狭小・注文住宅からローコスト住宅、重量鉄骨3階建て、木造、二世帯住宅の新築も!静岡・沼津・富士・三島・浜松・磐田・掛川・神奈川・横浜・東京の工務店・建築システム

工事中物件 352 富士市横割本町K様・在来2階建て

  1. トップ
  2. 工事中物件
2021年02月20日

🏠富士市横割本町 K様邸 新築現場-2 地盤調査

 

地盤調査が始まりました。

この機械はスウェーデン式サウンディングと呼ばれていて、写真の棒(スクリューポインター)を油圧シリンダーで回転しながら貫入。
重さ100Kgの負荷を掛けながら回し、25cm地中に沈むまでに 何回転したか? を計測します。

 

調査ポイントも1カ所だけでなく、5~6カ所を計測し、全てのデーターを解析して、この土地の傾向を判定します。

 

検査中、ガリガリ、ジャリジャリの音が聞こえたら、試験機の操作盤のボタンを押します。

観察:ジャリジャリと表示されました。

 

こちらの地点ではガリガリと音が聞こえました。

 

サウンディング式・・・「sound=音」ということで、音や感触を確かめるのが大切とされ、土質の判定する材料にも使われています。

計測数値や観察結果をもとに、詳細な報告書が後日に出され、地盤補強が必要かを検討していきます。

 

ちなみに、地盤調査は地中5m、10mの地質と地耐力を調べるので、雨によって、調査結果が変わることはありません。

雨で影響が出るとしたら表面20cm程度です。

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報

2020年12月16日

🏠富士市横割本町 K様邸 新築現場-1 解体工事

K様邸の解体工事が始まりました。

一番左端にある茶色のビルを解体し、ビルトインガレージのある3階建住宅になります。

 

ビルは後ろから見ると、白い建物です。

建物と駐車場に囲まれていて、解体するビルは鉄骨で頑丈な作りのため、解体工事は大変そうです。

 

下の機械↓ 何だかわかります?

正解は、アスベスト測定器。建物内に使用されていないか調べるときに使います。

 

 

築年数が長い建物は防音・保温断熱・耐火のために、鉄骨にアスベストの吹き付けているケースがあります。

アスベストが使用された建物を解体すると、工事中に飛散してしまうことがあるため解体には届け出が必要です。

別途、除去工事も必要になるため、専門業者さんと相談しながら解体工事を進めています。

 

以前はよく使われていたのですが、2012年に使用全面禁止になりました。

高度成長期には多く使われていたので、古い建物の建て替えには注意が必要ですね。

 

すっかり建物が取り壊され、コンクリートガラの山になりました。

ガラは産業廃棄物として、処分場に運ばれます。

 

地面も平らに整えられ、すっかりきれいになりました。

来月には地鎮祭がが行われます!

加賀

狭小住宅プラン集  土地から探そう♪  人気アイテム50  マイホーム豆知識 

沼津モデルハウス  鉄骨造定点カメラ  ビフォーアフター  お施主さまのお声

アフター・メンテ  スタッフの御紹介  各種イベント情報