた屋根を記念に一枚撮りました。

頑丈に支えてきた2本の太い梁が見えます。

 

重機での作業に入ると、解体がどんどん進んでいきます。

腕の先端にアイアンフォークを取り付け、掴んで引っ張りながら取り壊し。

あっという間に建物が無くなっていきます。

 

きれいな更地になりました。

これから、新しい夢が詰まったマイホームに生まれ変わります。

石原

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報